プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「イントゥ・ザ・ウッズ」

<<   作成日時 : 2016/05/14 09:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 11 / コメント 2

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2014年アメリカ映画 監督ロブ・マーシャル
ネタバレあり

1990年代以降ディズニー映画は過大評価されていると思ってきた当方としては辛うじて「アナと雪の女王」の少しひねくれた発想と歌曲の良さを買ったくらいだが、本作のひねくれ具合はおよそディズニーらしくなく素晴らしい。と言っても原作はブロードウェイ・ミュージカルらしいからディズニーの功績にはあらず。

中年にさしかかったパン屋の夫婦(ジェームズ・コーデン、エミリー・ブラント)は、その呪いをかけた魔女(メリル・ストリープ)から、次の三日間の満月のうちに、白い牝牛、赤い頭巾、黄色い毛髪、金色の靴を集めれば、呪いを解くことができて子供が授かると告げる。
 かくして夫婦が動き出したことから結果的に、少年ジャック(ダニエル・ハットルストーン)は巨人国に繋がる豆の木をもらい、赤ずきんちゃん(リラ・クロフォード)は狼(ジョニー・デップ)の腹から救出され、パン屋の実の妹ラプンツェル(マッケンジー・モージー)は弟王子と親しくなって誘拐した偽母の魔女(メリルです)に虐待され、シンデレラ(アナ・ケンドリック)は兄王子と結ばれる。

鬱蒼とした森を一つの舞台として有名な四つの童話の登場人物が交錯するという発想(そもそも伝承的童話は生まれたのが古い故に田園地帯を舞台にしているから、おおよそ無理のない発想である)に面白味があり、食い意地のはった赤ずきんちゃんなど登場人物の設定にややブラックさを感じさせながらも、前半のお話は一応原作やディズニー・アニメに沿っている。

が、本作の個性が発揮されるのはこれからで、夫々ハッピー・エンドになったかと思いきや、夫を失った巨人の妻が怒って地に降りてきたことからシンデレラの嫁いだ国は荒廃し、子は授かったものの妻を失ったパン屋、母と祖母を失った赤ずきんちゃん、やはり母(トレイシー・ウルマン)を失ったジャック、そして愛する王子が浮気者と知って別れたシンデレラという同病相哀れむ仲の四人が手を取り合って、巨大女をやっつける。
 本作で赤ずきんちゃんが指摘するように、何の罪もない大きいだけの人を倒すことは非人情的であり理不尽でさえあるが、本作の作者は人間の嫌な部分を色々と繰り出し、特に“自分の都合に合わなければ殺しても構わない”というこのエピソードでは後味の悪さを確信犯的に醸成している。結構真面目に戦争や民族差別の問題を風刺的に盛り込んでいるようで、厭世的な印象を残す。

どうもブロードウェイ・ミュージカルはオペラに準じてレシタティヴやそれに準じた歌曲が多いのでメロディアスなナンバーに余り出くわさず、その辺りもミュージカルとして受けにくい要素を内包している一方、押韻に腐心した歌詞は相当面白い。ミュージカル・ナンバーでは歌詞にも要注意だから、よく耳を澄まさなければならない。意味が分からなくても良いから音として聴く。そうした意味を含めてミュージカル映画を吹き替えで見るなんてのはナンセンスだ(本作には吹き替え版なしとの由。賢明なる判断と言うべし)。

監督ロブ・マーシャルの見せ方も流麗だが、世評は様々な点において固定観念に縛られ誠に良くない。

セリフを言うような歌い方をレシタティヴと言う。憶えておいてね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「イントゥ・ザ・ウッズ」
おとぎ話のクロスオーバー。 ...続きを見る
或る日の出来事
2016/05/14 09:23
イントゥ・ザ・ウッズ〜Once in a Blue Moon
公式サイト。ミュージカル。ロブ・マーシャル監督。メリル・ストリープ、エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン、アナ・ケンドリック、クリス・パイン、トレイシー・ウルマン ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/05/14 09:52
イントゥ・ザ・ウッズ
『木を見て森を見ず』体感ムービー。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2016/05/14 10:03
イントゥ・ザ・ウッズ
【概略】 世界中で愛されるグリム童話を現代版にアレンジしたストーリーに登場するのは、シンデレラ、ラプンツェル、赤ずきん、ジャックと豆の木のジャックなど、願いを叶えたはずの“おとぎ話”の主人公たち。そして、彼らを待ち受けていた驚くべき運命とは…!? ミュージカル・ファンタジー ...続きを見る
いやいやえん
2016/05/14 10:09
『イントゥ・ザ・ウッズ』 
□作品オフィシャルサイト 「イントゥ・ザ・ウッズ」□監督 ロブ・マーシャル□脚本 ジェームズ・ラパイン□キャスト メリル・ストリープ、エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン、        アナ・ケンドリック、クリス・パイン、ジョニー・デップ■鑑賞日 ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2016/05/15 01:23
15-012「イントゥ・ザ・ウッズ」(アメリカ)
願いは心から生まれる  長年連れ添いながらも、子どもがいないことで危機を迎えていたパン屋の夫婦。  ある日、子どもが授からない原因が魔女の呪いにあると知る。魔女は夫婦に、呪いを解きたければ、森の中から“ミルクのように真っ白な牛”(ジャックと豆の木)、“血のように赤いずきん”(赤ずきん)、“トウモロコシのように黄色い髪”(ラプンツェル)、“金色に輝く靴”(シンデレラ)を持ち帰れと告げる。  夫婦は子どもを授かりたいという願いを叶えたい一心で、森の奥深くへと足を踏み入れていくが。(「al... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2016/05/15 01:24
映画評「シンデレラ」(2015年版)
☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督ケネス・ブラナー ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2016/05/15 09:27
映画:イントゥ・ザ・ウッズ Into the Woods 名作のhappy ever afterのそ...
ミュージカルの映画化らしいが、ほとんど無知識のまま鑑賞。 登場するのは、ディズニーのおかげで?有名になったキャラたち、が大集合! それらは、 ・シンデレラ ・赤ずきん ・ジャックと豆の木 ・ラプンツェル それぞれの運命がからみあいつつ、各々の定番物語が展... ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2016/05/15 11:04
イントゥ・ザ・ウッズ ★★★
「赤ずきん」「シンデレラ」「ラプンツェル」「ジャックと豆の木」といった世界的に有名なおとぎ話の主人公たちのその後を描く、ディズニー製作のミュージカル。ブロードウェイで上演され、トニー賞を受賞したミュージカルを基に、『シカゴ』『NINE』などのロブ・マーシャ... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/05/15 15:16
森へ〜『イントゥ・ザ・ウッズ』
 INTO THE WOODS ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2016/05/16 08:05
「イン・トゥ・ザ・ウッズ」
赤頭巾ちゃんがおばあさんをお見舞いに、ジャックは牛を売る行き道に、シンデレラは舞踏会に行けない悲しみを母の墓前にぶつける為に、ラプンツェルはその中の住まいで、そしてパン屋は魔女の呪いを解く物を見つける為に、みんながみんな、それぞれ森に入っていく。イン・トゥ・ザ・ウッズ。 ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/05/16 12:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ピクサーと組むようになってこのタイプの作品が増えてきたように思いますね。
最新作の『ズートピア』は現代アメリカそのものを表しているようです。
ねこのひげ
2016/05/15 06:44
ねこのひげさん、こんにちは。

ピクサーはそれまでの王道を踏襲しなかったですからね。

>『ズートピア』
するってぇと(笑)、少しディストピア的なのかな?
オカピー
2016/05/15 17:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「イントゥ・ザ・ウッズ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる