プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ヘラクレス」

<<   作成日時 : 2015/12/02 09:27   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 2

☆☆★(5点/10点満点中)
2014年アメリカ映画 監督ブレット・ラトナー
ネタバレあり

CGの普及で神話ものや古代アクションが復権したのは悪いことではない。にわかにギリシャ神話で有名な半神半人の怪力ヘラクレスが人気沸騰、先般「ザ・ヘラクレス」を観たばかりというのにまた登場した。
 この他に「ヘラクレス 帝国の侵略」という日本劇場未公開作もあるらしい。この3本目については全く観る気はないが、二本のうちではコミックの原作がある本作のほうが、大衆映画における、こうした有名なキャラクターの扱いが「解っているなあ」と楽しめる。

勇士ヘラクレス(ドウェイン・ジョンスン)が、トラキアの王女ユージニア(レベッカ・ファーガスン)から国を守ってほしいと、仲間たち(予言者イアン・マクシェーン、紅一点イングリッド・ボルゾ・ベルダル他3名)と共に傭兵に雇われ、住民たちを鍛えるが、戦い終わって日が暮れてみると、敵対した反逆者が実は善なる者で、前王を殺して後釜に就いたコテュス王(ジョン・ハート)こそ娘の王女や孫まで殺そうとしている悪漢と判明、命を賭して彼の軍勢に向っていく。

というお話は実はどうでも良く、全編白兵戦的なアクションで満杯、それぞれの見せ場が長すぎない程度に分割してもたれないのが良い。アクションの見せ方が「ザ・ヘラクレス」と違ってぐっと正攻法なのも良い。さすがブレット・ラトナーといったところである。

「どうでも良い」と述べた物語だが、前述したようにヘラクレスの扱いがなかなか気が利いている。「ザ・ヘラクレス」はオリジナルのギリシャ神話に中途半端に拘りつつ大きく改変した為に「こんな改変は許されん」と僕を怒らせたが、本作は「ヘラクレスはゼウスの息子でも何でもない、ただの強い男だった」と基礎を全く変え、一部のエピソードだけ利用しているのである。ある意味論理的であるから、これなら文句を付ける筋合いはない。
 従って、最後の方になってトーンを下げて「ゼウスの息子ではないのかも」という風に表現を曖昧にしたのは却って問題。半神であれば仲間も必要ないであろうし、到底人間が敵うわけもなく、上記設定通りと考えたほうが合理的だからである。

戦術には「レッドクリフ」の影響があろうか。盾と矛のお話は中国の“矛盾”の語源から借用しているようで、関係者に中国史好きかいるのかもしれない。

半神半人ではなく、阪神巨人だったりして。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ヘラクレス」伝説のつくりかた
実はあまりマッスル映画は好きじゃないので、基本的にはさほど期待しないで観に行ったのだった。 ところが!案外面白いよ〜♪ 12の難行をこなした勇者ヘラクレスが、全能の神ゼウスと人間の息子として伝説が神話となって語り継がれるようになったいきさつが良く解って、私の苦手なギリシャ神話ファンタジーとは一線を画していたのがとにかく気に入ったwa☆ ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2015/12/02 15:21
ヘラクレス
【概略】 神々の王ゼウスと、人間の女の間に生まれたヘラクレスは、恐るべき怪物と戦う〈12の難業〉を成し遂げ、生ける伝説となる。時は流れ、紀元前358年。アテネ王に仕えていたヘラクレスは、最愛の妻と子供たちの死を機に傭兵となり、金のために仲間と諸国を転戦していた。ある時、トラキアの国王に、反乱軍から国を守ってほしいと頼まれるが、戦地で彼らを待ち受けていたのは過酷な戦いと卑劣な罠だった…。 アクション ...続きを見る
いやいやえん
2015/12/02 17:15
ヘラクレス/ドウェイン・ジョンソン
ギリシャ神話に登場する半神半人キャラとしてトップスター、英雄ヘラクレスを主人公にしたアクション・アドベンチャー作品です。ギリシャ神話は大好きでもちろんヘラクレスの物語 ... ...続きを見る
カノンな日々
2015/12/02 17:49
ヘラクレス ★★★★
ギリシャ神話に登場する半神ヘラクレスを主人公にしたアクションアドベンチャー。全能神ゼウスと人間の間に生まれたヘラクレスが、さまざまな戦いを経て英雄へとなる姿を追う。監督は『X-MEN:ファイナル ディシジョン』などのブレット・ラトナー。『オーバードライヴ』な... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/12/02 19:41
『ヘラクレス』('14初鑑賞73・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 10月24日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 18:50の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2015/12/03 21:14
14-335「ヘラクレス」(アメリカ)
やり残した偉業をやり遂げるのだ  全能の神ゼウスと人間との間に生まれた半神の英雄ヘラクレス。恐るべき魔物たちを相手に12の難業を成し遂げ、生ける伝説となった彼は、いまは予言者アムピアラオスや戦略家アウトリュコスら5人の傭兵仲間を率いて幾多の戦場を渡り歩く日々。  そんなある日、トラキアの王女ユージニアから、父コテュス王に反旗を翻した凶悪なレーソス率いる反乱軍から国を守ってほしいと頼まれる。  高額な報酬と引き換えにこれを引き受けたヘラクレスは、寄せ集めの兵士たちを鍛え上げ、レーソス軍... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2015/12/06 22:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ねこのひげとしてはヘラクレスというからには、半神半人であって欲しかったですね。
そこに苦悩があったわけですから。
ヘラクレスという名前の意味がないですしね。
映画としてはそれなりに面白かったです。
ねこのひげ
2015/12/06 17:04
ねこのひげさん、こんにちは。

「ザ・ヘラクレス」という神話のデタラメな映画化があったものですからそのアンチテーゼとして、デタラメならこういう作り方のほうが良いという趣旨です。
僕もヘラクレスは神話のままのほうが良いと思います。アメリカの観客に媚びずにもっときちんと作ってくれればOK!
オカピー
2015/12/06 18:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ヘラクレス」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる