プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ディス/コネクト」

<<   作成日時 : 2015/07/23 10:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 4

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2013年アメリカ映画 監督ヘンリー=アレックス・ルビン
ネタバレあり

ネット依存社会におけるコミュニケーション不全をモチーフにした社会派ドラマの秀作と言うべし。

子供を亡くした妻ポーラ・パットンがチャットで同病相憐れむ人と交流したことから情報を盗まれて銀行預金が底をつく。ネット事件専門の探偵フランク・グリロからその事実を聞かされたものの、事件を立証するまで待ちきれない夫アレクサンダー・スカルスガルドは犯人と思われる男と対峙しようとする。
 探偵の息子は悪友と組んで同級生の孤独な少年をネカマ・メールで騙し、騙された少年はその結果自殺を試みて意識不明に陥る。弁護士の父親ジェイスン・ベイトマンは懸命に原因を追及していった結果少年に行き当たる。
 彼が顧問弁護士を務めている放送局の女性レポーター、アンドレア・ライズボローはあるサイトで少年マックス・シエリオットを発見し、彼から違法ポルトサイトをスクープすることができ、全米的に注目される。

群像劇であり、一つの挿話の登場人物が他の挿話と関連があるという形で並行進行していく構成であるが、それ自体は余り重要ではない。作者にしてもその見せ方の綾に眼目を置いていないようである。

ネットは社会に害をまき散らす元凶である、というメッセージを投げかける映画のようにずっと思わせておいて、実は孤独な人々特に少年を描いているということが終盤になって明確になる。
 ネットが人々を断絶(ディスコネクト)していることを断罪しているように読める紹介が目立つが、ネットは断絶の一部を担っているのに過ぎないわけで、それは必ずしも正鵠を射ていない。しかし、何らかの理由で孤独に陥った人々がネットに頼る確率はかなり高いと想像され、それが悪徳の温床となっていることは確かであろう。
 つまり、孤独と慰藉とがネットを中心に螺旋を成し、そこに悪徳が絡んでくる現在社会の図式を三つの悲劇により浮き彫りにし、相当見ごたえがある。

形式故に序盤に多少要領を得ないところがあるのはやむを得ない。「マーダーボール」というドキュメンタリーが相当面白かったヘンリー=アレックス・ルビンはドラマ映画もなかなかやりますデス。

ネットはマスコミが報じない真実を紹介していると言うけれど、デマが相当多いので気を付けなければならない。結局時間の無駄になると思うので、触れないことにしている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ディス/コネクト〜遠隔操作も現実
公式サイト。原題:Disconnect。ヘンリー=アレックス・ルビン監督。ジェイソン・ベイトマン、ホープ・デイヴィス、フランク・グリロ、ミカエル・ニクヴィスト、ポーラ・パットン、ア ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2015/07/23 10:45
映画:ディス/コネクト Dissconect  本来の人間関係を捨てた結果 「成立」するネット上の関...
パターン的には、よくある感じ。 「バラバラな人たちが、徐々に個々の作用・反作用を通じ、結果的に収束していく」 ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2015/07/25 18:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お気づきかもしれませんが、BBCにこんな記事が出ていました。
http://www.bbc.com/culture/story/20150720-the-100-greatest-american-films
アメリカの映画産業とはつながらない、批評家の判断だけによった投票だそうですが、日本の映画批評家は参加したのかどうか気になります。(アジアは参加地域に入っていなさそうですね……)
ヒッチコックは当然として、コッポラが高評価されているのでうれしくなりました。淀川先生も、コッポラはいいですねえとおっしゃってましたね。正統派で、映画のこと愛して撮ってるねえ、と。
nessko (お知らせです)
URL
2015/07/23 23:23
nesskoさん、こんにちは。

>BBC
いや、気付いておりませんでした(笑)

コッポラの「ゴッドファーザー」は良さが解りやすくて、比較的万人向けですね。
時々に変な小品を作るのが愛嬌です。
IMDbで数年前から「ゴッドファーザー」を押しのけて1位となっている「ショーシャンクの空に」が入っていないようです。やはりプロ受けはしていないのか。

ニコラス・レイの高評価など、カイエ・デュ・シネマの影響力が伺えるなあと思います。僕はああいうお教みたいな評論は好かんのですが(笑)

>日本の映画批評家
どうでしょうかねえ。
かつての淀川先生や双葉先生など、若手が目標にするような批評家がいらっしゃらなくなり、好き勝手なことばかり言うような感じで、どうも質が下がっている、という印象なのでですが。
淀川先生が昔「誉めなくても良いような作品をわざと誉める人(若い批評家)がいる」と苦言したのを憶えています。
オカピー
2015/07/24 21:22
IP電話で酷い目にあった人も多数おります。
携帯財布とか怖くて使えないですね。
ナンバー大丈夫なんでうかね?信用できないもんな〜
ねこのひげ
2015/07/26 07:55
ねこのひげさん、こんにちは。

>ナンバー
と言えば、マイ・ナンバーも恐いですね。
安倍さんべったりの姉貴は「年金機構とは違うから大丈夫」と言っていますが、甥御は「ネットの運命」とばっさり。安心なんかできません。
オカピー
2015/07/26 19:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ディス/コネクト」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる