プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ムーンライズ・キングダム」

<<   作成日時 : 2014/01/17 09:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2012年アメリカ映画 監督ウェス・アンダースン
ネタバレあり

ウェス・アンダースンは異色であるし、つまらないわけではないが、風変わりな親子関係に見る子供というテーマと今回も頻繁に使われている横移動撮影といった独自なタッチとが互いに干渉し合って余り僕の肌に合わない。☆☆★に留めるには忍びない一方、☆☆☆★以上を出すのも躊躇させられる。だから、殆どの作品が☆☆☆に落ち着くのである。

1960年代アメリカ合衆国北部の島、歌劇を観に行ったボーイ(カーキ)スカウトの少年ジャレッド・ギルマンが、出演者の少女カーラ・ヘイワードに一目ぼれ、文通を経て1年後駆け落ちを敢行する。
 少年の養父母は彼を見捨てるが、少女の両親に発見されて隔離された後スカウトの仲間による協力で再び逃げ出す。スカウトの隊長エドワード・ノートンや少女の母親フランシス・マクドーマンドと親しくしている警官ブルース・ウィリスが二人を庇護という名の暴力から守るべく、押し寄せる暴風雨の中立ち上がる。

今回も歪な親子関係は出てくるが、扱いはかなりストレートであるし、一部大人のシニカルな描写の末にたどり着くのは意外にも殆どクラシックと言っても良いほどの幕切れである。

世評に関しては、僕の予想を遥かに超え、IMDbで7.8という物凄い高得点、映画サイトや映画ブログを覗いても頗る評判が良い。しかし、こういうお話には僕が十代の頃大評判になったローティーンエイジャー駆け落ち映画の元祖「小さな恋のメロディ」(1971年)くらいの爽やかさがあって欲しいもの。とは言え、評判が良いのだから、ご同慶の至りでござる。

それでも相当オフ・ビートだけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ムーンライズ・キングダム/ジャレッド・ギルマン
『ダージリン急行』のウェス・アンダーソン監督が60年代を舞台に、とある小島で起きた少年少女の逃避行劇と彼らを追う大人たちの騒動をユーモラスに描いたハートフル・コメディ。 ... ...続きを見る
カノンな日々
2014/01/17 09:59
小さな恋の王国〜『ムーンライズ・キングダム』
 MOONRISE KINGDOM ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2014/01/17 10:25
ムーンライズ・キングダム
ページェントの起源のような物語 公式サイト。公式マップ。原題:Moonrise Kingdom。ウェス・アンダーソン監督、カーラ・ヘイワード、ジャレッド・ギルマン、ブルース・ウィリス、エドワ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2014/01/17 10:25
『ムーンライズ・キングダム』
□作品オフィシャルサイト 「ムーンライズ・キングダム」□監督 ウェス・アンダーソン □脚本 ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ□キャスト ジャレッド・ギルマン、カーラ・ヘイワード、ブルース・ウィリス、       エドワード・ノートン、ビル・マーレイ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2014/01/17 12:19
ムーンライズ・キングダム ★★★★
若きオタク職人、ウエス・アンダーソンが、ボーイスカウト版「小さな恋のメロディ」でまさかのメインストリーム進出。 ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2014/01/17 23:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こういった作品に出たときのブルースってなんだかとても好きなんですな。
アクションはアクションで好きなんですがね(^^ゞ
ねこのひげ
2014/01/19 08:11
ねこのひげさん、こんにちは。

同感。
この作品のブルース・ウィリス、良かったです。
オカピー
2014/01/19 17:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ムーンライズ・キングダム」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる