プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「真夏の方程式」

<<   作成日時 : 2014/05/09 11:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 2

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2013年日本映画 監督・西谷弘
ネタバレあり

人気作家・東野圭吾「ガリレオ」シリーズの映画化「容疑者Xの献身」が存外良かったので、原作を読んでみたら、映画より純度が高くさらなる感銘を覚えた。本作は同じく西谷弘監督による「ガリレオ」シリーズ第2弾である。

物理学者・湯川学(福山雅治)が説明会に参加するため海底鉱物開発を巡って賛成派と反対派で揺れる風光明媚な玻璃ヶ浦を訪れ、宿泊する旅館“緑岩荘”で苦手なはずの子供・恭平(山崎光)と親しくなり、少年の理科嫌いを治そうと彼をペットボトル・ロケットを使ったちょっとした海底探索を味わせる実験に連れ出す。案の定少年は実験に夢中になる。
 開発反対派のリーダー的存在の川畑成美(杏)は経営者夫婦(前田吟と風吹ジュン)の娘で、少年の従姉である。同じ日に泊まった塚原という元刑事(塩見三省)が海岸で死体で発見されると“緑岩荘”はにわかに慌ただしくなり、死因と特定された一酸化炭素中毒を部屋で再現できないため知り合いの女性刑事・岸谷(吉高由里子)により湯川は解明を求められ、並行して捜査及び調査が進むうちに15年前の女性殺人事件と関連が深いことが判って来る。

「容疑者Xの献身」と似た要素が多い。特に殺人をめぐる真犯人設定は極めて似ているし、その秘密を守る為に別の事件が起こるのも同様。献身的に尽くす人物が出て来るのも似ている。違うのは献身的に尽くす人物と別の事件を起こす人物が別人であるということ、それによりさらに別の人物(少年)が知らないうちに事件に巻き込まれてしまうという辺りである。

トラウマを抱えて生きていくことになるであろう少年を守る為に湯川は真犯人を警察に教えず、自首も認めない。この部分が倫理的に認められないという人もいるようだが、そもそも人間は弱くて愚かなものであり、その人間の営む社会には大きな矛盾が横たわり、それを描くのが小説であり、映画である。倫理中心にお話を構成するとそれを鮮やかに描けないことがまま出て来る。
 逮捕されるのが倫理的なのかもしれないが、塀の外で少年を見守って生きていくことの方が真犯人にとってある意味服役することより厳しいのではないか。一般的な倫理観や法律だけに基づき小説が書かれ、映画が作られるのであれば、我々は人間の原罪に触れることが難しくなる。最近の日本社会に跋扈しているように見える善悪二元論は非常に危うい考えである。

多分に「容疑者X」のほうが華美であり、魅力には富む。
 この第二弾は湯川の性格が大分平均的人物に近づき、岸谷刑事も珍しく比較的真面目に観ていたTV最新シリーズと比べると変人ぶりが極めて希薄になっているので、印象が頗るオーソドックス。映画としては必ずしもプラス材料ではないものの、結果的に非常に見やすい作品になっている。「相棒」が映画版になるといつも風呂敷を広げすぎてお話が明らかに破綻してしまうのに比べると安定感が高い。詰めて行けばディテイルに粗(あら)はあるが、大衆映画としては許容範囲であろう。

殺人は出てくるけれど、残忍な描写になっていないのが精神衛生上良いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
真夏の方程式
揺れ動く。落ち着く。寄り添う。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2014/05/09 11:42
『真夏の方程式』
□作品オフィシャルサイト 「真夏の方程式」 □監督 西谷 弘□脚本 福田 靖□原作 東野圭吾□ キャスト 福山雅治、吉高由里子、山崎 光、北村一輝、杏、風吹ジュン、前田 吟        西田尚美、田中哲司、塩見三省、白竜、永島敏行 ■鑑賞日 7月7日(日)■... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2014/05/09 12:31
『真夏の方程式』/2回目
□作品オフィシャルサイト 「真夏の方程式」 □監督 西谷 弘□脚本 福田 靖□原作 東野圭吾□ キャスト 福山雅治、吉高由里子、山崎 光、北村一輝、杏、風吹ジュン、前田 吟        西田尚美、田中哲司、塩見三省、白竜、永島敏行 ■鑑賞日 7月26日(土)... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2014/05/09 12:33
真夏の方程式/福山雅治、吉高由里子
東野圭吾さんの人気ミステリー小説を福山雅治さんの主演でTVドラマ化して大ヒット「ガリレオ」シリーズの劇場版第2弾です。監督は前作『容疑者Xの献身』に引き続いて西谷弘さんがメ ... ...続きを見る
カノンな日々
2014/05/11 08:24
真夏の方程式  ★★★★
東野圭吾の小説が原作のテレビドラマ「ガリレオ」シリーズの劇場版第2弾。とある海辺の町を訪れた物理学者・湯川学が、そこで起きた殺人事件の悲しい真相に直面する姿を、一人の少年との出会いを絡めて描く。テレビ版と前作に続いて福山雅治が主演を努め、子どもが苦手な... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2014/05/11 14:34
真夏の方程式〜杏いじられまくり
公式サイト。東野圭吾原作、西谷弘監督。福山雅治、吉高由里子、北村一輝、杏、山崎光、風吹ジュン、前田吟、田中哲司、塩見三省、白竜、西田尚美。「容疑者Xの献身」に続くガリレ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2014/05/11 15:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
東野さんとか海外でも認められるミステリー作家が出てきたことは喜ばしいことですね。
若手の映画関係者も頑張ってほしい物であります。
ねこのひげ
2014/05/10 05:56
ねこのひげさん、こんにちは。

一作しか読んでいませんが、かなり気に入りました。人気があるので、図書館に頼っているとなかなか借りられないのですが、そのうち空くだろうということで(笑)
オカピー
2014/05/10 20:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画評「真夏の方程式」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる