プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「脳内ポイズンベリー」

<<   作成日時 : 2016/05/19 10:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 2

☆☆★(5点/10点満点中)
2015年日本映画 監督・佐藤祐一
ネタバレあり

三日前に見たばかりの「インサイド・ヘッド」に表面的にはかなり似ているが、着想プロセスは逆なのではないかという気がしている。

真木よう子扮するケータイ小説家・櫻井イチコが、出版社の飲み会でも会ったことのある年下の芸術家もどき早乙女(古川雄輝)と付き合おうかと迷ううち、出版社の誠実な編集者・越智(成河)からも好意を寄せられ、その脳内で激しく葛藤が繰り広げられる。

その葛藤を、彼女の脳内における、理性(西島秀俊I)、ネガティヴ(吉田羊)、ポジティヴ(神木隆之介)、衝動(桜田ひより)、記憶(浅野和之)による、脳内会議として表現するのがミソ。
 つまり、通常の劇映画であれば、登場人物の内面を観客がある程度想像しながらお話の進展を見守るところを、逆にその内面を全て見せることでお話を構築するのである。身も蓋もないと言えばそれまでだが、この手の発想では身も蓋もない中身が詳細であればあるほど面白いという最低線のハードルはクリアしているように思う。

「インサイド・ヘッド」が擬人化された5人が感情であったのに対し、こちらはごく単純化された五つの人格という感じである。

原作が2010年に最初に発表されていることを考えると、かのピクサー製作陣がアイデアを拝借した可能性も、日本の漫画が世界各地で読まれている現在、あながち否定しきれないのであるが、それはともかく、内容を比較して感じるのは、本作の着想が「恋する人間の脳内の葛藤を見たら面白いのではないか」という興味本位的発想であるとすれば、かのピクサー映画のそれは古代ローマ時代から続く欧米思想の伝統とさえ言える擬人化された抽象概念を主人公にしたお話を若者向けに作ろうという学問的着想なのではないかと想像させるところがあるということである(実際のところは分からない)。

その推測が正しければ、本作において擬人化は手法であり、あちらにおいては前提もしくは目的である。気楽に楽しむ分には本作のほうだろうが、思考の仕組みと行動との関連性を哲学的に考えてみたいと思う場合には断然あちらさん。
 どちらにしても、個人の中の異なる要素が一体化しないでは自己は完成しない、という認識は共通している感じであります。

それぞれの人格にありふれた日本人の名前があるのが日本的?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
脳内ポイズンベリー
とにかく配役が豪華で、今旬キャスティング! ...続きを見る
のほほん便り
2016/05/19 10:39
脳内ポイズンベリー〜救われない作家の内面
可愛いいちことケバブサいちこの葛藤 公式サイト。水城せとな原作、佐藤祐市監督。真木よう子、西島秀俊、古川雄輝、成河、吉田羊、桜田ひより、神木隆之介、浅野和之、カンニング ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/05/19 10:52
「脳内ポイズンベリー」
30歳の誕生日を迎えたイチコ(真木よう子)の頭の中で、現実に照らし合わせて起こる「自分会議」…いわゆる「心の声」ってヤツだ…を描くコメディ。軽快ではちゃめちゃで、楽しめる作品。でも、コメディ一辺倒だと思って観ていたのだが、実は大切なことも教えてくれている。「恋愛」「幸せ」に関してある種の女子が持っていなければならない大切な決意を。 ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/05/19 13:10
脳内ポイズンベリー
【概略】 自分に自信がなく優柔不断なアラサー女子の恋の行方を、5つの思考を擬人化したキャラクターたちが繰り広げる脳内会議を交えてコミカルに描く。 ラブコメディ ...続きを見る
いやいやえん
2016/05/19 14:00
脳内ポイズンベリー ★★★.5
テレビドラマ「失恋ショコラティエ」などで知られる水城せとなの人気コミックを実写映画化。7歳下の男性と年上の男性とのややこしい関係に苦悩するアラサー女性の脳内世界で、さまざまな役割を持つ脳内会議メンバーが討論を繰り広げるという異色の設定で描く。ヒロインは... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/05/19 18:43
『脳内ポイズンベリー』
□作品オフィシャルサイト 「脳内ポイズンベリー」□監督 佐藤祐市□脚本 相沢友子□原作 水城せとな□キャスト 真木よう子、西島秀俊、吉田 羊、神木隆之介、       浅野和之、桜田ひより、古川雄輝、成河■鑑賞日 5月9日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2016/05/19 18:51
15-161「脳内ポイズンベリー」(日本)
自分の一部を殺してまでいる相手ではない  ケータイ小説のライターをしているアラサー女子の櫻井いちこ。飲み会で知り合った7つ年下のアート系イケメン男子・早乙女と偶然遭遇。さっそくいちこの脳内では、話しかけるかどうかで議論が紛糾。  “理性”を司る議長の多数決の提案に対し、“ポジティブ”の石橋と“衝動”のハトコが真っ先に賛成する一方、“ネガティブ”の池田は当然のように反対。“記憶”の岸さんは記録係に徹して議論には加わらず、結果、勇気を振り絞って話しかけたいちこ。  そして紆余曲折を経て、... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2016/05/20 01:46
『脳内ポイズンベリー』('15初鑑賞43・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 5月9日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン3にて 13:00の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/05/22 20:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
だれかのドラマみたいになんでもセリフにしてしまうよりはましなのでしょうがね。
日本漫画からのアイデア拝借は多いようですね。
よく言えばそれだけ日本の漫画がすぐれているということか?
日本人なら盗作騒ぎで裁判沙汰にならないと思っているのか?
ねこのひげ
2016/05/22 08:14
ねこのひげさん、こんにちは。

>日本漫画
日本で映画化されるものを観ても、優れた作品は多そうです。
僕は全く漫画を読まないので想像ですが。

>日本なら
作者レベルでは解りませんが、近年パクリを騒ぐのは欧米人より日本人ですけれど(苦笑)。
彼らは、日本の映画界(特に日活アクション)が1970年代まで欧米映画をやりたい放題までにパクってきたのを知らないのでしょうねえ。
どこまで行けば盗作なのかは難しい問題で、音楽に至っては判断のしようがないのが実態ですよね。ジョージ・ハリスンの「マイ・スイート・ロード」がシフォンズの「ヒーズ・ソー・ファイン」の盗作と断定されてしまいましたが、僕は結構疑問に思っています。
ビーチ・ボーイズの「サーフィンUSA」がチャック・ベリーの「スイート・リトル・シックスティーン」のパクリであるのは明白ですが、それでもベリーが大人げない気もしています。ベリーはビートルズの「カム・トゥゲザー」も訴えましたけれど、着想だけを戴いた感じ。
オカピー
2016/05/22 20:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「脳内ポイズンベリー」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる