プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「相棒シリーズ X DAY」

<<   作成日時 : 2013/12/26 10:22   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 5 / コメント 4

☆★(3点/10点満点中)
2013年日本映画 監督・橋本一
ネタバレあり

人気TVシリーズ「相棒」のスピンオフ映画版で、観ようか観まいか迷った末に観た。

観なければ良かった。出来映えの問題ではなく、昨日「ペントハウス」で記したように、詐欺(現在のところは未遂)に遭って数百万を失った(失いつつある)僕の精神が内容故にダメージを受けたのだ。
 元々僕はノミの心臓を持っているといつも家人から笑われている。日本の国債が6、7年後に暴落(紙くずにはならない)するのをある程度想定しているから日本国債の代わりに海外の国公債や株を買っているのだが、それでも本作内容には嫌な汗をかく瞬間があった。それだけではない。サイバーで僕の口座が狙われるのではないかとしなくても良い心配にまで頭が飛んだ。こちらは詐欺に遭っていなければ全然思いもしなかったと思う。

今回の事件では金を取られたことも悔しいが、それにより本にも映画にも集中できないのが実に嫌である。体調を崩し気味なのは言うまでもない。まだ取り返せる可能性があるものの、法律事務所での相談の後弁護士に頼むのは損失を大きくするようなものと思い知った。消費生活センターは金額が大きいので消極的だ。
 後は先方が事務所を構えている間に換金を申し出た時に相手がどう応じるかにかかっている。いつするか(来年になったらもういないかもしれないので“今でしょ”なのだが、そう簡単にできない事情も抱えている)。これが落ち着かない状況を作っている。だから何にも集中できない。年賀状すら作れない(今日何とか作る)。困ったものだ。

僕のノミの心臓(実は脳)は詐欺師が口座も狙っているのではないかと勝手に震え出す。しかし、実際には、映画を見たことによるダメージは数日で霧消するだろう。問題は、来年早々取りかかろうとしている本体の行方がどうなるかだ(ダメ元でやりますが、皆さん、行方を見守っていて下さい)。

前置きが長くなりましたが、本作のお話。

ある銀行マンが墜落死しているのが発見される。殺人事件として捜査一課(殺人課)が捜査を始め、コンピューターでの情報流出に絡む事件であることが判明した為、担当の伊丹刑事(川原和久)は嫌々ながらサイバー犯罪対策課の若月(田中圭)とで臨時でこぼこコンビを組んで動くことになる。
 そこに政府が成立を目論んでいるあくどい法案が絡んでくるお話で、今年前半に公開された作品であるにも拘らず、特定秘密保護法の暗部を先取りしたようなところがあって興味深くなくもない。

お話は僕の心臓が参ったように全くの荒唐無稽とは言えないながら、冷静に考えれば有り得ない部分が目立つ。細かなお笑いを随時繰り出すところなど典型的なまでにTV的で、「お話そのものにTVで十分などというものはない」という自説に反するようだが、総合的に劇場公開に値するレベルとは思えない。「相棒」は映画版やスペシャルなど尺が長くなると何だかつまらなくなるんだよなあ。

但し、絶好調の時に観れば★一つがとこ増えたかもしれない。

今僕の心臓は落ち着いている。また病院行きかと思いましたぜ。昨日の「ペントハウス」みたいに黄金で返って来ると良いなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
相棒シリーズ X DAY
見た目も中身も地味すぎる・・・   ...続きを見る
Akira's VOICE
2013/12/26 10:32
相棒シリーズ X DAY/田中圭、川原和久
TVドラマシリーズのほうは全然見ていないので『相棒』って水谷豊さんと及川光博さんの主演でなくなったの?と予告編を観て思ったのですが、なんのことはないスピンオフ映画だった ... ...続きを見る
カノンな日々
2013/12/26 10:41
『相棒シリーズ X DAY』
□作品オフィシャルサイト 「相棒シリーズ X DAY」 □監督 橋本一□脚本 櫻井武晴□キャスト 川原和久、田中 圭、国仲涼子、田口トモロヲ、別所哲也■鑑賞日 3月31日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>   も... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2013/12/26 12:20
相棒シリーズ X DAY
アベノミクスは嘘の夢 公式サイト。橋本一監督、田中圭、川原和久、国仲涼子、田口トモロヲ、別所哲也、水谷豊、及川光博、宇津井健、木村佳乃、戸次重幸、鈴木杏樹、大谷亮介、 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2013/12/26 15:42
「相棒シリーズ X DAY」
2013年・日本/TV朝日=東映配給:東映 監督:橋本一脚本:櫻井武晴音楽:池頼広プロデューサー: 松本基弘、伊東仁、遠藤英明、西平敦郎、土田真通 高視聴率刑事ドラマ「相棒」シリーズのスピンオフで、ド ...続きを見る
お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽し...
2013/12/30 10:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なんとか、ご損金額の大半、せめて半分なりとも取り返すことはならないのでしょうか。僕が言うことでもありませんが、いい勉強になった、で済ませられるようなお話とは桁が違いますし・・。

>弁護士に頼むのは損失を大きくするようなもの
日本の法務に携わる者のひとつの欠点ですね。アメリカのように成功報酬ではない。

ぼくは、基本、未見の作品にはコメントを残さない主義ですが、今回だけは。
プロフェッサーの気晴らしにもならないでしょうが。

このシリーズは、いつも、見始めて途中で眠くなるんですね
水谷豊は好きな俳優です(中学生の頃かな、TVドラマの「泣くな青春」とか出ていた)
「マイアミバイス」など、一連の二人の刑事が出てくるハリウッド作品と比べても、面白みは薄いように感じます。
浅野佑都
2013/12/26 12:54
浅野佑都さん、こんにちは。

ご心配をお掛けして恐縮です。
こういうのを不徳の致すところと言うのでしょうねえ。
わずかな金額に目がくらんで、大金を失ったのですよ。あ〜あ。

>日本の法務
完全なる報酬制なら迷わず頼みますが、そういうわけにも参らないらしい。
期待すると失敗した時に打撃が大きいので、もう半ばあきらめているのですが。
将来、安愚楽牧場事件のようになればごく一部焼け石に水程度の金額が戻ってくる可能性はありますが、彼らよりぐっと悪質な詐欺集団なら行方も掴めなくなってしまうでしょう。

>このシリーズ
2時間スペシャルや映画版は全く面白くないと思っているのですが、普段のささやかな事件エピソードにはなかなか良いものがあるように思って、「ながらで」見るようにしています。さすがに目を皿のようにして観るところまでは行っておりません。
オカピー
2013/12/26 20:32
ねこのひげも詐欺の被害にあったことがありますが・・・・
倍返しで取り返しました。
まあ、普通の方にはできない方法なのでやり方はお教えしませんが・・・
株でもなんでも自分でやるのがいちばんでありましょう。
損得は別にして、損しても納得するし、法外な手数料を盗られませんしね。
ねこのひげ
2013/12/28 10:39
ねこのひげさん、こんにちは。

僕は、一旦交渉してその結果によってはADRという方法に頼もうと思っているのですけどね。
それも相手がいないことには何もできない。

自分がやるのが一番と解っていても、実際に顔を合わせると相手はうまいし、僕は人が良いし、たまたま現金もあったし・・・という流れであります。
確かに別の業者の手数料にもびっくりしました。こちらは詐欺ではなかったですけどね。
オカピー
2013/12/28 21:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「相棒シリーズ X DAY」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる