プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「グランド・ブダペスト・ホテル」

<<   作成日時 : 2015/03/16 09:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2013年イギリス=ドイツ=アメリカ合作映画 監督ウェス・アンダースン
ネタバレあり

僕はリアリズム至上主義ではなく「映画は上手く嘘をついてなんぼ」と思っている一方、嘘を嘘っぽく作る作風も余り好きではない。だからティム・バートンや本作の評判が誠に良いウェス・アンダースンはどうもダメである。彼らのような作風或いは作品世界(最近この意味で“世界観”を使う人が圧倒的に増えているが、本来の哲学的意味とは全く違うので僕は使わない)はアニメ向きで、現にアンダースンで一番僕が高く評価しているのは「ファンタスティックMr.FOX」というアニメだ。

さて、本作は四つの時代で構成されている。
 “現在”では、文学少女が或る国民的作家の墓参をする。
 1985年その作家トム・ウィルキンスンが、1968年に(この時代の作家にはジュード・ローが扮している)神経衰弱を直しに訪れた観光地にある廃墟同然の“グランド・ブダペスト・ホテル”で、謎めいたホテルの現オーナー、F・マーレイ・エイブラハムと会話した内容を回想する。
 1968年アジア系の老オーナーは、1932年彼をベルボーイとして雇い息子のように迎えてくれたホテルのコンシェルジュ、レイフ・ファインズとの冒険を語り始める。即ち、
 ホテルの上得意客である富豪婦人ティルダ・スウィントンが亡くなり、その遺言によりファインズに高額な絵画が譲渡されるが、遺言が確定される前に息子エイドリアン・ブロディに排除されそうになったので、絵を盗んでとんずら。ところが、ティルダの死が殺人と判明し、その犯人としてファインズが逮捕される。彼はこんなところで朽ちてはいかんと囚人仲間と脱走を図り、遺産相続に不都合な人物を殺し屋ウィレム・デフォーを使って次々と殺害するブロディを向こうに回し、弟子たるベルボーイ(若き日は新人トニー・レヴォロリ)と共に、冒険を繰り広げる。

表面的にはなかなか痛快なお話になっているが、メランコリックな気分が沈潜しているように感じられる。その理由は着想元にあるようである。
 歴史小説で名高いオーストリア=ハンガリー二重帝国出身のシュテファン・ツヴァイクの著作にインスパイアされたとクレジットされているように、ツヴァイク自身がウィルキンスン/ロー扮する国民的作家のモデルらしい。そして、史実としてヨーロピアンたらんとしたユダヤ人のツヴァイクはコスモポリタン的理想と現実のギャップに苦しみ、新天地たる移住先の南米で第二次大戦中に自殺している。従って、僕は、この作品の中心となる冒険談はナチスが生み出した現実の様々な悲劇が投影されていると理解するのである。

ところで、この作品の基本となる1932年の謎は全て解決し、アジアの恵まれない少年が大富豪になる理由も問題なく説明されているわけだが、実はその枠外に大きな疑問が残されている。つまり、エイブラハムが本当にあのベルボーイと同一人物なのか・・・ということである。
 冷静にご覧になった方ならこの疑問がお分かりになる筈で、1968−1932=36ということを考えるとどうも少年と老人は年齢が二十歳ほど合わない。人種的には合っているが、エイブラハム扮する老紳士はどう見ても計算が示す50代半ばには見えない。本当に死んだのはコンシェルジュだったのだろうか、という次第。

真相はかくも不明確である。アンダースンはこの実社会を全てが不確かな夢のように捉えて、作品を構築したような気がする。ツヴァイクの悲劇からかかるファンタスティックな寓話を生み出すアンダースンは正に異才と言うべきだが、やはり苦手意識は払拭できない。

"Ralph"はいつ“レイフ”になったんじゃ? 僕らが“ラルフ・リチャードスン”と言っていたかの名優も”レイフ”と言わなければならんのかのお。辞書に当たったら、両方とも正解でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
グランド・ブダペスト・ホテル
公式サイト。原題:The Grand Budapest Hotel。ウェス・アンダーソン監督。レイフ・ファインズ、F・マーレイ・エイブラハム、エドワード・ノートン、マチュー・アマルリック、シアーシャ・ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2015/03/16 09:54
『グランド・ブダペスト・ホテル』
□作品オフィシャルサイト 「グランド・ブダペスト・ホテル」 □監督・脚本 ウェス・アンダーソン□キャスト レイフ・ファインズ、F・マーレイ・エイブラハム、マチュー・アマルリック、       エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォー、ジェフ・ゴールドブ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2015/03/16 10:01
グランド・ブダペスト・ホテル ★★★★★
『ダージリン急行』などのウェス・アンダーソン監督が、格式高い高級ホテルを取り仕切るコンシェルジュと、彼を慕うベルボーイが繰り広げる冒険を描いた群像ミステリー。常連客をめぐる殺人事件と遺産争いに巻き込まれた二人が、ホテルの威信のためにヨーロッパ中を駆け巡... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/03/16 11:22
伝説のコンシェルジュ〜『グランド・ブダペスト・ホテル』
 THE GRAND BUDAPEST HOTEL ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2015/03/16 21:35
「グランド・ブダペスト・ホテル」
どうも好きじゃない雰囲気。 ...続きを見る
或る日の出来事
2015/03/23 08:56
グランド・ブダペスト・ホテル
終盤が駆け足。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2015/09/11 12:24
映画評「暮れ逢い」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年フランス=ベルギー合作映画 監督パトリス・ルコント ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2015/12/03 16:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
発音が微妙だと難しいですね。
アメリカ人に聞いたら、どちらでもいいよと言われた。

痛快に行ったらもっと面白かったんではないかと・・・・
早朝やっておりました『弾丸を噛め』は面白かったでありますね。
ジーン・ハックマン、キャンデス・バーゲン、ジェームス・コバーン・・・
懐かしい顔ぶれでありました。
ねこのひげ
2015/03/22 08:20
ねこのひげさん、こんにちは。

>発音
日本では発音が同じでも漢字が違うことが多いわけですが、僅かな違いとは言え、発音が違うのも何だか嫌でしょうねえ。

>『弾丸を噛め』
僕の少年時代のスターたちですね。
キャンディス・バーゲンは比較的最近まで拝見することがありました。相変わらず綺麗ではありましたが、少し雰囲気が変わっていてキャスト表を見て「おっ」ということが何度かありました。
フェー・ダナウェーも突然変わりました。化粧を変えたんでしょうね。
オカピー
2015/03/22 15:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「グランド・ブダペスト・ホテル」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる