プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「モンスターズ・ユニバーシティ」

<<   作成日時 : 2014/11/19 10:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

☆☆☆(6点/10点満点中)
2013年アメリカ映画 監督ダン・スカンロン
ネタバレあり

アメリカのアニメには辛口になることが多い中2001年にピクサーが作った「モンスターズ・インク」は大いに気に入った。早いものでそれから12年経ち、一時の勢いを失っているピクサーが起死回生を狙ってその前日談をこしらえた。さほどオリジナル音声に拘る必要のないアニメなので、スケジュールの都合上、日本語吹き替え版で観る。

一つ目で緑色の怪物マイクは、子供を怖がらせてそれをエネルギーに変える会社モンスターズ・インクに憧れて少年時代から日夜勉学に励み、その入社への近道と言われるモンスターズ・ユニバーシティの“怖がらせ学部”に入学するが、その愛くるしい容姿から全然怖がられない。しかし、何かと比較される名門一族出身のサリーも結局は落ちこぼれの正体を現し、二人とも学長から学部不適正とダメ出しされ別の学部へ転部する羽目になる。
 ここからマイクは反骨精神を発揮、グループ対抗の“怖がらせ大会”に参加して優勝したら学部復帰させるように学長に迫る。かくして始まった最下位のチームが次々と脱落していくルールの中奇跡的に勝ち残り、遂に最終の怖がらせシミュレーション対抗に至る。

「インク」の記憶もおぼろげなので、それに基づいて楽しむというわけには行かないのだが、新味があり、台詞が五月蠅すぎずテンポが良いといった理由から気に入ったと記憶する第一作にはどうも及ばない。基本的にはアメリカン・アニメの型に沿った展開ぶりで面白味が足りないのである。

ところが、終盤その型を破る展開が待っていて評価を上げたくなった。つまり、単純なタイプのアメリカン・ドリームの否定である。実写でもアメリカの大衆映画では余りないし、まして子供を主なターゲットにしている筈のアニメでこの展開は考えにくいと言うべし。
 ただ、全体の知恵の絞り方において、先日観たディズニーご本家の「シュガー・ラッシュ」に及ばない。

一時より減ったとは言え、僕らが子供の頃に比べれば洋画のアニメ公開はまだまだ多いよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
モンスターズ・ユニバーシティ/ビリー・クリスタル
大ヒットを記録したディズニー・ピクサーの人気アニメ『モンスターズ・インク』のシリーズ第2弾は前作の前日譚にあたる物語です。マイクとサリーの大学生時代を舞台に二人の出会 ... ...続きを見る
カノンな日々
2014/11/19 11:03
『モンスターズ・ユニバーシティ(字幕版)』
□作品オフィシャルサイト 「モンスターズ・ユニバーシティ」□監督 ダン・スキャンロン□脚本 ロバート・L・ベアード、ダニエル・ガーソンダン・スキャンロン□キャスト ビリー・クリスタル、ジョン・グッドマン、スティーブ・ブシェーミ、ヘレン・ミレン、 ピータ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2014/11/19 12:11
モンスターズ・ユニバーシティ
(2013/ダン・スカンロン監督・共同脚本/声:ビリー・クリスタル=マイク、ジョン・グッドマン=サリー、ヘレン・ミレン=ハードスクラブル学長、スティーヴ・ブシェミ=ランディ、アルフレッド・モリナ=ナイト教授/声(日本語):田中裕二=マイク、石塚英彦=サリ... ...続きを見る
テアトル十瑠
2014/11/20 10:44
モンスターズ・ユニバーシティ ★★★.5
ピクサー・アニメーションの人気作「モンスターズ・インク」(2001)の12年ぶりとなるシリーズ第2作。学生時代のサリーとマイクがいかにして出会い、怖がらせ屋のコンビを結成することになったのかを描く。幼い頃から怖がらせ屋になることを夢見ていたマイクは、努力の果... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2014/11/20 17:39
『モンスターズ・ユニバーシティ』('13初鑑賞61・劇場)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 7月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:40の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2014/11/25 21:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>終盤その型を破る展開が待っていて評価を上げたくなった

僕も、怖がらせ大会の予定通りの結末で★二つ程度かなぁと思っていたら、型破りのどんでん返し、更には2段構えの粘りの展開が続いて★ひとつ追加になりました。
十瑠
2014/11/20 16:03
たしかに、1作目には及びませんでしたがなかなか楽しめましたね。
そうきたか!というどんでん返しがよかったです。
頑張ってほしい物です。
ねこのひげ
2014/11/20 17:41
十瑠さん、こんにちは。

十瑠さんも同じような敬意を辿ったようで、僕も安心しました^^
☆☆☆★(7点/10点満点中)でも良かったですかね。
オカピー
2014/11/20 19:33
ねこのひげさん、こんにちは。

アニメに関しては、僕らのハードルが上がっているのか知れませんね。
実写映画では下げていると思いますが(苦笑)。
オカピー
2014/11/20 19:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「モンスターズ・ユニバーシティ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる