プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「麦子さんと」

<<   作成日時 : 2015/03/27 10:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2013年日本映画 監督・吉田恵輔
ネタバレあり

二姉妹が母親に頼まれ、大昔別の女性と再婚した実父の見舞いに行ったところが葬式になってしまう「チチを撮りに」を思い起こさせるドラマである。

こちらのヒロイン麦子(堀北真希)は、父亡き後パチンコ店に勤めるぐうたら兄(松田龍平)と二人暮らしをしている或る日、大昔に出ていった母親・彩子(余貴美子)が現れ、二人は「何を今更」という態度で仕方なく迎える。麦子は母が実は仕送りをしていたことを知っても母親と思わないまますげない態度を取るうち、母親に呆気なく死なれてしまう。
 四十九日の納骨に母の故郷を訪れた麦子は町民から若き日の彩子(真希嬢二役)とそっくりと大歓迎される。可愛い歌手志望の彩子は町民の人気者だったのだ。ところが、埋葬許可証を紛失した為に数日間斎場社員のミチル(麻生祐未)の家に厄介になる羽目になる。
 ミチルがやはり離婚女性で、元夫に引き取られた子供に会いに行かないことを知った麦子は、彼女を早いうちに会いに来なかった母親代わりに責める。同席のタクシー運転手(温水洋一)に説教されて翌日ミチルに謝罪、彼女から妊娠時代の彩子が子供(即ち麦子)に寄せていた思いを聞かされ、今は亡き母に初めて心を開き、納骨を済ませる。

僕は若い頃から何故か本作のような青臭い若者たちを見ると俄然親の方を応援したもので、まして今逆の立場になると親の視線で子供たちを見てしまう。本作に出て来る若者三人の親に対する態度は誠に戴けない。これが大体今時の子供の平均的態度なのかもしれないが、それほど子供を観ていないので何とも言えぬ。
 麦子の頑なに母親を拒もうという心情も解らないではないが、そこは運転手の言うように「もっと素直になれ」ば良いのである。尤も、最初から素直なら物語にならないわけで、彼女が心を開くまでに母親の青春時代とその心情が小出しに語られるところから、娘の視点による母子関係の機微が出るという次第。

喜劇要素も多分にある一方、娘に突き倒された母親の悲しさを紛らせた笑いなどじーんとさせられるところがかなりある。こんなことを言うのは余貴美子に失礼ながら、若い頃の清楚さと中年の崩れた容姿とのギャップが彩子の苦労を物語り、それだけで涙を誘われる。大袈裟ですか。

吉田恵輔という監督は「純喫茶磯辺」に続いて二作目。いずれもヒロインの視点で語られるコミカル人生劇である。まだどういう監督か掴みかねているが、この作品に関しては後味の清々しさが印象深い。

現代っ子の台詞に多々苦笑が洩れる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
麦子さんと/堀北真希、松田龍平
『純喫茶磯辺』『さんかく』の吉田恵輔さんが監督・脚本を手がけ堀北真希さんを主演に町の人々との交流を経て亡き母の知られざる思いを知るというヒロインの姿を描いたヒューマン ... ...続きを見る
カノンな日々
2015/03/27 12:04
『麦子さんと』
□作品オフィシャルサイト 「麦子さんと」 □監督 吉田恵輔□脚本 吉田恵輔、仁志原了□キャスト 堀北真希、松田龍平、余 貴美子、温水洋一、麻生祐未■鑑賞日 1月4日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5) <感想>  主演... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2015/03/27 20:08
麦子さんと ★★★.5
『純喫茶磯辺』『さんかく』など独特なセンスで注目を浴びる吉田恵輔監督が、構想に7年かけたハートフル・ドラマ。納骨のため亡き母の故郷を訪れたヒロインが、町の人々との交流を経て母の知られざる一面に触れ、それまでとは違う母に対する思いを抱いていく。声優を夢見... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/03/27 20:42
『麦子さんと』
----『麦子さんと』って、 『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の 吉田恵輔監督の作品だよね。 「そう。 『ばしゃ馬さん〜』も “夢をあきらめること”を題材としたユニークな作品で 嫌いじゃないんだけど、 ぼくは、こちらを推したいな」 ----“麦子さん”を演じているのが堀北真... ...続きを見る
ラムの大通り
2015/04/11 15:36
映画評「ヒメアノ〜ル」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・吉田恵輔 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/03/07 08:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
麻生祐希さんのカレンダー欲しさにウィスキーのボトルを買ったことがあります。
美人でグラマーでありましたよ。
ねこのひげ
2015/03/29 08:12
ねこのひげさん、こんにちは。

>カレンダー
そうでしたか^^
僕は、膵炎につき永久にお酒を断ちましたので、無理ですなあ。

僕は小林稔侍氏の「窓際太郎」シリーズでの彼女が印象的ですねえ。だから、メガネを外しているのを見ると誰かピンと来なかったりします。
オカピー
2015/03/29 15:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「麦子さんと」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる