プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「マレフィセント」

<<   作成日時 : 2015/08/01 10:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 9 / コメント 4

☆☆★(5点/10点満点中)
2014年アメリカ映画 監督ロバート・ストロンバーグ
ネタバレあり

「眠れる森の美女」の秘話であり、エンディングを全く変えた換骨奪胎版である。僕は記憶していなかったが、マレフィセントというのは前述作に出て来る魔女の名前とのこと。

本編の三分の一に当たる部分が魔女にまつわる秘話で、妖精であるマレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)は王座を狙う幼馴染のステファン(シャールト・コプリー)に騙されて大きな翼を奪われて絶望的な心境になり、先王の約束に従って王位に就いたステファンが設けた王女オーロラ(エル・ファニング)が永遠に眠り続ける呪いをかける、真に愛する者のキスを受けるまでという条件付きで。

秘話の部分は面白いが、その後がいけません。
 特に、フェミニズムをベースにした悪役の逆転という発想と、“真実の愛”絡みの部分は「アナと雪の女王」の完全なる二番煎じで、大いにがっかりの巻。
 呪いに関する設定にも疑問が多い。16歳の誕生日に呪いが実効すると解り切っているのだから、それまで秘密の場所に隔離するなど無意味ではありませんか。逆に、16歳の誕生日前日に城に戻って来るのだから益々妙なり。16歳になる前日に王女が三人の妖精を離れなければならない(という心境になる)理由もはっきりしない。

「アナと雪の女王」の二番煎じで、かつ、同作よりお話の整合性が不足しているのでは良い評価することはできない。残念でした。

魔法にかけられて」というけったいな日本語を披露したディズニー映画がまた「呪いにかけられて」というけったいな日本語を披露した。「罠にかける」という日本語はあるが、これらはありえない。「家を梯子にかける」とは言えないのとほぼ同じ理由。よく考えられたし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マレフィセント
慈愛のドラマでした。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2015/08/01 10:45
14-372「マレフィセント」(アメリカ)
世の中には悪がいる  とある王国で、待望のロイヤル・ベビー、オーロラ姫が誕生し、盛大なお祝いのパーティが開かれる。招待客が見守る中、3人の妖精たちがオーロラ姫に幸運の魔法をかけていく。  ところが3人目が魔法を授けようとしたその時、“魔女”と恐れられる邪悪な妖精マレフィセントが現われ、“16歳の誕生日の日没までに、姫は永遠の眠りに落ちるだろう。そして、それを解くことができるのは真実の愛のキスだけ”と恐ろしい呪いをかけてしまう。  やがてオーロラ姫は、呪いを恐れた王によって3人の妖精に... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2015/08/01 14:10
マレフィセント ★★★★
ディズニーアニメ『眠れる森の美女』ではオーロラ姫に呪いをかけた悪役だった、邪悪な妖精マレフィセントを主人公とするダークファンタジー。マレフィセントをアンジェリーナ・ジョリーが演じ、彼女の封印された過去とオーロラ姫を永遠の眠りにつかせる呪いをかけた理由が... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/08/01 17:15
マレフィセント
製作年 2014年 上映時間 97分 監督 ロバート・ストロンバーグ 脚本 リンダ・ウールヴァートン 出演 アンジェリーナ・ジョリー/シャールト・コプリー/エル・ファニング/サム・ライリー/イメルダ・スタウントン/ジュノー・テンプル ...続きを見る
to Heart
2015/08/01 20:17
「マレフィセント」
アンジェリーナ・ジョリーさんの魔女(妖精?)、似合っていましたね! ...続きを見る
或る日の出来事
2015/08/01 22:21
『マレフィセント』('14初鑑賞52・劇場)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 7月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:30の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2015/08/01 23:55
『マレフィセント』
□作品オフィシャルサイト 「マレフィセント」□監督 ロバート・ストロンバーグ □脚本 リンダ・ウールバートン□キャスト アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、サム・ライリー、        シャルト・コプリー、ビビアン・ジョリー ジュノー・テンプル... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2015/08/02 08:33
マレフィセント/アンジェリーナ・ジョリー
ディズニーアニメの不朽の名作『眠れる森の美女』においてオーロラ姫に永遠の眠りの呪いをかける邪悪な妖精マレフィセントを主人公にして、彼女の封印された過去とオーロラ姫に呪 ... ...続きを見る
カノンな日々
2015/08/02 21:34
マレフィセント〜レイプ被害女性の復讐譚?
公式サイト。原題:Maleficent。ロバート・ストロンバーグ監督、アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、シャールト・コプリー、サム・ライリー、イメルダ・スタウントン、ジュ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2015/08/03 20:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
たまに二番煎じとわかるような映画が公開されますがなぜでしょうね。
作る段階で気が付かないのか?間に合わなかったのか?
東京オリンピックのエンブレムも気が付かなかったんでしょうかね。
好意的にみれば、世界中のデザインを調べるわけにはいかんですからね。
ましてやベルギーの劇場なんて・・・というところでしょうか。
ねこのひげ
2015/08/02 07:33
これ、言うと怒られるのですが、フェミニズム的おとぎ話の読み替えというのは野暮というか艶消しというか、私は苦手なんですね。エッセイのような形で話題にするのならともかく、作品にまでされると見ていて白けるのですよ。
ところで、「眠れる森の美女」や「赤ずきん」など、グリム童話とシャルル・ペローの童話だと趣がちがっていておもしろいです。ドイツとフランスの感性のちがいでしょうか。
nessko
URL
2015/08/02 11:34
ねこのひげさん、こんにちは。

本作の場合は、同じ映画会社なので、間違いなく確信的に作っていますが、偶然重なるということもあるとは思います。
「アルマゲドン」と「ディープ・インパクト」は典型ですね。

>東京オリンピックのエンブレム
レタリングの類や音楽のメロディーは偶然似ることも多いと思います。
今回の場合は賠償金を取ろうとするなら感心しませんが、使用差し止めをするのはしようがない感じですかね。
オカピー
2015/08/02 23:13
nesskoさん、こんにちは。

>フェミニズム的おとぎ話の読み替え
ディズニーに限らず欧米で流行っていますが、僕も余り感心しないですね。
まあ一応ネタ探しの光明を見つけたと印象を受けてはいますが。でも、何回も同じ手が通じるほど観客も甘くはないでしょう。

「眠れる森の美女」はグリム版は「〜姫」でしたね? ど忘れしてしまいました。どちらも読んでいますが、グリム版の詳細は忘れちゃったなあ。
僕が読んだ「赤ずきん」はどちらだろう?
オカピー
2015/08/02 23:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「マレフィセント」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる