プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「アメリカン・スナイパー」

<<   作成日時 : 2016/01/18 10:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 13 / コメント 6

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2014年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド
ネタバレあり

かつてベトナム戦争がそうであったように、次なる大きな戦いが起こるまでイラク戦争を扱った戦争映画が多く作られるだろう。で、何を作っても日本では褒められるクリント・イーストウッドによる本作は、今後それらの作品群を語る時「ハート・ロッカー」と共に双璧として常に取り上げられるのではあるまいか。

アフリカでアメリカ大使館が爆発された事件を受けて愛国心に目覚めたテキサス男クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)が9・11を受けてさらに奮い立ち、SEALSで生まれ持った狙撃の腕を磨きあげた結果米軍史上No.1狙撃手と噂されるようになる。
 新兵として訓練中に知り合って結ばれ二人の子供を設けた細君(シエナ・ミラー)が必死で止めるのも聞かずに4度の出征の後、イラク側のスナイパーを仕留めた後遂に退役し、その代わり自らPTSD気味なのに負傷兵らの面倒を見るある日、相談相手たるPTSDの青年に殺されてしまう(2013年2月2日)。

原作は生前クリス・カイルが書いた自叙伝とその周辺のノンフィクションで、イーストウッドが堂々と映画に変換しているが、案外ピンと来ない。

Allcinemaの秘密クラブ会員(笑)諸氏の意見は評価以前に見事に見方が分かれている。僕は現在どちらが正しいと言えるほど本作を把握していないのものの、どちらの側もイーストウッドの作品だからという思い込みで理解や評価が先走っているように感じられる。
 実話という素材を得てイーストウッドがひとまず目指したのはセミ・ドキュメンタリーとしての観照的態度であろう。アメリカ万歳という立場でも、単純な反戦の立場でもないのではないか(但し厭戦かもしれない)。極論すれば、観る人の色に染まるリトマス紙のような作り方になっているような気がするのである。

が、それを考えると、銃弾をCGで描く今時の娯楽映画スタイルでは態度が一貫しているとは言い難く、本作が曖昧な印象を残す所以となっている。逆に、銃弾をCGで描くことを以って、確信犯的に見た目以上に娯楽映画なのだと宣言していると言えないこともない。いずれにしても、眼目は主人公が僅かにとは言えPTSDの症状を示すまでの経緯を家族の描写を交えて描き出すことにあったと思う。しかし、それもまた、なまなかで、犬の場面はともかく、娘が生まれる場面の主人公の混乱ぶりは舌足らずという印象が強い。

イラクのスナイパーを殺したその現場でリタイアを決める心理も解りにくい。相手に自分の分身を見たからであろうとしても、そのことと女性や子供に対して銃を向けて即座に判断を下すことの難しさとが絡み合った後に、リタイアへの決意やPTSD発症への道筋へと滑らかに流れ込んでは行かない。戦地で失わずに済んだ貴重な生命をアメリカで失うという運命の皮肉はショッキングながら、これにしても直に主人公が現地で取った行動のツケ或いは因果応報とまで言えず、僕には上手く内容を整理することができない。

セミ・ドキュメンタリーに過剰なドラマ性は必要ないが、上記のことがピンと来ない今の段階では秀作と言うのは憚れる。

最後の追悼場面(本物)で流れる曲は、南北戦争の頃から米軍関係者の葬送で使われる"Taps"をエンニオ・モリコーネが「続・荒野の1ドル銀貨」用に改変したものらしい。"Taps"オリジナルで良かったのではないかと思うが、イーストウッドとしては半世紀前にお世話になったマカロニ・ウェスタンに恩返しするつもりでもあったろうか。

一夜にして目測80cmくらい積もった二年前に比べれば大したことはないものの、今日は大雪(現在積雪20cm)でスタッドレス・タイヤを持たず、チェーンを巻く気もないずぼらな当方、どこにも出られない。イスラム原理主義者もどうかしているけれど、天気もどうかしているよ。どちらも2世紀に渡る経済至上主義のツケかもね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アメリカン・スナイパー
確かなずっしりの見応え。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2016/01/18 10:05
アメリカン・スナイパー〜イーストウッドの郷愁
公式サイト。原題:American Sniper。クリス・カイル原作。クリント・イーストウッド監督。ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ジェイク・マクドーマン、ルーク・グライムス、ナヴ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/01/18 11:00
アメリカン・スナイパー ★★★★
アメリカ軍で最も強い狙撃手と呼ばれた、クリス・カイルの自叙伝を実写化したドラマ。アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズ所属のスナイパーであった彼が、イラク戦争で数々の戦果を挙げながらも心に傷を負っていくさまを見つめる。メガホンを取るのは、『ミリオンダラー... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/01/18 11:13
アメリカン・スナイパー
【概略】 戦争の狂気に取り憑かれながらも、家族をこよなく愛した男の光と影を描く。 ドラマ ...続きを見る
いやいやえん
2016/01/18 14:18
『アメリカン・スナイパー』
□作品オフィシャルサイト 「アメリカン・スナイパー」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 ジェイソン・ホール□原作 クリス・カイル、スコット・マクイーウェン、ジム・デフェリス□キャスト ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライム、    ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2016/01/18 20:19
『アメリカン・スナイパー』('15初鑑賞18・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 2月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:05の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/01/18 21:07
「アメリカン・スナイパー」
シンプルに映画に描きとめる。 ...続きを見る
或る日の出来事
2016/01/19 07:34
アメリカン・スナイパー
さっぽろ雪まつりの雪像が溶け出しちゃうくらい、今冬の 札幌市の雪の少なさと気温の高さは、尋常ではなく、この 調子でいけば今週中か来月の頭に雪なくなりそうな案配。 雪少なく ... ...続きを見る
映画と暮らす、日々に暮らす。
2016/01/19 08:08
伝説への黙祷〜『アメリカン・スナイパー』
 AMERICAN SNIPER ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2016/01/20 12:59
「アメリカン・スナイパー」☆鎮魂
もう戦争映画も出尽くしたと思っていた。 ここまで完璧な映画が、まさかこのタイミングで現れるとは・・・・ ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2016/01/21 17:18
アメリカン・スナイパー
原題 AMERICAN SNIPER 上映時間 132分 映倫 R15+ 原作 クリス・カイル 『ネイビー・シールズ 最強の狙撃手』(原書房刊) 監督 クリント・イーストウッド 出演 ブラッドリー・クーパー/シエナ・ミラー/ルーク・グライムス/ジェイク・マクドーマン 2001年のアメリカ同時... ...続きを見る
to Heart
2016/01/21 22:35
映画:アメリカン・スナイパー American Sniper 今年のベスト10に確実に絡む 力作・...
流石、イーストウッド。 2時間12分が、あっという間に過ぎてしまう... ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2016/01/23 08:34
『アメリカン・スナイパー』
※ご覧なった人専用。後の方で少しネタバレに触れています。 ...続きを見る
ラムの大通り
2016/01/24 18:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>何を作っても日本では・・・

ブランドに弱い、ブランドに寄りかかっていれば
まぁ安泰みたいなこの国の民性?(笑)

私の中では、
ぼんやりとした印象しか残っていません、本作。
結局、優れたアノー監督作の引き立て役映画にも
感じられたふしにも読める拙記事持参です。^^:

冬仕様になっていない地域にドカンと降雪、
ニュース見るたびそのにっちもさっちも
行かない状況の大変さを想像します。
人間サイドの憶測は当たらず、
勝つのは必ず「自然」とわかりつつも
やはり、ぼやきたくなりますね。^^;

vivajiji
2016/01/19 08:29
vivajijiさん、こんにちは。

一般人は勿論、「キネマ旬報」にご贔屓とする批評家が多いですね。
「許されざる者」以来何作かベスト1になったでしょう。昔は競争が激しかったとはいえ、かのウィリアム・ワイラーでもこんなにはありません。ちょっといかす作品という印象の「スペース・カウボーイ」の1位は驚いたなあ。

>アノー監督作
ああ、「スターリングラード」には痺れました。
今月WOWOWでこの題名の作品が放映されましたが、実は別の映画。
がっかりさせますよねえ(笑)

>ドカンと降雪
群馬も北部山沿いは、新潟並みに降りますが、こちら南部山沿いは乾いた風になって大雪は滅多に降らない。というのが何百年も続いてきた筈なのですが、最近はその相場が崩れてきて、湿っぽい雪が大量に降る。湿っぽいと言っても積もればそう簡単に溶けるわけもなく、右往左往する関東地方人。
 中でも車社会の群馬ですから、勤め人であれば大概スタッドレス・タイヤを付けてご出勤と相成るわけですが、仕事を辞めてけちけち生活に入り数年の当方は【なし】で済ましております。まあ、長くて1週間で雪はほぼ消えますから生活は出来ますが、不便ですねえ。図書館くらいしか行かないので、買うのも勿体ないし。買い物は車を使う為。

諦観に沈んでぼやかなくなってもつまらないので、しきりにぼやきます(笑)
オカピー
2016/01/19 22:01
>マカロニ・ウェスタン
「硫黄島からの手紙」の戦闘シーンや、日本軍が仮に作った町(?)ですか、あのあたりにマカロニ・ウェスタンの匂いがしてましたね。クリント・イーストウッドの映画はB級映画の香りがついてて、そこがマニア受けにつながるのでしょうか。
日本でのイーストウッドのほめられ方には違和感を覚えることが多くて、たぶん蓮見先生が褒めるからなのか、小林信彦もイーストウッドになるとなんだかもうほめ過ぎてる文章が多くて、どうしてなのかなあ、と。
nessko
URL
2016/01/22 23:06
nesskoさん、こんにちは。

>B級映画
何と言ってもデビュー作が「恐怖のメロディ」でしたから。
「グラン・トリノ」もその香りがしましたね。

>蓮見先生
ふーむ、小林信彦氏は、蓮見氏の天敵・双葉十三郎先生(氏の大好きな「大砂塵」をバカバカしい愚作と言ったことから。僕もわけの分からない映画と思いました)の弟子なんですけどねえ。双葉先生も、僕と同じでイーストウッドよりレッドフォードの方を高く評価していました。
 だから、小林氏に関してはイーストウッドとたまたま肌に合うということでしょうけど。
 まあ、レッドフォードよりイーストウッドの方がミーハー的な興味を誘う作品を作りますから、彼の方が一般人に買われるのは解ります。しかし、映画を評価するプロがこれでは、何だかがっかりですね。
オカピー
2016/01/23 21:27
千葉は雨で安心して出かけたら東京は雪で焦りましたよ。
スタッドレスタイヤでしたので大丈夫でしたけどね。

両方とも好きな監督ですけどね。
なんでも褒めりゃあいいってもんでもないですよね。
ねこのひげ
2016/01/24 13:24
ねこのひげさん、こんにちは。

今回は20cmくらいですからすぐに復旧しましたけど、前回は大変でしたなあ。普通の道路が片側通行しかできず、それが1週間くらい続きましたからね。

政治でもそうですけど、批判・批評があって作品も本人も進歩するわけですよね。
オカピー
2016/01/24 21:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「アメリカン・スナイパー」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる