プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「謝罪の王様」

<<   作成日時 : 2015/09/20 09:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 4

☆☆☆(6点/10点満点中)
2013年日本映画 監督・水田伸生
ネタバレあり

監督の水田伸生と主演の阿部サダヲのコンビは「舞妓Haaaan!!!」以来、実は脚本の宮藤官九郎とトリオで第3弾になるらしい。二番目の「なくもんか」は観ていない。映画ファンならどちらかと言えば、所謂クドカンの腕前を観る作品ということになるだろう。

帰国子女の井上真央がヤクザの車に乗り上げた為に、謝罪代行の東京謝罪センターなる珍妙なる会社を経営している阿部サダヲに謝ってもらい、結局アシスタントになる。
 彼らの次なる仕事はセクハラで同僚女性・尾野真千子に訴えられた岡田将生君。彼女の弁護をするのは国際弁護士・竹野内豊で、親の七光り息子の暴力事件に翻弄される芸能人元夫婦(高橋克実、松雪泰子)のドタバタを挟んで、彼が真央ちゃんの父親であることが判明、前の事件で使った将生君のマスクが活躍する。
 弁護士には娘に謝らなければならない事情があるが、その原因となった変な言葉が、次のマンタン王国(ブータン王国のもじり)をめぐる国家危急の大事件で思わぬ意味を成すことになり、この事件には芸能人元夫婦も絡み、弁護士父娘の和解にも繋がっていく。

前の登場人物や場面が予想もしなかった形で色々と関係している、若しくは関係してくるという手法は「運命じゃない人」などで少なからず使われているので多分に損をしているが、なかなか上手く作っている。笑えるかどうかよりその創意工夫を買っておきたい。これは必ずしも笑えないという意味ではないものの、センス的に合わないところもある。これについては趣味の問題であって作品のせいではない。

本作で一番びっくりしたのは主人公が群馬県出身であり、バレー部員として着ていたユニフォームに「安中」の文字を見出したことである。現在僕はその安中(あんなか)市に住んでいるのだが、かつて安中中(あんなかちゅう)略して安中(あんちゅう)という中学校があった。“あんなか”なのか“あんちゅう”なのか不明であるが、昭和40年代生まれの彼なら安中中は既になく安中一中か二中に所属していたことになる。それとも、これも今はなき安中高校(現在安中総合学園)の意味だろうか(多分どれでもないのだろうな。小生、安中(あんちゅう)にも安高(あんこう)にも通ったことがないのでユニフォームなど知らないのだ)。
 どこまで真面目に実際を参考にしているか解らないが、安中という土地は実際にあるので、全国の皆様、よく憶えておいてくださいね。

勧誘の電話がかかってくると、安中市を“やすなかし”と言われることがあり苦笑。ネットで調べればすく解るのに。当方の名前も必ず間違えられる。電話する相手の読み方くらい勉強しろってんだ。謝罪したまえよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
謝罪の王様
全編東京謝罪センターの広告番組? 公式サイト。宮藤官九郎脚本、水田伸生監督、阿部サダヲ、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾野真千子、荒川良々、濱田岳、松本利夫、高橋克実、 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2015/09/20 09:52
謝罪の王様/阿部サダヲ、井上真央
『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』とスマッシュヒットを連発した主演・阿部サダヲ、脚本・宮藤官九郎、監督・水田伸生のトリオが再タッグを組んで挑んだ今作は架空の職業“謝罪師”を ... ...続きを見る
カノンな日々
2015/09/20 10:28
謝罪の王様 ★★★★
脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲ、監督・水田伸生のトリオが「舞妓Haaaan!!!」(2007)、「なくもんか」(09)に続いて生み出したオリジナルコメディ。架空の職業「謝罪師」を生業とする東京謝罪センター所長の黒島譲が、ケンカの仲裁から政府を巻き込んだ国家存亡の... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/09/20 20:52
「謝罪の王様」粋な社会風刺☆ホロリもあるよ
ねえねが愛してやまない阿部サダヲが主演だから〜〜ということで、ねえねの都合の合う時まで待っていた作品。 評判がすこぶる良いので、期待がちょっと大きすぎたかな・・・ それでも用事を済ませて、18時からの回を観ようとしたら、日曜の夜はなんといっぱい!! ラストの21時からになってしまい、ロビーで3時間も時間をつぶしちゃった。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2015/09/20 23:37
土下座の向こう側〜『謝罪の王様』
 ヤバイ筋の方々を相手に、物損事故を起こしてしまった帰国子女・倉持典子 (井上真央)は、「東京謝罪センター」 所長・黒島譲( 阿部サダヲ)に対応を 依頼し、窮地を救われる。典子は黒島の助手となり、センターには次々と依頼 人が訪れ始める。「土下座を越えた謝罪」 とは、如何に?? ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2015/09/21 16:27
『謝罪の王様』
□作品オフィシャルサイト 「謝罪の王様」 □監督 水田伸生□脚本 宮藤官九郎□キャスト 阿部サダヲ、井上真央、竹野内 豊、岡田将生、尾野真千子、       荒川良々、濱田 岳、高橋克実、松雪泰子■鑑賞日 9月28日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyaz... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2015/09/24 07:45
謝罪の王様
好みは分かれるかもしれませんが、終始、エンタメ精神に徹底してるのが素敵。ハジケたコメディで、楽しかったです。 ...続きを見る
のほほん便り
2015/10/13 11:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
最近めんどくさいので固定電話には出ないことにしております。
ねこのひげ
2015/09/20 19:23
ねこのひげさん、こんにちは。

僕も原則的には出ないのですが、携帯も持っていないので、電話が来る予定がある時に限って出るのです。そんな時に勧誘があるわけです。
しかし、携帯が持っていない為に出た電話のおかげで詐欺に引っかかり、うん百万円も詐取されたことを考えると、100年分くらいの携帯料金を取られたことになるでしょうかねえ。だったら持っていた方が良かったことになります。
オカピー
2015/09/20 21:03
オカピーさん☆
コメントありがとうございました。
そして細かいコメント欄までチェックしてくださって、ビックリしました。
実は両親の里が安中市でして、叔父や叔母も沢山住んでおります。
マニアックなネタをさらりと入れてくるクドカンはさすがですね☆
ノルウェーまだ〜む
2015/09/20 23:36
ノルウェーまだ〜むさん、こちらまで有難うございます。

>両親の里
おおっ、それは嬉しいですね。
中山道の通る歴史ある町なんですけど、知る人が少なく寂しいデス。
僕が映画で触れた二回目の「安中」です。
最初は「まらそん侍」という時代劇で、安中では「侍マラソン」というのが毎年五月に行われています。

>マニアックなネタ
なんで安中だったのかなあ。
嬉しいけど気になるなあ^^
オカピー
2015/09/21 20:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「謝罪の王様」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる