プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ハミングバード」

<<   作成日時 : 2015/03/10 09:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 4

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2013年イギリス映画 監督スティーヴン・ナイト
ネタバレあり

アフガニスタンの戦闘で特殊部隊の軍曹だったジェースン・ステイサムは、個人的復讐の為に5人の敵兵士を処刑した罪で軍法会議にかけられている最中に脱走してホームレスになる。
 そこで知り合った少女(ヴィクトリア・ビューイック)と心を通わせるが、彼女を巡る町のチンピラとのいざこざから天窓を破って逃げ込んだアパートの一室で服とキャッシュカードを拝借して、世話になっている修道女アガタ・ブゼクにお金を渡す。ポーランド時代に体育教師の性的暴行にあって運命を変えられた彼女は憧れのバレリーナ最後の公演を見る為にお金をはたく。
 中国人マフィアの手下になって大金を稼ぎ始めた彼はアガタと精神的交渉を持つうちにホームレス少女が変態に殺されたことを知り、チンピラから聞き出した犯人像から真犯人を特定、彼女に一緒に観るよう誘われたバレエが行われている同じビルで進行中のパーティーに乗り込んで犯人を墜落死させる。やがて、彼は、アフリカへ旅立つアガタと一言交わした後ホームレスに戻っていく。

アクション映画として観ると甚だ物足りないはずだが、この作品にアクション映画として観なければならない必然性はなく、本質的には心優しき人物が、アフガニスタンでの戦闘による後遺症に悩まされ、その苦悩を少女や修道女との交流で解消しようとする一種の再生物語として観るように設計されている。限られたアクションはストーリーを進める上での要素にすぎない。従って、(前)妻を含めて三人の女性たちに見せる彼の真心が観客に伝えられればこの映画は成功である。
 その中心に位置するのが修道女で、彼女とは同病相憐れむような関係になっていき、ちょっとした思慕を交わすのだが、この二人の描写がなかなか爽やか、観ていて優しい(そして少し切ない)気持ちになってくる。戦争や戦争後遺症や性犯罪といった極めて現実的な要素を少なからず交えながらこうした後味を残しているのは殊勲と言っても良いくらい。

全般的には好もしい作品だが、細かい点で、ホームレスに還っていく彼が軍隊に追われることを示す幕切れは蛇足気味。また、軍法会議脱走と陸軍病院脱走という情報が出て来るのが良く分からない。どういうことでしょ?

昔似たような設定の作品を観たが、具体的に思い出せない。「あしながおじさん」のヴァリエーションと言えないこともないから、高倉健主演「冬の華」などは割合近いと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ハミングバード』
□作品オフィシャルサイト 「ハミングバード」□監督・脚本 スティーブン・ナイト□キャスト ジェイソン・ステイサム、アガタ・ブゼク、ヴィッキー・マクルア、       ベネディクト・ウォン、ジャー・ライアン、ヴィクトリア・ビューイック■鑑賞日 6月8日(... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2015/03/10 09:12
ハミングバード ★★★★
戦場で犯した罪を背負い身を潜めて生きてきた元特殊部隊の男が、ある出来事を機に復讐(ふくしゅう)の鬼と化していくクライムアクション。イギリス社会の暗部に迫る緊迫感あふれるストーリーを構築したのは、『イースタン・プロミス』などの脚本家で本作が初監督作となる... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/03/10 15:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
意外と思われるでしょうが、
ステイサムものは観てるのです。^^;
これ、よかったですね。
アクション&むちむちレディを
期待してらした単細胞陣営には
不評でしたでしょうが。(笑)
「冬の華」もそうですが、
ウォンビンの「アジョシ」でしたか、
訳ありやさぐれ者と一般人の心の交流、
定番ですけれど、いい話になりますよね。
「もう単純アクション男優はヤだ」って
言ってた「ダニー・ザ・ドッグ」の
ジェット・リーと同じでステイサムの
ホン選びもなかなか、と思います。

>軍法会議脱走と陸軍病院脱走という情報が・・

私も至極同感。(笑)
vivajiji
2015/03/10 13:14
vivajijiさん、こんにちは。

>意外
意外です^^
彼の主演するアクション映画は割合コンパクトですよね。そこが良いと思います。

>単細胞陣営
全くその通りみたいで、甘っちょろい映画に簡単に高得点(4点台)が出るYahoo!映画で何と2点台。ありえまへんがな(笑)

>「アジョシ」
佳作でしたね。
WOWOWが毎月韓国映画を特集していますが、殆どスルーです。
作りが一貫せず、大袈裟すぎるのに閉口してしまった結果です。
中には「アジョシ」のように良いものもあるのでしょうけどね。

>脱走
やはり。
僕も小説を書いた時主人公の名前が途中で変わったなんてドジもやりましたが、同じようなミスを脚本家がしましたか(笑)
オカピー
2015/03/10 21:47
なんでこれがアクション映画?でありますな〜
人間の内面にある苦悩を描いたいい映画でありますよ。
ねこのひげ
2015/03/16 02:07
ねこのひげさん、こんにちは。

>内面にある苦悩
突然ひらめきました。
お話は全然違いますが、「シベールの日曜日」のムードですよ、本作にあるのは。
あの作品も、主人公が戦争で傷んだ心を少女との交流で癒すお話でしたね。
幕切れは悲劇でしたが。
オカピー
2015/03/16 21:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ハミングバード」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる