プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「エンド・オブ・ウォッチ」

<<   作成日時 : 2014/07/11 12:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 2

☆☆★(5点/10点満点中)
2012年アメリカ映画 監督デーヴィッド・エアー
ネタバレあり

モキュメンタリー恐怖映画の手法を応用した警察映画である。

映画は戦前からリアリティを目指してきたが、それを阻んできたのは観客の大衆的娯楽性への希求であったと思う。最近は逆で、観客がやたらにリアリティを求めるので、作者側がPOV(主観ショット)映画やモキュメンタリーという手法でこれに応えてきたが、ここにインチキがある。
 カメラが揺れれば即ち現実的であるという観客の錯覚を利用した姑息な手法に過ぎない。さもなくば「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」以降の、揺れる小汚い画面を垂れ流しているだけで怖くも何ともない作品が「怖い」と思われて評判を取る現象の説明がつかない。

本作の眼目はアメリカの中でも暴力的な犯罪が多発している地区(ロサンゼルスのサウスセントラル)をパトロールしている警官たちの日常をリアリティたっぷりに見せるということである。その狙いは見事に成功、ドキュメンタリーを観ている錯覚に陥る。

しかし、映画文法的に見ていくと、気になる点がある。
 脚本と監督を担当したデーヴィッド・エアは、その狙いを実現するために、“揺れる画面”=”現実的”という公式を利用する。そこで主人公の一人であるジェイク・ギレンホールが試験の為に常にカメラを回しているという基本設定を考える。ところが、後半彼と相棒マイケル・ペーニャの二人が銃撃戦に関与する場面では誰もいないはずなのにいかにも主観ショットのように撮られている。犯罪者側も同じ。そこに若干の無理が出る。
 全編揺れるカメラを貫徹するためにギレンホールの人物設定を考えたのだろうから、バランスの問題を別にすれば、トーンの一貫性という意味で間違っていない以上、こういう作りが成り立たないわけではない。ならば、場面と場面との間にごく一般的なエスタブリッシング・ショット(環境説明ショット=最近は場面の繋ぎに使うケースが多く、事実上の捨てショット)を置くのはどう説明したら良いのだろうか。トーンを一貫させようとしていると思われる部分と思われない部分とが同居して、僕のように映画文法的に見ることの多い人間には首をかしげざるを得ないのである。

しかし、世間の評判は頗るヨロシイ。この迫真性に多くの人が脱帽したということだ。これに対し僕は少し疑問を呈したい。
 リアリティは重要であるが、こういう見にくい画面と引き換えにするのはどうか。リアリティを追うにしても、カメラの扱い方以外の部分による内容や演技の迫真性でこそ見せるべきであろう。昔、一部の映画人がリアリティを求めたのは映画の中で余りにひどい嘘がまかり通って来たからである。しかし、ここまでメジャー映画が来た今、逆に“上手く嘘を付くのも映画”という考えがもっと重視されて良い。

こちらは台風は無事過ぎたようです。皆様のところは如何ですか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エンド・オブ・ウォッチ ★★★
『トレーニング デイ』の脚本家デヴィッド・エアーが監督を務め、全米でスマッシュヒットとなったポリスアクション。世界で最も危険な街、LAのサウスセントラルを舞台に、制服警官たちのハードな日常を描く。10代をこの地で過ごし、実態を知り尽くした監督ならではの独... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2014/07/11 15:50
『エンド・オブ・ウォッチ』
(原題:End of Watch) ...続きを見る
ラムの大通り
2014/07/17 13:21
エンド・オブ・ウォッチ (End of Watch)
監督 デヴィッド・エアー 主演 ジェイク・ギレンホール 2012年 アメリカ映画 109分 ドラマ 採点★★★★ 事件と鉢合わせした刑事が草々に犯人を追跡し、激しい銃撃戦を展開した後に犯人射殺。または、市民からの通報で現場に駆けつけた刑事がその足で捜査を開始し… ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2015/04/27 08:38
「エンド・オブ・ウォッチ」(2012年、アメリ...
「エンド・オブ・ウォッチ」(原題:EndofWatch)は、2012年公開のアメリカのポリス・アクション映画です。ヒスパニックや黒人のストリート・ギャングの抗争が絶えず、アメリカで最も危... ...続きを見る
楽天売れ筋お買い物ランキング
2015/06/06 01:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ぶれる画面ではなくリアリティを出して欲しいものであります。
うまくウソをつくで思い出しましたが、『フラッシュダンス』のあのダンスシーンは、ジェニファーが踊っているのではなく、男のダンサーが踊っているそうであります。
こういうのをうまい嘘というのでありましょうね。

台風8号は巻頭には影響はなかったようでありますね。
他の地方では酷かったところもあるようで・・・
お悔やみ申し上げます。
ねこのひげ
2014/07/13 06:37
ねこのひげさん、こんにちは。

>男のダンサー
スタントは一種のSFXと思っていますが、SFXは映画的な嘘ですよね。
お話の方も、冷静に考えればありえんよと思うものも終わってからそう思うのは良い映画、観ている間にそう思わせたらダメな映画、と思います。

>台風8号
人間はとりあえず、自分と身内が安心ならホッとしてしまうんですよね。
他人のことを心配できる余裕のない人も多いのでしょう。
オカピー
2014/07/13 19:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「エンド・オブ・ウォッチ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる