プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「柘榴坂の仇討」

<<   作成日時 : 2015/08/16 12:38   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 2

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2014年日本映画 監督・若松節朗
ネタバレあり

浅田次郎の短編小説を若松節朗が映画化した時代劇。

安政6(1860)年、大老・井伊直弼(中村吉右衛門)が水戸藩士ら18名に殺される。桜田門外の変である。警護の役についていた彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は両親の自害の後も切腹することを許されず、逃亡したうちの誰か一人に仇討することを厳命される。
 しかし、次々と関係者が処分され彼自身が使命を果たせないまま時間が過ぎていき、明治6(1873)年の冬を迎え、遂に仇討禁止令が発布される。
 文明開化でざんぎり頭に溢れる世の中にあり、彼のちょんまげに帯刀する旧態依然に拘る風体は目立つ。官憲の要人・秋元(藤竜也)との面会の後、雪の降り出した夕刻、彼は一人の車引きを雇う。直吉(阿部寛)と名乗るその男が自分の追う元侍であることに気づき、仇討騒動の末に、金吾は大老と秋元の発言を合わせて考えを修正、生を捨てようとしている直吉に生きるよう説得する。

井伊大老を崇拝するが故に、その「死を賭して訴えてくる者をないがしろにするな」という意見が、秋元の「時代の垣根を乗り越えて生きろ」という意見と混じり合い、13年間殺そうとしてきた相手に「生きろ」と説教する主人公自身の考えとして結実する。つまり、封建的思想の持主で主君の思想に順ずるが故に封建制度ならではの考えを捨てることができたのである。実に面白い着想と言うべし。
 また、映画としては立派であるが「蜩ノ記」が僕に苦味を残したのに対し、こちらの後味が甚だ清々しいのは関係者が封建制度を乗り越えていく展開故に無意味な被害者が一人も出て来ないからである。

映画芸術的観点では「蜩ノ記」に一歩譲るが、現代人の普遍的生活感情を満足するのは断然こちらのほうだ。その意味で敵味方双方が迎える現代的とも言いたくなる幕切れは、あれで正解なのである。
 時代劇でよく取り沙汰される時代考証は、100%正確であるには及ばず。例えば、「七人の侍」に対する「当時の女性は胸を隠さない」という指摘は現在の我々が見る上では無粋であるし、殆どの時代劇が避けている鉄漿(おはぐろ)なども、それが物語の展開上不可欠である場合を除き、時代的事実に沿わなくて全く構わない。何故時代劇を現代に生きる我々が観るのか考えれば、理由は自明の理であろう。

甲子園にてわが群馬代表・健大高崎が延長10回で惜敗。勝てる試合だったが、数か月前に対戦したらしい秋田商に仇討されてしまった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
柘榴坂の仇討
制作年度 2014年 上映時間 119分 原作 浅田次郎『柘榴坂の仇討』(『五郎治殿御始末』所収) 監督 若松節朗 脚本 高松宏伸/飯田健三郎/長谷川康夫 音楽 久石譲 出演 中井貴一/阿部寛/広末涼子/高嶋政宏/真飛聖/吉田栄作/藤竜也/中村吉右衛門 ...続きを見る
to Heart
2015/08/16 13:48
『柘榴坂の仇討』
□作品オフィシャルサイト 「柘榴坂の仇討」 □監督 若松節朗□脚本 高松宏伸、飯田健三郎、長谷川康夫□原作 浅田次郎□キャスト 中井貴一、阿部 寛、広末涼子、中村吉右衛門、高嶋政宏■鑑賞日 9月20日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2015/08/16 17:17
柘榴坂の仇討〜そもそも仇討でない
時代劇から仇討取れば何が残るか問題 公式サイト。浅田次郎原作、若松節朗監督。中井貴一、阿部寛、広末涼子、高嶋政宏、真飛聖、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、木崎ゆりあ、藤 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2015/08/16 18:40
『柘榴坂の仇討』('14初鑑賞68・劇場)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 9月22日(月) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 12:20の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2015/08/16 20:45
柘榴坂の仇討 ★★★★
『鉄道員(ぽっぽや)』など数多くの著作が映画化されてきた人気作家・浅田次郎による短編集「五郎治殿御始末」所収の一編を映画化した時代劇。主君のあだ討ちを命じられた武士の不器用な生きざまを通し、幕末から明治へと時代が激変する中、武士として、人としての誇りと覚... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/08/17 19:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
浅田次郎さんの小説は着想が面白いのが多いですね。
納得させる映画でありました。
ねこのひげ
2015/08/23 17:40
ねこのひげさん、こんにちは。

>浅田次郎さん
原作は知りませんが、「鉄道員(ぽっぽや)」も予想外の展開でしたねえ。
オカピー
2015/08/23 20:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「柘榴坂の仇討」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる