プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「セッションズ」

<<   作成日時 : 2014/11/07 08:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 8

☆☆☆(6点/10点満点中)
2012年アメリカ映画 監督ベン・リューイン
ネタバレあり

ポリオによる身体障害者として15年ほど前に他界したマーク・オブライエンなるアメリカ人の少々変わった経験を描く実話ものである。

1988年、ポリオにより首から下が動かせない体になった38歳のオブライエン氏(ジョン・ホークス)が、親切で美人のヘルパー、アマンダ(アニカ・マークス)に惚れてプロポーズするが、今回もまた振られ、童貞とオサラバできない。が、新しい中国系ヘルパーのヴェラ(ムーン・ブラッドグッド)に励まされてセックス代理人なる女性シェリル(ヘレン・ハント)と交渉を持つことになる。感覚は人一倍ありながら筋肉が動かせない故の苦悩を理解した彼女と意見を交わしながら悪戦苦闘しつつながら最後の砦である性交に近づいていく。

映画を観る楽しみの一つに僕たちがよく知らない職業を知ることが出来るという点があると思うが、本作のセックス代理人はその典型的なもの。障害者にとっては必要なものかもしれません。

さて、映画としての出来栄えは、些か実務的な嫌いがないでもないものの、主人公が相談相手の神父(ウィリアム・H・メイシー)に告白する部分と、一種のセラピストであるシェリルが彼の言動を分析して記録する部分とが半ば対話のように構成されることにより映画的な面白味が生まれている。これが僕が一番良いと思った点であるが、障害者だからと言ってお涙頂戴にしたり、問題作扱いにしなかった作者側(監督はリューイン)の態度が世間的には認められたようだ。

ジョン・ホークスとヘレン・ハントは熱演で、ムーン・ブラッドウッドの落ち着いたヘルパーぶりも印象に残る。

性交に成功・・・なんて久しぶりのダジャレでござる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
セッションズ ★★★.5
 障害者の性を真正面から取り上げ、数々の映画賞に絡んだ感動のコメディ・ドラマ。実話を基に、重度の障害を持つ男性と、彼の童貞喪失の相手をプロフェッショナルとして引き受けるセックス・セラピストの女性との心の交流を赤裸々にしてユーモラスな筆致で綴る。主演は「... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2014/11/07 18:40
セッションズ
この画像を最初見たとき、 ショートカットの女性が微笑んで横たわっているのかと思いました。 ↓この男優さんだったのですね〜^^ 役柄によってこんなにも優しい表情になれる。 ... ...続きを見る
映画と暮らす、日々に暮らす。
2014/11/08 16:53
『セッションズ』
(原題:The Sessions) ...続きを見る
ラムの大通り
2014/11/22 19:00
セッションズ
セッションズ [DVD](2014/06/11)ジョン・ホークス、ヘレン・ハント 他商品詳細を見る 【THE SESSIONS】 制作国:アメリカ  制作年:2012年 ...続きを見る
miaのmovie★DIARY
2015/01/07 13:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
障碍者相手のセックス請負人もいるというのが、まことしやかにネットに乗っておりましたが、どうですかね?
必要と言えば必要なんでしょうがね。
ねこのひげ
2014/11/08 17:42
ねこのひげさん、こんにちは。

日本の場合は売春業なんでしょうかね?
本作でも「売春婦とどこが違うのか」という台詞がありましたが、僕にはちゃんとしたセラピストに見えました。
オカピー
2014/11/08 19:02
これは 去年 ツタヤでレンタルで見ました。

もし ボクが マークのような障害を持った体だったら ・・・
はっきりいって セックスどころか 外に出るのもイヤでしょうね。  

 町を颯爽と歩く人の群れを見るだけで
「みんな自分の足で歩いてるのに オレは ストレッチャーがないと 散歩もできない・・・」 悲観してますね。

>性交に成功・・・なんて久しぶりのダジャレでござる。
オカピーさん いいっスねえ

 オカピーさん、じゃあ ボクも

”ヘレンハントのおっぱいに 乾杯”
いや〜 すばらしい裸体でした^▽^
オカピーさんに 「ボディダブル」で コメントしたように 小学生の頃に見たときのような感動がふたたび (じゃねえわ、スケベ根性が燃焼したわい!) 

zebra
2015/01/11 00:52
zebraさん、こんにちは。

昨年は一年を通して大変でしたので、ダジャレを言う気分でもなかったわけです。
年末になって体調が大分戻ってダジャレの一つくらい言っても良い気分になりました。

去る十月、僕もあの世行きかと悲観するほど急に体調を崩しましたが、この映画を観てこういう生活をしている人を見るとそうめげることもないと思わされましたね。

>ヘレン・ハント
なかなか良い女優さんでしてね。
ボディ・ダブル(代替え)を使っても良かったでしょうに、根性ありますです。
スケベは生きる糧でしょう(笑)
僕はスケベはもう卒業しました・・・はは。
オカピー
2015/01/11 19:47
>去る十月、僕もあの世行きかと悲観するほど急に体調を崩しましたが
そうだったんですか・・・
ボクも 去年 7月に 夜勤で 始業20分くらいで 急にめまいに襲われてしまいました。 気持ち悪さで何回かトイレに駆け込んで 作業従事はムリと、救急受け入れの病院に連れていってもらい 血圧を計測してみたところ 180−102と とんでもない数値でした。

メヌエルでした。発病して一週間は安静して 耳鼻科に通院する一週間でしたね。

先生から あまり間食やアルコール、タバコ 肉類とか 油濃いものはひかえるようにと・・・

ボク タバコとアルコールはそうでもないんですが 肉類や間食は よく食べてたもんですから・・・で、野菜、もずく あまり好きじゃないでしたから。

先生も「食生活の不摂生で 脳の血管が切れて 腕がヨレヨレになったら おしまいだよ 仕事できなくなるよ」と警告されました。

自分もいつまでも若いと思って不摂生してたら ツケがくることを痛感させられました。
体調管理は自分の責任。誰も代わってくれない。僕も他人事じゃありません。


zebra
2015/01/11 21:44
zebraさん、こんにちは。

詐欺事件、雪害による家の破損、その工事中に起きた二次災害等々による心労とストレスに、十月に胃が悲鳴を上げたようです。食べれば吐くか下痢の繰り返しでした。
また、五月くらいから腹部に軽い痛みがあり何か月も続いているのですっかり癌と思いこんで、食道・胃・大腸を見て貰いましたが、特に異常なし。
それでも小腸癌の可能性もあるだろう(極めて少ないとのこと)と、県内でも二、三か所しかない検査の出来る病院に行こうかと考えましたが、家人に「大丈夫」と説得されて現在に至っています。

2009年に膵炎を患った時59kgあった体重がその時点で41kgまで減りましたが、最近は4〜5食に増やすことでカロリーを増やしておよそ44kgまで戻りました。大量の脂肪は摂ってはいけな慢性膵炎ですので、体重を増やすのは専ら炭水化物とタンパク質。為に50kgまで戻すのはもう無理と諦め、45kg前後で満足しないといけないでしょう。

その十月末には左胸が痛んで呼吸が止まりそうになりました。「すは、心筋梗塞!?」と思って救急車を呼び、病院で診て貰ったら「何でもありません」。
どうも食道と胃が繋がっている部分が食事が原因で痛みを発したようです。
その時の血圧は190−110くらいでしたが、これは吃驚して上がったようです。

いずれにしても、若い時と同じようには行かないので、お互い気を付けないといけませんね。
オカピー
2015/01/12 19:09
おひさしぶりです  オカピーさん
ど〜でもいいコトなんスけど コメントしても よかですか。

納得いかんコトが あるんですよ。ヘレンハントのヌードが目当てで amazonで 購入しようかなとDVDとブルーレイを調べたんです。

そしたらブルーレイのみの特典収録で 監督や出演者たちのインタビュー、未公開シーンを収録されてるんですよ。

なんだこれ!この手の特典は DVDでも ふつうに収録されるだろうが(`Щ´)

体に障害があっても健常者と同じく「性の喜び ふれあい」をテーマにした人間ドラマなのに  特典収録に関しては DVDとブルーレイディスクで 差別しやがったわ。気に入らん
zebra
2016/06/18 23:55
zebraさん、こんにちは。

よかですよ^^

>ヘレンハントのヌードが目当てで
ストレートやなあ^^

>この手の特典
それはけしからん!
ブルーレイのほうが単価が高いからっちゅうんでしょうけどねえ。
僕は今ならブルーレイしか買いませんが、死んだ時のことをもう10年以上ソフトは買っていないですよ。保存用のブランク・ディスクは買っていますけど。
オカピー
2016/06/19 19:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「セッションズ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる