プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「神弓−KAMIYUMI-」

<<   作成日時 : 2013/12/20 10:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

☆☆(4点/10点満点中)
2011年韓国映画 監督キム・ハンミン
ネタバレあり

日本の世界史授業では中国史は詳しく教える(今は知らない。僕らの時代若しくは学校では世界史が人気で日本史を圧倒していた。多分7:3くらいの割合で受験科目として世界史を選んだだろう)が、朝鮮史は大して教えない。従って、本作の素材である丙子の乱(1636〜37年=丙子胡乱)など知る由もない。台頭したばかりの清(後金)が絡んでいるとは言え、基本的には朝鮮の事件だから。

序章はそれより13年前、ある士族が新政権から逆族として殺される前に、息子に弓と共に妹を託す。

そして本番、父親の友に引き取られた二人は成長、妹ムン・チェオンは養父の息子であるキム・ムヨルに求婚される。ちょっとしたいざこざを経て妹の幸せを確信した兄パク・ヘイルが村を離れた頃、清国の兵隊が村を襲って村民たちを捕虜・人質として連れ去る。これを知ったパクは父の形見たる神弓を手に取って妹とその夫の奪還を敢行、清の王子を殺して立ち去った為追跡されることになる。

というお話はあるにはあるが、基本的には弓矢を中心としたアクション映画である。皆さんの評判は如何なものかと少し訪ね歩いてみたら、僕の印象とは逆に評判が誠に良い。IMDbも7.2とかなり良い。
 それを考えると、退屈したのは僕が精神的に集中できない事情を抱えているせいであることは確からしい。一方で、集中できないのには映画の画面に原因があることも否定しかねる。つまり、カット割りが細かすぎて、皆さんがなかなか痺れたらしいアクションがどうにも楽しめない。楽しめないから気が散るのだ。この間読んだ自伝の中でジョン・ヒューストンは映画はまず最初に全体像を見せることが大事だと言っていたが、昨今はそれを実行しない作品が多すぎる。本作もその例に洩れず、アクションの全体が掴めないからつまらないのである。

例によってカメラも不愉快に揺れる。古い人間にとって最近のアクション映画はアクション描写がダメとしか感じられないのだから困る。曲射と言って矢を野球のスライダーのように少し曲げる射撃が見せ場であるわけなのだが、面白くないと言ったら語弊があるものの、スペクタクルとしては物足りない。

でも、まあ、楽しめた人の方が多いようだからめでたしと言うべし。しかし、必要以上の嫌韓感情が一部の日本人の間にうずまいている為に興業成績には結びつかなかったようで、ご愁傷様。

嫌韓感情で思い出す。あと十年で死ぬ予定(笑)の僕などは良いが、愛国心という名の愛政府心を要請(恐らく将来は強制)される今の若い人、ご愁傷様。間違って長生きしないようにしましょう、老人の方々。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
神弓-KAMIYUMI-/パク・ヘイル
1636年、朝鮮半島で起きた丙子胡乱の戦いを背景に敵に捕われた妹を救うために一人大軍に立ち向かう弓の名手の姿を描く歴史アクションドラマです。2011年の韓国で大ヒットを記録した ... ...続きを見る
カノンな日々
2013/12/20 10:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
目が疲れるからやめて欲しい撮り方でありますが、歩きスマホなどをやっている若者には案外気にならないのかもしれませんね。
神話というか伝説的な話でありますから、嫌いではありませんでした。

面と向かって罵倒されているようなものですから、嫌いになる人間が増えても仕方ないでしょうね。
愚かなことで・・・・・
ねこのひげ
2013/12/22 07:56
ねこのひげさん、こんにちは。

揺れるのも目に悪いですが、カットが細かいのも目に悪い。
何をやっているかよく解らないケースも多いから映画的にもダメ。最近の西部劇なんか見ると、誰が誰を撃っているか碌に解らないケースもありますよね。

映画にも問題があると思いますが、僕の精神状態が最低で全く集中できなかった。

>愚かなこと
日本にも悪いところがあるし、勿論、中国・韓国にも悪いところがある。人間なんて所詮こんなレベルです。右派の言うように日本だけが正しい・・・なんてことはありませんよね。
日本はフランスやアメリカのように自分の力で民主主義を獲得した国ではないので、いつ封建主義に復古してもおかしくない状態なんです。官僚制封建主義とでも言ったら良いでしょうか。
そういう意味では、遂に始まったか、という感じ。

アメリカの言いなりが益々強まるでしょうから、外交的には1850年代に逆戻りですよ。中国の例もあるから何とも言えないけれど、将来的には官僚が強くなって経済的にも落ち込むのでは?

僕はノンポリなので行動には移しませんし、もう日本は終わったと思っているんです、あの世紀の悪法が成立した時に。
オカピー
2013/12/22 17:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「神弓−KAMIYUMI-」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる