プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「スター・トレック イントゥ・ダークネス」

<<   作成日時 : 2014/07/27 10:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 7 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2013年アメリカ映画 監督J・J・エイブラムズ
ネタバレあり

旧シリーズが終って何年も経たないうちにリメイクという安易さが気に食わないものの、新シリーズ第一作は旧シリーズよりスマートでなかなか面白かった。本作は、旧シリーズを生かして換骨奪胎するという発想が「マン・オブ・スティール」と似た印象のある第二作である。

西暦23世紀、惑星探査中に重大な規律違反を犯したカーク艦長(クリス・パイン)は責任を問われてエンタープライズ指揮の任務を解かれて副長に降格される。その審問会を兼ねたテロ対策会議の最中に野望を抱く謎の人物カーン(ベネディクト・カンバーバッチ)が攻撃を加えた後、惑星クロノスへ逃亡するという緊急事態になった為に艦長に復帰したカークは、自ら向かった現場でカーンの恐るべき戦闘能力に驚く。しかし、奸智にたけたカーンはわざと降伏してエンタープライズに乗り込む。そこへカーンを処分したいマーカス提督(ピーター・ウェラー)から思わぬ攻撃を食らった為、カークは“敵の敵は味方”という発想で提督に歯向かうが、勿論、最終的にカークとカーンは対決することになる。

このシリーズの面白さは副艦長のバルカン星人ミスター・スポック(ザカリー・クイント)との論理性とカークの感情的人間性との対立にあり、本作ではスポックの任務・規律優先の論理性も友情や人情の前に瓦解することがあるというドラマ部分が一応楽しめる。
 ただ、第一作がそうしたドラマ部分とアクション部分とがバランス良く構成されていたのに対し、今回はドラマ部分が些かくどく感じられ、また、寄る年波で年々衰えるわが脳細胞ではアクションを繋ぐストーリー自体に一回ではよく理解できない部分があって大衆娯楽作品としての純度が少々落ちる気がする。しかし、カークではなくスポックが死んでしまう旧シリーズ第二作「カーンの逆襲」よりは多少面白い。と言ってもかの旧作の詳細は忘却の彼方ですがね。

監督は前作に引き続きJ・J・エイブラムズで、アクションの見せ方が「マン・オブ・スティール」よりぐっと一般的で大分見やすい。この製作者上がりの監督を僕は少し買っている。

最近のWOWOWは特集が多い。特集が多いと、見たい作品が減りがちになる。七月はそれが顕著だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スター・トレック/イントゥ・ダークネス
心地の良い軽さとワクワクを満喫。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2014/07/27 11:38
スター・トレック イントゥ・ダークネス
と言うよりダークナイト・イン・スタトレ 公式サイト。原題:Star Trek Into Darkness。ジーン・ロッデンベリー原作、J・J・“じぇじぇ”エイブラムス監督。クリス・パイン、ザカリー・クイ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2014/07/27 12:55
スター・トレック イントゥ・ダークネス
立衿ロングコート翻しそのりりしきお姿に改めてうっとり、 今が旬、ベネディクト・カンバーバッチ。 ただ彼が観たくて観て参りました本作。^^ 09年にあったらしい「スター ... ...続きを見る
映画と暮らす、日々に暮らす。
2014/07/27 16:49
スター・トレック イントゥ・ダークネス★★★★
前作に引き続きJ・J・エイブラムスが監督を務め、クリス・パインやザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナらも続投するSFアクション大作の続編。謎の男によって混乱にさらされる地球の命運に加え、カーク船長率いるUSSエンタープライズ最大の危機を活写する。冷酷な悪役を... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2014/07/27 20:00
「スター・トレック イントゥ・ダークネス」
いやあ、アリス・イヴさんって、ナオミ・ワッツさんみたいだ。 ...続きを見る
或る日の出来事
2014/07/27 22:51
スター・トレック イントゥ・ダークネス IMAX-3D/クリス・パイン
前作『スター・トレック』の公開からはもう4年以上も経っているんですね。つい先日観たばかりとは言いませんが、もうそんなに経ってるんだなぁという印象です。この世界、4年もた ... ...続きを見る
カノンな日々
2014/07/28 08:46
スター・トレック イントゥ・ダークネス
人類最大の弱点は、愛だ。 原題 STAR TREK INTO DARKNESS 製作年度 2013年 上映時間 132分 監督 J・J・エイブラムス 出演 クリス・パイン/ザカリー・クイント/ゾーイ・サルダナ/ベネディクト・カンバーバッチ/ジョン・チョー/サイモン・ペッグ/カール・アーバン/ピータ... ...続きを見る
to Heart
2014/07/28 22:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
スタートレックというのは、いつも途中まではなにごとかというぐらい大げさなんですが、ラストのオチがしょうもなくてガッカリさせられるんですよね。
特集とかは手抜きではないかと思うんですよね〜(*_*)
ねこのひげ
2014/07/28 02:47
ねこのひげさん、こんにちは。

TVシリーズはスペース・オペラの定番だったのでしょうが、「スター・ウォーズ」を見た後では野暮ったく見えましたしね。最初の映画シリーズも余り面白くなかったなあ。その点この新シリーズの方がうまく作られているように思いますが、また延々と作られるとしたら辟易するかもです^^;

>特集
放映権の問題があり、こちらが思うような放映や気の利いた特集ができないのは充分承知しておるつもりですが、興味のない特集の場合本当に困るです。
「スター・トレック」全作を放映するのはファンなら嬉しいでしょうけどねえ。
オカピー
2014/07/28 21:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「スター・トレック イントゥ・ダークネス」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる