プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ミュータント・タートルズ」(2014年版)

<<   作成日時 : 2015/11/15 10:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 2

☆☆(4点/10点満点中)
2014年アメリカ映画 監督ジョナサン・リーベスマン
ネタバレあり

四半世紀前に実写シリーズ化されたアメリカン・コミックの再映画化。前回のシリーズがお粗末至極だったので、今回も期待せずに観てみる。

TV局の美人レポーター、ミーガン・フォックスがニューヨークを荒らす謎の集団“フット軍団”の犯行現場に出くわすが、彼らは気付かないほど迅速に退治されてしまう。
 残された“家門”という日本語を頼りに悪党退治の英雄を探すうちに、彼らが自分の亡父がかつて科学者ウィリアム・フィクトナーと共に取り組んだ生物プロジェクトが生み出した4匹のミュータント亀のグループで、その師匠はネズミのミュータントであり、いずれも少女時代の彼女が関与していたことが判明する。
 ネズミの師匠から、自分の科学力でニューヨークを救うと息巻くフィクトナーが“フット軍団”の親玉と組んで自作自演の事件でニューヨークを支配しようと企む悪党と教えられ、亀たちはその陰謀の阻止に立ち上がる。

悪党とヒーローの関係性がごまんと作られた他のアメ・コミと全く変わらず、言及するほどのものはなし。

前シリーズでは具体的に説明がなかったように記憶する、人間大の亀が凄い能力を持つようになる過程がきちんと説明されているのは良いが、空手やクンフーを人間大の亀にやらせているだけで亀故の特徴が全く発揮されない為アクション的に面白味が薄い。ただ、前回と違って着ぐるみではなくCGを活用して派手さが増しているので、前回第一作より★一つ分おまけしておきます。

プロジェクトの名前を“ルネサンス計画”と言い、それに因んで亀の名前がミケランジェロ、レオナルド、ラファエル、ドナテロなのが面白い。最後に僕も大好きなポップスの名曲「ハッピー・トゥゲザー」が出て来るのはもっと愉快。歌っていたグループの名前が“タートルズ”だけに。

でかい亀はガメラだけで良いんじゃない?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ミュータント・タートルズ
ウェルカメ・トゥ・ニューヨーク!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2015/11/15 10:09
「ミュータント・タートルズ」
やけに乗りのいい亀たちだと思ったら、ティーンエイジャーなんだね。 ...続きを見る
或る日の出来事
2015/11/15 10:10
ミュータント・タートルズ
【概略】 悪の犯罪組織フット軍団が暗躍するNY。ある日特ダネを狙うTVレポーターのエイプリルは、何者かがフット軍団の犯罪を阻止している姿を目撃する。その正体はニンジャの風貌をした4人のカメ=タートルズで…。 SFアクション ...続きを見る
いやいやえん
2015/11/15 10:11
ミュータント・タートルズ/ミーガン・フォックス
以前に映画化されたのって何年前でしたっけ?先ずは一番に懐かしいと思ってしまった世代ですが、『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイが製作を担当し『タイタンの逆襲 ... ...続きを見る
カノンな日々
2015/11/15 11:27
『ミュータント・タートルズ(2014)』('15初鑑賞14・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 2月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:05の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2015/11/15 14:08
ミュータント・タートルズ ★★★.5
忍者の扮装をしたカメのヒーローたちの活躍を描き、アメコミやアニメ、映画化で人気を博した作品を、マイケル・ベイ製作で実写映画化したアクション。ニューヨークの地下道に暮らし、悪から街を守るべく戦うタートルズたちの勇姿を活写する。メガホンを取るのは、『世界戦... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/11/15 20:07
「ミュータント・タートルズ」☆目が回る迫力
小さい頃に子供たちがよく見ていたアニメ。 そういえば、ロンドンのハムレーズにフィギアが売っていたけれど、さすがに買わなかった記憶が。 まさか実写でどうなの?と思っていたら、結構評判いいみたいね? ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2015/11/16 16:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
リアルになった分だけ、グロさが増した気がします。

ミケランジェロ・・・『ミケランジェロブロジェクト』という洋画が劇場公開中であります。
おっさんとしては、こちらの方がズッとお勧めであります。
ねこのひげ
2015/11/15 10:33
ねこのひげさん、こんにちは。

ミケランジェロと言って、思い出すのはキャロル・リードが作った伝記映画「華麗なる激情」。

>『ミケランジェロブロジェクト』
美術品を巡るサスペンス、ミステリーには面白いものが多いですね。
クラシックでは「大列車作戦」!
オカピー
2015/11/15 19:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ミュータント・タートルズ」(2014年版) プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる