プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ワイルド・スピード SKY MISSION」

<<   作成日時 : 2016/03/29 09:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2015年アメリカ映画 監督ジェームズ・ワン
ネタバレあり

当初はB級的カー・アクション映画だったのに、一作ごとにスケールを増し、特に前第6作からカー・アクションをフィーチャーしたスパイ・アクションと化して、今やすっかりメジャー映画中のメジャー映画になって来た。
 そんな中ほぼ本シリーズ一本でやって来た主演のポール・ウォーカーが撮影途中で皮肉にも交通事故したが、かなり撮り終えていたらしく、ブルース・リーの「死亡遊戯」ほどあからさまな代役作戦は取らなくて良かったようだ。ただ、出番が減っていることは十分伺える。

前作の騒動で弟をやっつけられて面白くない元軍人ジェースン・ステイサムが、今や特殊工作員並みの活動をしている、ヴィン・ディーゼルやウォーカー以下のメンバーに復讐の攻撃を加えてくる。そこへ米国捜査当局のカート・ラッセルが首を突っ込んできて、男を仕留めたければ、まずはテロリストが拉致したハッカーを連れ戻し、その開発した特殊なハッキング装置を確保せよと言う。その装置があれば男の行方はいつでも把握できるというのだ。拒む理由もない彼らは、アゼルバイジャンの敵基地に空から接近する。

僕が本作で一番気に入った部分はここで、パラシュートで人間ならで車が次々と降りてくるのを僕は初めて観た。この手の新機軸は映画ファンのお楽しみと言うべし。物理的には飛行機から離れた時間差と同じ時間差で着地するのが正しいわけだが、まあ、そういうことは極端に生活実感から離れていない限り重視するには及ばない。
 その作戦が見事に成功すると、次は、奪還したハッカー・・・予想に反して美女・・・ナタリー・エマニエルの情報に基づく、アブダビの王子のスーパーカーからその装置を盗む大々的なサスペンス。車が中心となってはいるが「ミッション:・インポッシブル」シリーズを観ているようだ。

最後は装置を横取りしたテロ・グループがステイサムを加えて、彼らとハッカーを仕留めようとする街中での大アクション。
 これが勿論クライマックスであるが、よろしくない。大袈裟すぎるのと長すぎるのが寧ろマイナスに働く。ジャスティン・リンから変わった監督ジェームズ・ワンのアクションの見せ方がせわしくて甚だ感心できず、それが長丁場であるが為に益々気になってしまう。カー・アクション描写はそう悪くはないものの、もっときちんと見せるリン監督に比べて、真の意味での迫力で及ばない。格闘では、昨今の映画の例に洩れず、格好だけの劇画的細切れカット処理にかなりげんなりさせられる。アップが多いから一見ダイナミックに見えるも、何をやっているのか正確に解らないというのが実際。

かくして、点数は同じにしたが、トータルで前作に及ばない。

親友二人が別れる幕切れの後、旧作からウォーカー出演場面を抜粋して彼を偲ぶおまけを付け、For Paul(ポールに捧ぐ)という字幕を出してジーンとさせる。

僕もポール・ウォーカーに捧げて一首。名に沿いて 歩けば死なずに 済みしもの と言っても空し 春の夜寒に

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ワイルド・スピード SKY MISSION
シリーズ最高傑作キタ──ヽ('∀')ノ──!!!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2016/03/29 10:24
ファミリー/さよならも言わずに〜『ワイルド・スピード SKY MISSION』
 FURIOUS 7 ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2016/03/29 12:44
ワイルド・スピード SKY MISSION
【概略】 ヨーロッパ全土で暗躍していたオーウェン・ショウ率いる国際犯罪組織を壊滅させ、レティを奪還したドミニクと仲間たち。ロサンゼルスで安息の日々を過ごす彼らのもとに、東京から1本の電話が入る。「お前たちの仲間を殺した。」―電話の主はデッカード・ショウ。オーウェン・ショウの兄であり、かつてドミニクたちが対峙したどんな敵よりも恐ろしい男だった―。弟の仇を討つために復讐に燃えるデッカード・ショウと、仲間を失い怒りに燃えるドミニクたち。すべてを奪おうとする男を目の前に、遂にドミニクら“ファミリー”は... ...続きを見る
いやいやえん
2016/03/29 14:25
ワイルド・スピード SKY MISSION★★★★★
高級車や名車が続々と登場し、迫力満点のカーアクションが繰り広げられるヒットシリーズの第7弾。ヴィン・ディーゼル演じるドミニクら、すご腕ドライバーにしてアウトローの面々が、東京、アブダビ、ロサンゼルスといった世界各地を舞台に壮大な戦いに挑む。メガホンを取... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/03/29 18:49
『ワイルド・スピード SKY MISSION』
□作品オフィシャルサイト 「ワイルド・スピード SKY MISSION」□監督 ジェームズ・ワン□脚本 クリス・モーガン□キャスト ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジェイソン・ステイサム、       ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、ジョーダ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2016/03/29 18:54
15-017「ワイルド・スピード SKY MISSION」(アメリカ)
車は空を飛べないんだ   ヨーロッパ全土で暗躍していたオーウェン・ショウ率いる国際犯罪組織を壊滅させるとともに、レティの奪還にも成功し、ドミニクと仲間たちはようやくロサンジェルスでの平穏な日々を迎えていた。  今や“家族”とも呼べる固い絆で結ばれたドミニクたちだったが、そんな彼らのもとに1本の電話がかかってくる。それは、弟オーウェン・ショウの仇討ちに燃えるデッカードからの宣戦布告だった。  元特殊部隊の暗殺者で最強の敵デッカードの予測不能の攻撃に、為す術もないまま窮地に陥っていくドミ... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2016/03/30 01:07
「ワイルド・スピード スカイ・ミッション」
ポール・ウォーカーに敬意を表して、彼の最後の「ワイルド・スピード」は敢えて観ない、という選択肢もあった。近頃の「ワイルド・スピード」は、ファミリーを強調し過ぎていたので、ことファミリーに関して言えばその中心的存在であるブライアン・オコナー(ポール・ウォーカー)が永遠にいなくなることは判っているのだから、最後に登場する作品を観るのは辛い。それに、正直、ファミリーファミリーうるさい「ワイルド・スピード」にはあまり魅力を感じなくなってきていた。そしてねぇ…スカイ・ミッションだよ?!…「ワイルド・スピー... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/03/30 18:27
「ワイルドスピード スカイミッション」☆ハゲ+ハゲvsハゲ
どんな映画でもカーチェイスがあると必ず寝てしまう私は、当然ストリートレースでマッチョが車を走らせるだけの映画には全く興味がなかったのだ。 それでも妻夫木くんが出演している日本が舞台の3作目は、取り敢えず見るでしょう?と思ってチャレンジしたものの、何度見てもやっぱり寝てしまっていたわけで。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2016/04/02 11:22
映画:ワイルドスピード スカイミッション 最大のピンチを切り抜けるのみならず 感動までさせられると...
007シリーズがやや失速気味の中、いつの間にかダイハード・シリーズ越えの第7作とは、今や「シリーズ物の王者」になったと言っても過言でない。 ところが今回はシリーズ最大の危機。 ご存じの通り、メイン&times; 2人のうちの、ポール・ウオーカーが交通事故で逝去... ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2016/04/02 13:01
『ワイルド・スピード SKY MISSION』('15初鑑賞35・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 4月18日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 15:30の回を鑑賞。 2回目 5月16日(土) 同上 シアター7にて 17:50の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/04/02 13:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ほとんどを実写というのが豪華感を出しておりますね。
先日深夜で『スピード』を観ましたが、地下鉄が暴走して追突するシーンは模型でありました。
10分の1ぐらいの大きさですかね?
CGよりは良いです。
字幕放映でありました。
次はクリストファー・リーブの『スーパーマン』だそうです。
スーパーマンらしいスーパーマンでありましたね。
フジテレビも深夜映画をやりだしましたね。
うれしい限りであります。
早い時間帯では流しにくい映画をやってくれるとありがたいですね。
ねこのひげ
2016/04/03 06:08
ねこのひげさん、こんにちは。

車のアクションはCGではねえ。
本作の場合は離れ業なので、コンピューターによる補完は仕方ないと思いますが、かなり実写でやっているようですね。

>字幕放映
ゴールデンタイムは吹き替えで良いです(と言っても最近は洋画より邦画が圧倒的に多いのですが)が、深夜くらいは大人向けでお願いしますよ(笑)。

映画館で吹き替えというのは、タイ辺りは当たり前でしたが、僕が映画館に余り行かなくなっているうちに日本でこうなるとはねえ。
最近は3Dで吹き替えをバックアップする事情ができていますが、僕ならオリジナル言語の2Dを選びますね。セリフも演技のうちですから。
オカピー
2016/04/03 20:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ワイルド・スピード SKY MISSION」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる