プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「エクソダス:神と王」

<<   作成日時 : 2015/12/27 10:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 9 / コメント 4

☆☆☆(6点/10点満点中)
2014年アメリカ映画 監督リドリー・スコット
ネタバレあり

今年中盤に観た「ポンペイ」は事実上リメイク、正確にはリットン卿「ポンペイ最後の日」の何度目かの映画化と言えたが、「ローマ帝国の滅亡」(1964年)の事実上のリメイク「グラディエーター」(2000年)を作ったリドリー・スコットが「十戒」(1923年/1956年)の事実上のリメイクとしてこしらえたのが本作。つまり、旧約聖書の【出エジプト記】の本格映画化でござる。こういう体裁のリメイクはCG普及により増えた。それが言いたかったわけ(笑)。

エジプト王セティ(ジョン・タートゥーロ)の庇護の下に成人したモーゼ(クリスチャン・ベイル)は、兄弟同様に過ごしてきた新王ラムセス(ジョエル・エドガートン)により追放処分に付される。「救った者(ここではモーゼのこと)が民を率いる」という予言の意味を誤解し、彼のヘブライ人である出自を加味したのである。
 モーゼは紅海沿岸の村の娘(マリア・バルベルデ)と結ばれ子を設けた9年後、啓示を受けて突然自分の同胞であるヘブライ人を救う為に首都に戻る。子供の姿でモーゼの前に現れる神(若しくは神の遣い)はモーゼの要求を呑もうとしないラムセスを窮地に追い込む為に様々な災難を国民に加え、遂には新生児を尽く殺してしまう。さすがの国王もヘブライ人の解放を決めるが、腹の虫が治まらず皆殺しにしようと紅海に向った彼らを追いかける。

ここで有名な海が割れる場面が再登場するかと思いきや、誠に現実的に引き潮を利用するだけの肩すかし。アメリカン・ニューシネマ以降アメリカ映画も完全な講談調は抑え気味だから予想されることとは言え、CGを使って華美に再現してほしかったというのがオールド・ファンの偽らざる心境なのだ。本作の見せ方では、奇跡というより運に近い印象を覚えさせ、余り有難味がない。
 その代わりエジプト人たちに襲い掛かる津波のスペクタクルは、お釣りは来ないまでも迫力満点。

その前のワニ、イナゴ、蛙の大群も見せ場で、少々気持ち悪いデスが、キリスト教の考えを背景にした映画(「イナゴの日」「マグノリア」など)でたまに観られるスペクタクルをパワーアップした形。
 以前「ドッグヴィル」についてヒロインのニコール・キッドマンは神若しくは神の遣いだろうと言ったら、純情な人に「神はあんな残酷なことはしない」と反論されたが、旧約聖書の神が非常に非情であることを本作はよく描いている。

宗教ではGodとGodsは全く違う概念であるので、邦題は「神々と王たち」とでもすべきであったが、本作のGodsはエジプトのような多神教の神々(Gods)なのか、一神教(ユダヤ教)の神(God)と多神教の神々を合わせたものか判然としない。後者なら確かに神でも良いような気がする。

クリスチャン・ベイルは奮闘しているが、さすがにチャールトン・ヘストンの迫力には及ばない。良くも悪くも現在の俳優は理に落ちるのである。

「情無用のコルト」(無名のマカロニ・ウェスタン)ならぬ「情無用のゴッド」でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エクソダス:神と王
叙事詩というより自伝的な。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2015/12/27 10:28
エクソダス 神と王
やっと映画館で、それも大きなスクリーンで観たいと 思わせる作品が到来しましたと喜んでいましたら、 何となく外野席のご評判が、およろしくない。 およろしくないけれど、観てな ... ...続きを見る
映画と暮らす、日々に暮らす。
2015/12/27 10:50
エクソダス:神と王〜ISIL拘束事件に通じる驚愕
「日没までに要求を受け入れよ」 公式サイト。原題:Exodus:Gods and Kings。リドリー・スコット監督、クリスチャン・ベイル、ジョエル・エドガートン、ベン・キングズレー、アーロン・ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2015/12/27 11:33
エクソダス:神と王 IMAX-3D/クリスチャン・ベイル
旧約聖書を全く知らなくても"モーゼ"や"十戒"という言葉はどこかで見聞きしたことあるんじゃないかと思いますが、今作は巨匠リドリー・スコットが「出エジプト記」に記されたモーゼ ... ...続きを見る
カノンな日々
2015/12/27 11:45
エクソダス:神と王
【概略】 紀元前1300年。最強の王国として名をはせるエジプトの王家に養子として迎えられて育ったモーゼは、兄弟同然のような固い絆で結ばれていたはずのエジプト王ラムセスとたもとを分かつ。その裏には、苦境に立たされている40万にも及ぶヘブライの人々を救わねばならないというモーゼの信念があった。そして、彼らのための新天地「約束の地」を探し求めることに。過酷な旅を続ける一方で、彼はエジプトを相手にした戦いを余儀なくされていく。 史劇 ...続きを見る
いやいやえん
2015/12/27 12:45
『エクソダス:神と王』('15初鑑賞11・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 1月31日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン4にて 11:50回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2015/12/27 13:25
エクソダス:神と王 ★★★.5
旧約聖書の出エジプト記に登場する、モーゼのエピソードをベースにしたアドベンチャー。紀元前のエジプトを舞台に、王家の養子として育てられた男モーゼがたどる数奇な運命と壮絶な戦いを活写する。メガホンを取るのは、『グラディエーター』『プロメテウス』などのリドリ... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/12/27 16:46
エクソダス:神と王 Exodus:Gods and Kings 予告編では理解し得ない、予想外の大...
予告編をみて、イマイチっぽくね?、と思っていた。 ひょっとして「エクソダス」ではなく、「エ?クソだす」なんてくだらないギャグまで思いついた(笑) ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2015/12/27 19:32
15-123「エクソダス 神と王」(アメリカ)
まだ同胞たちと思うことが出来ぬか  栄華を誇る古代エジプト王国では、長年にわたりヘブライ人を奴隷として使役していた。  そんな中、王女に拾われ、国王の息子ラムセスと兄弟同然に育てられたモーゼ。成長した彼は、国王セティの信頼も厚く、民からも慕われる存在に。  ところがセティの死後、王位に就いたラムセスは、モーゼの出自がヘブライ人と知るや、彼を追放する。過酷な放浪の末に一人の女性と巡り会い、結婚して平穏を手に入れたモーゼ。  9年後、彼は神の啓示を受け、虐げられているヘブライの民を解放... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2015/12/28 23:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
海割れは誰だって期待しますよね〜^^
おカネかけた最新CG駆使してね。
スコット兄はあえて外したかどうかは
三等外野席にはわかりませんが。
ところで名作「十戒」の海割れの模型って
びっくりするくらいチャチくて小さいって
聞きましたが撮影編集の巧さで
後世にこれだけ印象残したんですね〜
ちなみに
エクソダスと聞くとエクソダス・ソング、
「栄光への脱出」のテーマソングを彷彿と
いたします、長生き映画ファンは。(笑)
vivajiji
2015/12/27 11:38
火山噴火により津波が発生した時に海が引いて砂浜が出現したのでそこを渡ったのだろうと書いている学者がおりました。
その説を採用したのかな?
でも映画的には海は割れて欲しかったですね〜
ねこのひげ
2015/12/27 16:42
vivajijiさん、こんにちは。

>スコット兄
あえて外したのでしょうねえ。
狙いは全く解りませんが。

>海割れの模型
そのようですね。
僕はそういう手仕事が好きでして、今の目には貧弱に見えても興奮するのですよ。
それはそれでCGで観たかったですね。
今年邦画でちょっとした海割れがありましたので、それで我慢することにしましょう(笑)

>「栄光への脱出」
テーマソング、僕も良く知っておりますですよ^^
この間最初の数分だけ観ました^^;
これを観ていたおかげで、パトリシア・ハイスミス原作の心理サスペンス「ギリシャに消えた嘘」の冒頭がそっくりなことが判って思わぬ収穫でした。
オカピー
2015/12/27 21:08
ねこのひげさん、こんにちは。

>火山噴火
そうかもしれませんし、旧約聖書のお話もこの辺りになりますとかなり精度のある歴史書ですから、リアルな描写であっても良いですが、信心と奇跡の関連性から言えば、リアルすぎてはつまらないなあと思いましたね。
オカピー
2015/12/27 21:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「エクソダス:神と王」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる