プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「きいろいゾウ」

<<   作成日時 : 2014/03/04 11:05   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 5 / コメント 3

☆☆★(5点/10点満点中)
2012年日本映画 監督・廣木隆一
ネタバレあり

原作を書いた西加奈子なる人物は人気作家なのですか。紀元前10世紀から1970年くらいまでの作家なら洋の東西を問わず人後に落ちない知識を持つと自負する(その専門家には勿論勝てない)僕も新しい作家はとんと知らない。その彼女の書いた小説を、気になる(が今のところご贔屓ではない)監督である廣木隆一が映画化していると知って観ることにした。

背中に鳥の刺青のある売れない作家・向井理と、子供時代の病弱を克服し動植物と会話のできる能力(?)を持った宮崎あおいの夫婦が、田舎で暮らしている。
 “むこさん”と呼ばれる夫(名前が武辜歩というのだ)は老人ホームの職員としても働くが、“つま”と呼ばれる妻(結婚前の名前が妻利愛子)はある日届いた手紙から彼の心を捉えている女性の存在を知り、精神のバランスを崩していく。それ以来動植物の声も聞こえなくなる(と僕は理解する)。
 その女性・緒川たまきは画家で、少年時代好きだったが自殺で失った叔母さんに似ていることもあり精神の拠り所としていたのであるが、彼女自身が娘の難病でひどい鬱状態が続いて遂に夫リリー・フランキーから絶縁を宣告された過去がある。“むこさん”は娘の死で益々落ち込む妻を御しかねているその夫から呼ばれて数年ぶりに再会し、逆に自らを過去の呪縛から解放する。天から落ちてきた鳥の羽を発見した“つま”は夫の帰還を確信し、復調する。

廣木監督は、一般的ドラマの中に妙にドキュメンタリー・タッチの場面が入り、これに違和感を覚える作品が多い一方、必ず頗る素敵な場面があるので、観るチャンスに恵まれれば大概観ている。
 本作はヒロインが動植物と会話できるという設定でいつもよりぐっとファンタジー色が強い反面、ドキュメンタリー映画風タッチも抑え気味で語りに安定感あり。

ただ、宮崎あおいが出ているせいもあって後半は1年前に観た「ツレがうつになりまして。」の逆バージョンみたいな印象があり、かつ132分と最近の日本映画の例に洩れず長い為、廣木監督としては「余命1ヶ月の花嫁」と同じくらい面白味が感じられない。

個人的な事情で申し訳ないが、彼女が落ち込むシークエンスが、生涯最大の試練にさらされていると思われる僕の今の精神状態では相当きつい。元気の出そうなハッピーエンドながら、僕の気持ちは落ち込んだままだった。

わが人生の陽はまた昇るのか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
きいろいゾウ〜竹輪物語?
会話も金粉がなくても成り立つ夫婦 公式サイト。西加奈子原作、黒沢久子・片岡翔脚本、廣木隆一監督。宮崎あおい、向井理、柄本明、松原智恵子、リリー・フランキー、濱田龍臣、 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2014/03/04 12:07
『きいろいゾウ』
□作品オフィシャルサイト 「きいろいゾウ」 □監督 廣木隆一□脚本 黒沢久子、片岡 翔□原作 西 加奈子□キャスト 宮崎あおい、向井 理、本田望結、濱田龍臣、緒川たまき、       リリー・フランキー、松原智恵子、柄本明、大杉 漣(声)、柄本 佑(声)■鑑賞... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2014/03/04 12:31
きいろいゾウ
製作年度 2012年 上映時間 131分 原作 西加奈子 脚本 黒沢久子/片岡翔 監督 廣木隆一 出演 宮崎あおい/向井理/濱田龍臣/浅見姫香/本田望結/緒川たまき/リリー・フランキー/松原智恵子/柄本明/大杉漣 幼い頃に入院生活を送っていたツマは、絵本『きいろいゾウ』が大好き... ...続きを見る
to Heart
2014/03/04 20:09
きいろいゾウ/宮崎あおい、向井理
西加奈子さんの同名小説を廣木隆一監督が映画化した作品です。原作は4年くらい前に読んでいて、その時、映画化するなら主人公のツマ役は絶対に宮崎あおいさんしかいないなと思った ... ...続きを見る
カノンな日々
2014/03/04 22:34
ぼくのツマ〜『きいろいゾウ』
 三重県の田舎町に暮らすツマ(宮崎あおい)とムコ(向井理)は、結婚したば かりの夫婦。出会ってすぐに結婚したふたりは、お互いの 「秘密」 を知らず に寝食を共にしていた。そんなある日、差出人のない手紙がムコ宛てに届く。 ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2014/03/06 13:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ハリウッド映画では90分程度の作品が出てきているようで、いずれ日本映画も短くなるでしょうな〜(*^-^*)

いずれ晴れる時が来ますよ。
いろいろなアクシデントが重なって、ねこのひげもイライラがつのって鬱にちかいですが・・・・"(-""-)"
ねこのひげ
2014/03/04 18:23
ねこのひげさん、こんにちは。

アメリカ映画は近年明らかに大作と小品との棲み分けができていて、こういうタイプで2時間を超える作品はまずないと思います。

基本的には金銭面のお話で、ここ数カ月で5〜6年ぶりくらいの生活費が無駄になってしまいそうです。初老とは言え、まだ死ぬには時間がかかりそうですから、お金の工面が憂鬱です。
一つは悪徳商法による詐取、一つは雪害による家損壊。家の方はまだ決まっていないのですが、今日のお話ではきちんとすれば300万円はかかるそうです。
定収があれば、まだ元気が残るのでしょうけどねえ。
お金以外の面でも問題を抱えていますが、あれやこれやで途方に暮れるという表現がぴったりですTT

しかし、こういうコメントが元気のもとになるのですよね<(_ _)>
有難うございました。
オカピー
2014/03/04 21:35
気持ち玉で“ガッツ”を押してくれた方、有難うございます。
元気が取り戻せそうな気がしてきます。
オカピー
2014/03/04 21:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「きいろいゾウ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる