プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」

<<   作成日時 : 2015/11/10 10:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 4

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2014年アメリカ映画 監督ジョン・ファヴロー
ネタバレあり

アイアンマン」シリーズの監督として有名になったジョン・ファヴローが第3作のメガフォンを断ってまで製作・脚本・監督を担当した野心作で、本業である役者として主演も果たしている。

カリフォルニア、ダスティン・ホフマンの経営するレストランのシェフとして名声を誇るファヴローが、オウナーの指示を断れずに旧態依然のメニューを出したところ、毒舌料理評論家オリヴァー・プラットに酷評される。ジレンマに苦しむ彼は、ツイッターの仕組みも知らずに彼に悪口のお返しをすると彼のフォロワーから攻撃され炎上、オウナーと喧嘩になったところを投稿されて大騒動になる。
 仕事も名声もなくなった彼は、別れたヒスパニック系の美人妻ソフィア・ヴェルガナに半ば強制されて故郷のマイアミに、夏休みに入った息子エムジェイ・アンソニーの子守旅行に出る。
 そこのキューバ式サンドウィッチに感激するや、ソフィアの前夫ロバート・ダウニー・ジュニアから中古のフードトラック(トラック屋台)を買い取り、サンドウィッチを売り始めたところたちまち評判になる。元子分ジョン・レグイザモが手伝いに駆け付け、父親の仕事に興味のある息子も助手に加えて、各地で評判を取りながらカリフォルニアに帰ってくると、プラットからパートナーの申し込みを受ける。

一言で言えば、名声に拘(こだわ)らず好きなことを始めたら運が開けました、というお話。

僕には、どうもやり手の実業家らしい前妻ソフィアが彼に未練を持っていて、息子を利用して彼を導いたという気がしてならない。主人公は弱いネットについては息子に教わり、その代わり料理に関する蘊蓄を授ける。夏休みの間の緊密なスキンシップにより父子の絆は強固になり、多忙な時には彼女もサポートする。カリフォルニアに帰った時には復縁するのではないかと思わせる雰囲気になる。両想いらしいソムリエのスカーレット・ヨハンソンについてはどうするか知りませんがね。

作劇としては、フードトラックを買ってからの再生模様が順調すぎるのが気になる向きがあるかもしれないが、これも考えようである。苦難とその克服が交互に訪れるのも何だか作り物めくし、訪れた難儀が次々と或いは一遍に克服されるということになるともっと偏った作劇と言わざるを得なくなる。実に物語作りは難しい。

アメリカ風屋台(フードトラック)をSNSというネット社会風俗でサンドウィッチして楽しく(或いは旨く)仕上げた爽快作と言うべし。

シェフ!〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜」を模倣した邦題。この手はリバイバルと思われてスルーされる可能性があるので、実は余り賢くない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★★★★★〜『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』
 CHEF ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2015/11/10 11:28
シェフ 三ツ星フードトラック始めました
アイアンレストラン? 公式サイト。原題:Chef。ジョン・ファヴロー監督・主演。ダスティン・ホフマン、ロバート・ダウニー・Jr、スカーレット・ヨハンソン、ソフィア・ベルガラ、ジ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2015/11/10 13:37
シェフ 三ツ星フードトラック始めました★★★.5
『アイアンマン』シリーズなどの監督で俳優のジョン・ファヴローがメガホンを取り、究極のサンドイッチを売る旅をする元一流レストランのシェフを演じるドラマ。店を辞め、偶然キューバサンドイッチと出会ったシェフが、フードトラックでサンドイッチを売りながら人生を取... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/11/10 15:56
シェフ 三ツ星フードトラック始めました/ジョン・ファヴロー
『アイアンマン』シリーズのジョン・ファヴローが監督・製作・脚本・主演を務め一流レストランの総料理長だった男が失職を機にサンドウィッチの移動販売を始めて家族との絆を取り ... ...続きを見る
カノンな日々
2015/11/10 18:27
『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』('15初鑑賞24・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 3月13日(金) OSシネマズ ミント神戸 スクリーン4にて 13:10の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2015/11/10 21:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私も、この映画を観ました。フードトラックでの商売が順調だったり、元妻に未練が見られたりと、いかにもフィクションらしい要素が散りばめられていますが、私は、この映画を、あまり肩に力を入れて観る必要のない、娯楽型のフィクションではないかと思いました。
実際、私は、この映画を観て、ストーリーの構成はあまり気にせず、美味しそうなキューバサンドイッチの虜になっていました。
Kanako
URL
2015/11/10 15:14
Kanakoさん、初めまして。

馬鹿らしいと思われる方もいると思いますが、全ての映画が小難しい理屈をこねる必要はないわけで、楽しい作品でしたね。
フード映画を観て残念なのは、味や香りまで楽しめないこと。罪深いですよ(笑)
オカピー
2015/11/10 21:16
シリーズだと思って観てくれる可能性を期待したんでしょうね。
セガールの『沈黙・・・・』と同じでしょう。
あのシリーズ?も実際はまるっきり違うタイトル作品ばかりなんですがね。
ねこのひげ
2015/11/15 09:11
ねこのひげさん、こんにちは。

>『沈黙・・・・』
あれ、頭が悪いですよ。
僕は数年前まで全部付き合いましたが、区別しにくく観たかどうか解らないので、もう観なくなりました。大半がビデオ映画でお粗末な出来栄えでも観てきたのに。
『プリティ』シリーズは監督が同じというだけでしたしね。
オカピー
2015/11/15 18:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる