プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「フォーカス」

<<   作成日時 : 2016/04/03 09:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

☆☆★(5点/10点満点中)
2015年アメリカ映画 監督グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
重要なネタバレあり。鑑賞予定の方はご注意を。

タイトルからは内容は全く解らない。ふたを開けて見れば詐欺師のお話である。

グループ詐欺では、先日何回目かの再鑑賞をした「スティング」(1973年)が断然の代表作であるが、本作は「黄金の指」(1973年)を思い出させる分業スリからスタートする。
 リーダーはウィル・スミスで、彼に美人局(つつもたせ)の罠を張ったのに軽く見透かされてしまう美人マーゴット・ロビーにスリの手ほどきをするのである。
 「黄金の指」は確か4人だったか、こちらは両手の指の数にも及ぼうかという大所帯で同時多発的に犯行を行うのが面白い。

スリでも億単位の大金を稼ぐのだから大したものだが、次なるはアメ・フトのスタジアムで繰り広げる賭けゲームである。スミスとマーゴット嬢が他愛ない賭けをしている。それを観ていた中国の富豪B・D・ウォンがスミスにゲームをしようと誘いかけて来る。互いに勝ったり負けたりするうちに掛け金がどんどん上がり、後半負け続けたスミスはとても勝てそうもないゲームを申し出る。ウォンが心中思った選手を当てるというのである。
 これはマジックの応用みたいなもので、後で種明かしされる。そうとは知らぬ観客はヒヤヒヤするわけで、この辺りから映画は「スティング」同様に観客も騙そうとしているということが解って来るという仕組み。

3年後マーゴットと縁を切っていたスミスはF1のサーキットへやって来て、強豪チームのオーナーである富豪ロドリゴ・サントロに接近、チームの持つ技術のまがいものを他のコンストラクターに売りつけるという詐欺を持ち掛ける。サントロにしてみれば大嫌いなライバル・チームをギャフンと言わせることができ、スミスは両方から大金を得られるという取引内容だ。若い富豪は懐刀ジェラード・マクレイニーに徹底的に見張らせるが、その間隙をついてサントロを出し抜いて大金を得る。

しかし・・・という内容で、徐々に詐欺のスケールを大きくしていく展開は楽しいが、マクレイニーがスミスを撃った為にがっかりすることになった。
 一つは余りにも定石的すぎること。この手のコン・ゲームや詐欺映画を少なからず観てきた映画人種には「撃った人は身内」という図式が見えてつまらなくなるのである。素直に観られる人は幸いなり。
 もう一つは、もっと悪い映像の嘘である。常々僕は「観客を騙す場合、一人でいる場面で嘘をついていけない」と言っているのだが、二人(以上)でいる時もコンビを組んでいる場合は同様で、マクレイニーがホテルの住居にスミスを訪れる場面がある時に二人はそのそぶりを全く見せないから、これは完全に【映像の嘘】に相当する。このインチキがなければ★一つくらい余分に進呈できたのだが。

エンディング・ロールの後半「華麗なる賭け」(1968年)の主題歌「風のささやき」The Windmills of Your Mind がかかる。恋愛心理を交えながらコン・ゲームを繰り広げる男女を描いたかの秀作を意識したのだろう。しかし、ハードボイルドに徹底しつつ切ない後味すら残したかの作品に対し、こちらは主人公が恋愛に埋没して、僕をしてそんな状態で詐欺ができるのかいなと心配させたほど、恋愛心情に作劇が傾きすぎてなまなかになっている気がする。実際にはその恋愛心情も詐欺に利用されているのだが、完全にすっきりと見せつけるところまで行かず、物足りない。

WOWOWさんよ、NHKさんよ、画質が悪くても良いから、もっと昔の映画を放送しておくれ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
騙し騙され〜『フォーカス』
 FOCUS ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2016/04/03 15:09
『フォーカス』
□作品オフィシャルサイト 「フォーカス」□監督・脚本 グレン・フィカーラ、ジョン・レクア□キャスト ウィル・スミス、マーゴット・ロビー、ロドリゴ・サントロ、 ジェラルド・マクレイニーオー、エイドリアン・マルティネス■鑑賞日 5月28日(木)■劇場 チネチ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2016/04/03 16:45
フォーカス ★★★.5
ウィル・スミスふんするすご腕詐欺師と彼から詐欺師の全てを学んだ美人詐欺師が、世界の大富豪を巻き込み壮絶なだまし合いを繰り広げるクライムサスペンス。男を手玉に取る女詐欺師に成長した主人公の元恋人を、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などのマーゴット・ロ... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/04/04 17:40
「フォーカス」
面白かった。正統派の詐欺師軍団の物語。いや、主役はウィル・スミス限定なので「軍団」と言ってもその他大勢なのだけれど。大枠を一言で言ってしまえば、詐欺師と女スリの大規模な詐欺と恋のお話。そして、それらは全て周到に、何年もかけて計画立てられている。そう、ああきっと、恋さえも!!だが、本当は「恋」は想定外だったのかも。つまり、「本気の恋」は。騙し騙され、真実なんてごく限られた仲間内だけしか知らない詐欺師稼業。そしてその真実は、ニッキー(ウィル・スミス)とジェス(マーゴット・ロビー)の間でも決してつまび... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/04/04 19:14
映画評「トム・アット・ザ・ファーム」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年カナダ映画 監督グザヴィエ・ドラン ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2016/06/26 09:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いまの人は、ハイビジョンだ!4Kだ!8Kだ!と内容より画質にこだわっているようですから放映する側としても悩んでしまうのでしょう。
『エイリアン』『スターウォーズ』でさえも「それなに?」と知らない子供がいますし、あまり関心がないようです。
そのため『プロメテウス』も『エイリアン』の前の話であると宣伝をすることをあえて避けたそうです。
おっさん世代はどんなに雨が降っていても観に行ったものですがね。
雨が降っているも死語でありますから、傘をさしていけばいいじゃんと言われそうですけどね(≧◇≦)
ねこのひげ
2016/04/03 09:39
ねこのひげさん、こんにちは。

>内容より画質
それがあると思いますねえ。
たまにDVD画質の映画を見ると、これが放映できるのならもっと蔵から出せば良いのにと思ったりもしますが、解像度が低かったり、フィルムに傷のある作品は基本的には遠慮しているようですね。

>雨が降っている
デジタル映画には雨が降りませんし、フィルム交換のマークも出ません。
時代を感じますねん。
オカピー
2016/04/03 21:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「フォーカス」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる