プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「シュガー・ラッシュ」

<<   作成日時 : 2014/11/14 10:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 2

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2012年アメリカ映画 監督リッチ・ムーア
ネタバレあり

僕はコンピューター・ゲームは一切しない人間である。大学時代に始まったインベーダーゲームもやったことがない。やったことがあるのはパソコンに内蔵されているトランプくらいだ。

本作は実在するゲームのキャラクターたちが多数登場する仮想現実もののヴァリエーションであるが、仮想現実と実際の現実を巧みに結び付けて大いに感心させられた「“アイデンティティ”」(2003年)に迫る出来栄えと言うべし。

“フィックス・イット・フェリックス”というゲームの中で壊し屋役として30年間も嫌われていることにうんざりしているラルフ(声:ジョン・C・ライリー)という悪役がヒーローが貰えるメダルを獲得をするのに躍起となり、自分が属するゲームの外に出る。
 ゲームのキャラクターが外に出るという発想がまず新しい。

しかし、彼は“ヒーローズ・デューティーズ”というゲームの中でヘマをやらかしてバグ(ご存知のように元来は虫の意味)を孵らせてしまう。ラルフの壊したものを修復する役目のフェリックス(声:ジャック・マクブレイ)が彼を探すうち“ヒーローズ・デューティーズ”の女性軍曹カルホーン(声:ジェーン・リンチ)と知り合い、行動を共にすることになる。
 一方、ラルフは“シュガー・ラッシュ”というお菓子の国を舞台にしたゲームの世界に移動し、何としてもレースに参加したい少女ヴァネロペ(声・サラ・シルヴァーマン)の為にお菓子でレーシングカーを作ることになる。
 壊し屋のラルフが物を作るというアイデアは彼の善性の象徴となっていて秀逸である。

この後色々ゴタゴタがあり、バグに冒されたキャラクターと思われたヴァネロペの正体が判明して劇的な展開を見ることになるが、ストーリーの展開・収束が巧みで退屈させない。

それ以上に僕が感心したのは「“アイデンティティー”」とまでは行かないものの現実の世界と関連付けることにより仮想現実上の展開が有機的な意味を持ち、感情移入を生むことに成功にしていることである。所謂“仮想現実もの”の大半がその点に失敗にしていることを考えれば、見た目の面白さ以上に評価したいものがあると思う次第。

細かいところでは、作られた時代によってゲームのキャラクターでは解像度や動きが違うというマニアックな点も注目される。

1980年代以降のディズニーご本家の作品を余り評価してこなかった僕としては久しぶりの“買い”であります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シュガー・ラッシュ ★★★★
ヒーローになりたいと願うゲームの悪役キャラクターが、少女とゲームの世界を救うため活躍する姿を描く3DCGアニメ。 ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2014/11/14 10:44
シュガー・ラッシュ 2D 吹替版/同時上映『紙ひこうき』
ゲームの世界の住人たち、その中で嫌われ者となる悪役キャラを主人公にして世界を救うために活躍する姿を描いたディズニー映画の3DCGアニメ・アドベンチャー・ムービーです。設定か ... ...続きを見る
カノンな日々
2014/11/14 17:39
ヒーローになりたい!/壊し屋ラルフ〜『シュガー・ラッシュ』 【2D・吹替え版】
 WRECK-IT RALPH ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2014/11/15 08:39
『シュガー・ラッシュ』
(原題:Wreck-It Ralph) ...続きを見る
ラムの大通り
2014/11/22 19:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ねこのひげは、ゲームはけっこうやりましたが、パターンがわかるようになると急速に冷めてしまいました。
発想がいいですね。
マニヤックに受けますね。
ねこのひげ
2014/11/16 10:53
ねこのひげさん、こんにちは。

>パターン
ありそうですね。小説や映画でもそういうものですから。

仮想現実ものは好きではないですが、上手く作れば面白くなります。「“アイデンティティー”」は、その点、凄かった。
オカピー
2014/11/16 15:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「シュガー・ラッシュ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる