プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「マリー・アントワネットに別れをつげて」

<<   作成日時 : 2014/01/20 10:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2012年フランス=スペイン合作映画 監督ブノワ・ジャコー
ネタバレあり

高校の世界史教科書や参考書に出ている程度の知識なら持っているが、王妃マリー・アントワネットの取り巻きと言われるポリニャック夫人などとんと存じませんです。
 勿論、本史劇において、この二人は重要な登場人物であるものの、ヒロインは朗読係のシドニー・ラボルト(レア・セドゥ)である。実在の人物かどうか僕は知らない。

バスティーユ牢獄襲撃の起きた1789年7月14日に始まり、王妃(ダイアン・クルーガー)が愛するポリニャック夫人(ヴィルジニー・ルドワイヤン)の身代わりの役目を負ったシドニーが召使に身をやつした彼女と共にヴェルサイユを抜け出す7月17日までの正味三日間に渡るヴェルサイユ宮殿内の動向を、マリーに仕える喜びと思慕の情を寄せる孤児少女の視点で描くというアングルを付けて、豪華な美術・衣装と共に見せている。

映画としては殺伐とした革命描写を一切避けて宮殿で王族や貴族たちがあたふたする様子を描き込んでいる点がなかなか興味深い。それに比べるとヒロインの切ない片想いは描き足りず不満が残る。厳密に言えば、描き足りないというより余韻と行間を重視した作りなのだろうが。

彼女がマリーに薦めた当時の人気作家マリヴォーの「マリアンヌの生涯」は群馬県内では、借りる権利のない伊勢崎市立図書館にしかない。長くてかつ未完なので躊躇するところではあるものの、読む古典がなくなったら今通っている図書館に相談して借り受けようかなと思っている(いつになるやら)。

ルソーの「告白」も挙げているが、「パンがなければケーキを食べれば良いのに」とのたまわったというマリーの逸話はルソーが「告白」の中で全く時代の違う或る貴族夫人の話として言及しただけで全く王妃とは関係ないことが確認されているから、原作者シャンタル・トマの皮肉っぽい。

監督は歴史ものが多いプノワ・ジャコー。

マリーさんはオーストリアの人だから、ドイツ系女優ダイアン・クルーガーという配役は気が利いている。昔だったらロミー・シュナイダーだろうな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マリー・アントワネットに別れをつげて/レア・セドゥ
マリー・アントワネットを描く作品もこれまでいろいろあったと思いますが、この作品の視点はちょっと違うようで王妃マリー・アントワネットの朗読係を務めた主人公の視点でフラン ... ...続きを見る
カノンな日々
2014/01/20 10:29
マリー・アントワネットに別れをつげて★★
王妃マリー・アントワネットの朗読係の視点から、フランス革命勃発後の3日間を描く歴史劇。原作はフランスの権威ある文学賞、フェミナ賞に輝いたシャンタル・トマの『王妃に別れをつげて』。出演は「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のレア・セドゥ、... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2014/01/20 12:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
北朝鮮の裸の王様は「コメがなければ肉を食えばいい」と言ったとか言わないとか・・・
よくある話ですな〜

脇役の視点から見たという点では、現在公開されている山田洋二監督の『小さなお家』の女中役の若手女優が好評のようです。
来年あたりBSで放映されるでしょうからご期待ください。
ねこのひげ
2014/01/21 01:44
ねこのひげさん、こんにちは。

>北朝鮮
そのお話にも尾ひれがついているのでしょう。
実際に話した可能性も、あの国の大将ならありえますが。

>『小さなお家』
山田監督はご贔屓ですから、楽しみです。
「WOWOWさん、いつものように早めにお願いします<(_ _)>」でございます。
オカピー
2014/01/21 19:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「マリー・アントワネットに別れをつげて」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる