プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「2ガンズ」

<<   作成日時 : 2014/09/22 11:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2013年アメリカ映画 監督バルタザール・コルマウクル
ネタバレあり

いやはや、二日続けてメキシコの麻薬マフィア絡みとは恐れ入りました。しかし、作り方は対照的で、昨日の「悪の法則」が気取りまくって失敗したのに対し、こちらはごく大衆的に陽気に作っているので、素材的に古い印象でもう一つ魅力に欠けていてもそれなりに楽しめる。

銀行強盗を企むデンゼル・ワシントンとマーク・ウォールバーグの黒白二人組が相談していたドーナッツ店に火を放って爆破させる。後日まんまと強盗に成功した二人は、盗んだ金が想定の十数倍であることに驚く。砂漠でウォールバーグは相棒の肩を撃って大金を持ち逃げ、彼が所属する海軍の上官の許に届ける。
 ワシントンはメキシコ麻薬マフィアのお金を盗んで組織をつぶす腹積もりの麻薬捜査官だったのであるが、推理を働かせて彼を追いかけて来たマフィアの親分エドワード・ジェームズ・オルムス曰く「その金の大部分はCIAの持ち分である」と。

CIAも海軍も麻薬捜査局も碌なものじゃないというお話で、二人やお金の持ち主の正体がお話が進むに連れて明らかになる、というだけでは大して面白くないが、そうした“秘密”が絡み合いコン・ゲーム的な要素が生まれてややこしくなることで劇画的な面白味に昇華するのである。
 アクションの見せ方を含め「まるで劇画のようだな」と思っていたら、原作がスティーヴ・グラントなる人の劇画とのことで、納得した次第。

1970年代前半は、犯罪映画と言えば、マフィアに麻薬にCIAと相場が決まっていたが、その時代を思い出す。アクション場面の処理も比較的じっくりで70年代風味。さすがに、あの時代はまだ黒白コンビを見るには遠かった。

一方、アイスランド出身の監督バルタザール・コルマウクルは本来大衆映画志向の監督ではないと思われるので、同じくウォールバーグ主演で作った「ハード・ラッシュ」以上にアクションに特化した作品を作らせられた印象。このままアメリカでこの手のお気楽な大衆映画を専門とする監督に終わってしまうとしたら残念な才能かもしれない。戦前渡米した欧州の名監督の大半はアメリカで才能を無駄にしたのが映画史的事実である。

素材的にも表現方法にももう新機軸はないのかもね。寧ろ昔の映画の方が新鮮味があるくらい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2ガンズ ★★★★
デンゼル・ワシントンとマーク・ウォールバーグが初共演し、麻薬組織やCIAの裏に隠された陰謀を描くサスペンスアクション。麻薬取締官ボビーと海軍情報部将校マーカスは、互いの正体を知らないまま、メキシコの片田舎で潜入捜査にあたっていた。2人は麻薬組織から4000万ド... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2014/09/22 13:41
2ガンズ/デンゼル・ワシントン
デンゼル・ワシントンとマーク・ウォールバーグの主演で40億円もの大金を巡る麻薬取締局、海軍情報部、CIA、マフィアの四つ巴の熾烈な攻防を描いたアクション・ドラマです。監督は ... ...続きを見る
カノンな日々
2014/09/22 22:07
『2ガンズ』
□作品オフィシャルサイト 「2ガンズ」□監督 バルタザール・コルマウ□原作 スティーブン・グラント□脚本 ブレイク・マスターズ□キャスト デンゼル・ワシントン、マーク・ウォールバーグ、ポーラ・パットン、        ビル・パクストン、ジェームズ・マース... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2014/09/23 15:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これはこれでよかったですけどね。
CIAとかレトロなネタですね。
大量に映画を観ているからかもしれませんね。
新鮮な魅力的な映画に出会わないですね。
致し方ないですけどね。
逆に、たいして観てもいないのに、けなしまくるコメントもどうかと思いますけどね。
ねこのひげ
2014/09/23 06:13
ねこのひげさん、こんにちは。

僕の青春時代のアクション映画のような気分があって、割合楽しめました。
新味がなくても、WOWOWで観るなら十分です。
僕は観すぎました。2000年くらいまでは新しい映画を観ないといけないという強迫観念がありましたが、5年くらい前から殆どなくなり、今はもう敢えて観なくても良いかなという気になっています。

>たいして観てもいないのに
こういう輩もいますよ。悪口を言うのが楽しみなんでしょ(笑)
オカピー
2014/09/23 20:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「2ガンズ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる