プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「利休にたずねよ」

<<   作成日時 : 2016/01/11 09:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2013年日本映画 監督・田中光敏
ネタバレあり

野上弥生子「秀吉と利休」、井上靖「本格坊遺文」など茶道の聖人・千利休を扱った小説は多いが、中でも新しい山本兼一の同名小説を映画化したのが本作。

歴史上の人物を扱う場合は、定説のない部分を穿って物語を構成すると面白くなることが多く、本作では利休が切腹をする羽目になった理由と推測される有力候補を幾つか取り上げ、その理由の狭間に見える利休の知られざる青春像を見せるのが眼目である。

茶人・利休(市川海老蔵)は織田信長(伊勢谷友介)に重用され、豊臣秀吉(大森南朋)にもそれは引き継がれるが、彼のスケールの大きさに秀吉は嫉妬を覚えて、朝鮮出兵を反対したこと、大徳寺楼門への木像設置(秀吉がその下をくぐることになる)などを理由に、利休に切腹を命ずる。

という外側のお話が前半で、これが回想の形で古い順に綴られるが、後半突然趣きを変え、物凄い審美眼を発揮する前半の利休とはまるで別人のような若き利休の秘話が語られる。次の如し。
 商人の息子として遊び人だった若き彼が、茶道の先人・武野紹鴎(市川團十郎)に師事すべく訪問した家で高麗(歴史で習う王朝の高麗ではなく、朝鮮半島を指すのだろう)の女性(クララ)と運命的な出会いをし、彼女と出奔する。周囲を取り囲まれ心中を図るが彼女だけ死に、その無念の思いを抱いたまま彼は生きてきたのである。

この挿話は山本氏の完全な創作らしいが、死んで彼女に追いつく為に秀吉に対して一言も言い訳をしなかったのではないか、覚悟の自殺ではなかったのか、という余韻を残すところが良い。その為に妻・宗恩(中谷美紀)が嫉妬し、高麗女の爪の入った容器を割ろうとする場面を入れている。説明が少ないので解りにくいが、彼女に傾倒し守ろうとしたこと自体が利休独自の美意識故という解釈ができよう。

高麗女性を崇め、秀吉を下卑た人間として描いているという理由で嫌韓人種が大いに嫌っている作品らしいが、これを以って日本を悪く描いていると理解することは僕にはできない。秀吉を悪く思う人間は大昔から腐るほどいる。映画愛好者としてはそんなことはどうでも良く、構成がぎこちない印象のあるほうが問題。
 切腹を控えた現時点を起点に一種の回想形式で大昔から時代順に描いて現在に至った後、いよいよ切腹という段で一番の大昔に入る、という二段構えがどうも落ち着かないのである。まあ、これを若き不良少年時代から時代を追って描けばミステリー趣味が楽しめなくなり身も蓋もなくなるのは理解できるが、いずれにしても、スマートな構成とは言いにくい。

小道具の類は全て本物らしく、迫力がある。こうした茶器の類に金銭的価値を与えることは彼の美意識に反しているらしい。

演技陣では、若き日から老年までを演じた市川海老蔵の演技が迫力満点。梨園の人は、時代劇・史劇に強い。この後急逝する父親・市川團十郎との共演に胸の詰まる思いを抱く人もあるだろう。

この構成は、僕の美意識に反するのでござる、利休殿。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
利休にたずねよ〜わび・さびの裏技
公式サイト。山本兼一原作、田中光敏監督。市川海老蔵、中谷美紀、伊勢谷友介、大森南朋、成海璃子、福士誠治、クララ(イ・ソンミン)、川野直輝、袴田吉彦、黒谷友香、市川團十郎 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/01/11 10:07
利休にたずねよ
美を追う罪と罰と崇高。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2016/01/11 10:09
利休にたずねよ
【概略】 織田信長に重用され、豊臣秀吉の下“天下一宗匠”として名を馳せながらも、秀吉の怒りを買い切腹を命じられた茶人・千利休が遺した謎と生涯秘め続けた恋を描く。 時代劇 ...続きを見る
いやいやえん
2016/01/11 10:15
利休にたずねよ/市川海老蔵
直木賞受賞作である山本兼一さんの小説を原作を基に市川海老蔵さんを主演に迎え『火天の城』の田中光敏監督が実写映画化した歴史ドラマです。千利休と言えば安土桃山時代を舞台に ... ...続きを見る
カノンな日々
2016/01/11 13:39
『利休にたずねよ』
□作品オフィシャルサイト 「利休にたずねよ」□監督 田中光敏□脚本 小松江里子□原作 山本兼一□キャスト 市川海老蔵、中谷美紀、市川團十郎、伊勢谷友介、大森南朋、        成海璃子、福士誠治、クララ、川野直輝、袴田吉彦、黒谷友香、       檀れ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2016/01/11 16:01
『利休にたずねよ』('13初鑑賞104・劇場)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 12月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 15:10の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/01/11 17:56
14-014「利休にたずねよ」(日本)
私が選んだ品に伝説が生まれます   1591年(天正19年)、天下人・豊臣秀吉によって切腹を命じられた茶人・千利休。かつては織田信長に茶頭として仕え、その研ぎ澄まされた美意識で名を馳せると、信長落命後は秀吉の庇護のもと、“天下一の宗匠”として不動の名声を獲得した。  そして、妻・宗恩が見守る中、自らの腹に刃を立てようとしていた利休の脳裏に、若かりし時代の記憶が甦る。  青年時代、放蕩を重ねていた利休は、高麗からさらわれてきた女と出会う。後に師匠となる茶人・武野紹の言いつけにより彼女の... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2016/01/11 22:35
利休にたずねよ ★★★
茶人・千利休の人生を描き、第140回直木賞を受賞した山本兼一の同名小説を、歌舞伎俳優・市川海老蔵の主演で映画化。豊臣秀吉のもと「天下一の宗匠」として名をはせるも、やがて秀吉に疎まれ、武士でないにもかかわらず切腹しなければならなかった利休。 その謎を、ある女... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/01/12 18:04
映画評「人類資金」
☆☆★(5点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・阪本順治 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2016/01/12 21:26
「利休にたずねよ」☆美に惑わされる
まさに『日本の美』の真髄である。 紛れも無い日本がそこにあり、日本の美を限りなく追求して、これほどまでに見事に再現しつくした映画が他にあっただろうか? しかしその美に惑わされ、酔っている間に見落とした何かがそこにはあり・・・・ ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2016/01/14 15:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今朝の新聞の広告で小説家が小説家は詐欺師である。と語っておりました。
嘘をいかに本当に見せるかというのが映画にも言えますけどね。

映画というのは編集というのも大事なようで、『スターウォーズ』のヒットの裏にはルーカスの当時の奥さんのマーシア・ルーカスの天才的な編集技術が大きく貢献していたそうですからね。
『タクシードライバー』もこのマーシア・ルーカスの編集だそうです。
ねこのひげ
2016/01/11 11:26
ねこのひげさん、こんにちは。

リアリズムを求めすぎるのは、結局は想像力の欠如を物語っているわけで、CG過剰のファンタジーを求めるのと、同じことと思っています。

>編集
重要ですが、アカデミー賞が編集賞を与えるのは、物理的な編集技術で、芸術的なカット割りなどは指していないようです。構成が悪くてよく解らなかった「グリーン・デスティニー」が編集賞を獲ったことでそれが解りました。
 ルーカスやスピルバーグは別ですが、アメリカの監督には編集権がないので、僕らがカット割りが良いとか何たらかんたら言って監督を褒めたり貶したりしても本当は意味のないこともあるのですよね。まあ、監督が総責任者と思っていますので、明らかに監督に責任がない場合以外は、監督中心に語りますが。
オカピー
2016/01/11 19:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「利休にたずねよ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる