プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「新宿スワン」

<<   作成日時 : 2016/04/25 09:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2015年日本映画 監督・園子温
ネタバレあり

和久井健という作家のコミックを園子温が映画化したチンピラ映画。
 園監督は少し三池崇史化してバイオレンス映画が多くなっているのが個人的には気に入らないものの、同時に数作前から【Yahoo!映画】に展開されている「つまらない」の連呼には首肯できないものがある。僕は色々文句を言っている割に好き嫌いが少ないから、心(しん)からつまらないと思う作品は案外少ない。皆さん、羨ましいでしょ? 

新宿歌舞伎町で食い詰める寸前の金髪の若者・綾野剛が、スカウトマンの幹部・伊勢谷友介に窮地を救われ、スカウトマンにスカウトされる(ややこしい)。
 彼の所属するバーストというグループは、ハーレムというグループと縄張りを巡って対立しているが、伊勢谷は両者を統合することを考えている。その過程で新人綾野は利用される一方で、何故かハーレムの幹部・山田孝之にも目の敵にされ散々な目に遭う。
 伊勢谷に最初に言われた言葉に従いスカウトした女性たちの幸福にするのも信条とした彼は、九州から出てきたところをスカウトした女の子が自殺したのにショックを受けた為、山田に薬付けにされた沢尻エリカを地獄のようなフーゾク店から救い出し負担の少ない店に回す。結局彼女が警察のお世話になった後、彼が高校時代に仲間に入れなかった弱虫少年と知る。

綾野を中心に述べるとこんなお話であるが、統合過程の間にもしのぎを削る関係はさほど変わらず、色々な出入りが繰り広げられる。

新宿のトップに立つ野心のある山田がバースト幹部・深水元基をボウリングを使って痛め付けるのは、「アウトレイジ ビヨンド」のピッチング・マシンでの殺害に通ずるものがあり、それもあって同シリーズのスカウトマン版/チンピラ版という印象を覚える。

実際のスカウトマンがどんな感じなのか一向に解らないが、仮に「こんなスカウトマンはいない」という意見を否定材料にするなら、リアリティ病に毒された見当違いと言わなければならない。本作のスカウトマン綾野は、女性を幸福にする為に酷使されないクラブなどに紹介し、頻繁に様子を見て面倒を見(ようとす)る。こういう商売に縁のない僕も、こんなスカウトマンはいないであろう、と思う。
 しかし、特殊な商売であればこそ、そのイメージと合わない人間ぶりが面白味になることなど、映画経験の浅い方でも想像がつくはず。しかし、実際にこの類の批判をする方もいるんですよ。実際はともかく、余り扱われない素材なのでまずます楽しめる。

演技陣も無難。

野球のスカウトのほうがいいね。ミリオンダラー・アーム?(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新宿スワン
和久井健による人気コミックを、鬼才・園子温監督が実写映画化 ...続きを見る
のほほん便り
2016/04/25 10:55
「新宿スワン」
何故こんな作品を観に行ったのか?と問われれば、山田孝之が出ているから。と、答えるほかは無い。っていうか、山田孝之が出ているから、を逃げ道にしているというか。でも他の役者さんも良かったですよ。きちんと与えられた役柄をこなしていた。関ちゃんなんか、私惚れそう。がしかし、観終わっての感想は、…頭がバカになりそう…。所詮はお山の大将争奪ごっこ。いや、お山の大将争奪ごっこというのは好きなジャンルだし、頭がバカになりそうだと思ったからといって、作品をけなしている訳では決して無い。原作なんかきっときっと好きな... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/04/25 12:40
新宿スワン〜意外に細やかな人情の機微
公式サイト。和久井健原作、園子温監督。綾野剛、山田孝之、沢尻エリカ、金子ノブアキ、深水元基、村上淳、久保田悠来、真野恵里菜、安田顕、山田優、豊原功補、吉田鋼太郎、伊勢 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/04/25 14:17
『新宿スワン』
□作品オフィシャルサイト 「新宿スワン」 □監督 園 子温□原作 和久井 健□脚本 水島力也、鈴木おさむ□キャスト 綾野 剛、山田孝之、沢尻エリカ、伊勢谷友介、金子ノブアキ、       安田 顕、山田 優、豊原功補、吉田鋼太郎■鑑賞日 5月31日(日)■劇場... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2016/04/25 19:06
新宿スワン ★★.5
ベストセラーを誇る和久井健の漫画を実写化したドラマ。新宿の歌舞伎町を舞台に、スカウトマンの青年がさまざまな女性を水商売、風俗、AVといった世界へと送り出しながら奔走する姿を追う。監督は『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』などの園子温。『そこのみにて光輝く』などの綾... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/04/26 13:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もうしわけないけど、こういうタイプの映画は金と時間の無駄だと思って観ませんです。
演技がよかったというのでちょっと興味はそそられますが・・・どうもね('◇')ゞ
ねこのひげ
2016/05/01 17:14
ねこのひげさん、こんにちは。

僕も、ヤクザ・チンピラ映画は苦手なので、監督により見るか見ないか決めますね。
園子温は一種の変態なので見ますが、傾向が続けばこの類は見なくなると思います。
オカピー
2016/05/01 20:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「新宿スワン」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる