プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ストロベリーナイト」

<<   作成日時 : 2013/12/02 11:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 4

☆☆☆(6点/10点満点中)
2013年日本映画 監督・佐藤祐一
ネタバレあり

誉田哲也の警察小説「インビジブルレイン」をTVシリーズ「ストロベリーナイト」の劇場版として映画化した刑事映画。原作も読んでいないし、TVシリーズも見ていない。いつも通り映画単独での判断である。

暴力団の下っ端三人が次々と殺される。最後に発見された男殺しの犯人に関する密告電話を受けた警視庁捜査一課班長・竹内結子(役名:姫川玲子)は直後に上司からその人物の捜査はするなと言われるも、反発心から部下にも内緒に調べ出し、犯人のいると思われるアパートの前で不動産業者実は殺された男たちと関係のある暴力団竜崎組若頭補佐・大沢たかおと知り合い、彼から徐々に情報を引き出そうとするが、やがて彼の方が彼女から情報を得ようとしていたことに気付かされる。

警察内部の反目に昔の警察による不祥事の隠蔽問題が絡む、というのは同じフジテレビ系列の「踊る大捜査線 THE FINAL」とほぼ同じ構図であるが、こちらにおいて反目はダシで、隠蔽問題をモチーフにした正義感をテーマに遥かにしっかり構成されている。

ヒロイン姫川が訳ありで、その為に苦い過去を背負って生きてきた暴力団幹部と通じ合うものを感じるといった辺りに、日本のTVドラマ劇場版としては珍しくフィルム・ノワールらしいムードが出ていて結構痺れさせてくれる。但し、ここには彼女の過去と照らし合わせると矛盾がある気がしないでもない。彼女を慕っている部下の西島秀俊の切ない立場も良い意味で日本的な情緒を醸し出して悪くない。

以下、映画評に関係のない愚痴ですので、お忙しい方はスキップして結構です。

今この映画を見ると当然思いは「特定秘密保護法案」に行く。本作が示したように組織に隠蔽体質がしみ込んでいる日本に「特定秘密保護法案」が現状のまま成立したら大変なことになりそうだ。
 例えば、組織にまずいこのような案件は必ずどこかの誰かが秘密に指定する。本作の登場人物が同じ行動を取ればまず逮捕されるだろう。逮捕される前に誰も何もしなくなるから組織は改善されずに悪くなる一方になる。税金の無駄遣いを指摘しようとすると何かにかこつけて秘密に指定されるにちがいない。或いは、国民の知らないうちに米軍に協力してイスラム国家において戦闘に加わる。すると、怒ったイスラム原理主義者が日本若しくは国外において何の責任もない日本人にテロ攻撃を加えるかもしれない。どうなっちまうのだ、この国は?
 皮肉なことに、原発情報によっては、日本が見習おうとしている米国から無償で手に入れることができる。政府は自らに都合の悪いことは見習わないのは変だろう。米国の報道関係は既に問題を指摘しているが、そのうちアメリカ政府からすら文句が来るよ。余り書くと将来公安から狙われるかもしれないから、この辺で止めておきます。

石破さんによれば、平和的なデモも声高に叫べばテロですってよ。僕としては、この法案は「特定秘密反故法案」になれば良いと思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ストロベリーナイト
雨は止まない・・・。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2013/12/02 11:59
ストロベリーナイト
大沢たかお今度も美人女優をいたぶるも 公式サイト。誉田哲也原作、佐藤祐市監督。竹内結子、西島秀俊、大沢たかお、小出恵介、宇梶剛士、丸山隆平、津川雅彦、渡辺いっけい、遠 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2013/12/02 12:05
『ストロベリーナイト』
□作品オフィシャルサイト 「ストロベリーナイト」□監督 佐藤祐市□脚本 龍居由佳里、林誠人□原作 誉田哲也(「インビジブルレイン」)□キャスト 竹内結子、西島秀俊、大沢たかお、小出恵介、宇梶剛士、丸山隆平、       津川雅彦、渡辺いっけい、遠藤憲一... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2013/12/02 12:24
ストロベリーナイト 「インビジブルレイン」/竹内結子
TVドラマは1発目の2時間スペシャルドラマの頃から大ファンです。その後に連続ドラマが始まりましたが近年の中では一番じゃないかなと思える骨太な刑事ドラマにすっかりハマってしま ... ...続きを見る
カノンな日々
2013/12/02 22:00
「ストロベリーナイト」
安定してるよね。 ...続きを見る
或る日の出来事
2013/12/02 23:02
独断的映画感想文:ストロベリーナイト
日記:2013年8月某日 映画「ストロベリーナイト」を見る. 2013監督:佐藤祐市. 出演:竹内結子(姫川玲子),西島秀俊(菊田和男),大沢たかお(牧田勲),小出恵介(葉山則之),宇梶剛士(石倉保) ...続きを見る
なんか飲みたい
2013/12/03 21:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そのまさか(前橋高校出身)です。昭和33年9月生まれなので、学年もプロフェッサーと同じかと。定期戦では確実に相対していたわけですね!

>日本のTVドラマ劇場版としては珍しくフィルム・ノワールらしいムードが出ていて結構痺れさせてくれる

え?そうなんですか。
もちろん、プロフェッサーの採点ですから多分に、3Aの試合を見ていたら結構一軍で通用しそうなボールを投げる投手がいた、ということか。
竹内結子は色っぽくないですが、こういう役は似合いそうですね!

中国の防空識別圏に関しても、日本は自衛隊、民間機ともに無視ですが、アメリカは民間のみフライトプランの提出と、中国に一歩譲った形をとっているのは流石に駆け引きが上手いですね(そのくせ、すかさずB51を飛ばして、「引き金に指一本触れてみろ、ただでは・・」と示威行為を。
相手の陣地に一歩進んで反発があれば半歩下がる。相手の面子も立ちます。あのアメリカにしてそうなのに。
日本はどうも小泉政権の頃からポピュリズムがもてはやされてるようです・・。
浅野佑都
2013/12/02 18:41
浅野佑都さん、こんにちは。

やや、前橋高校、しかも同年ですか(あらま)!
ローカルなことで余り下手なことを言うと、嘘がばれそう。気をつけなくちゃ(笑)

>採点
この星の数は、正にそういったところですね。
的確にして上手い表現をなされました。有難いです<(_ _)>

>結構痺れさせてくれる
レトリックの部分もありますが(苦笑)
つまり、「日本のTVドラマ劇場版としては」というのが重要でして、「踊る大捜査線」のような腰のないのを想像してみると、多少は歯ごたえがあるといった程度でしょうか。多分に雨に騙されたところもあります(あはは)
竹内結子は案外良かったと思います。
いずれにしても、反動で採点は甘くなったかも。積極的にお薦めはしかねます・・・

>アメリカ
どこの国にも夫々の問題がありますが、やはり人権意識はアメリカのほうが高いですね。アメリカの真似をしても良いけど、真似をしなくてはいけないところはしない。
仰る通り、駆け引きに関しては日本はアメリカとは比較にならず。中国に対してもアメリカに対してももう少し上手くやれば良いのに、その点はアメリカでのロビー活動を上手く利用している韓国にすら及びませんよね。
日本国民は本質的に大人しく(この辺中国人は勘違いしている)、お上(かみ)を尊敬するという傾向がありますから、石破さんがテロ的と言っている激しいデモも起きていませんが、フランスやイタリアで同じこと(特定秘密保護法案の採決)をやれば死人はともかく、怪我人が出るデモが起きていると思いますね。

ノンポリを標榜しているのに、最近は政治的コメントを多くなって自分で弱っています。しかし、余りにデタラメなので黙っていられないんですよ。2011年は東京電力に怒っていましたが。
オカピー
2013/12/02 20:57
例年、11月12月は年末攻勢で忙しく、自分のブログも更新できないのですが、今年は特に消費税のせいで立て込んでかないませんです。
これも誰かのせいですかな?

タイトルのストロベリーで甘い話かと思ったら・・・けっこうハードでしたね。
ねこのひげ
2013/12/03 02:40
ねこのひげさん、こんにちは。

どんなお仕事をされているんでしょう?(笑)
消費税のアップも、特定秘密保護法も、初期の目的に一致若しくは限られれば、文句を言う人はごく限られるはずですが、そうならないのが丸見えのざる法だから、国際機関から問題を指摘される。
国民の意見どころか、そういうのを無視する日本人(為政者)の民度も相当低いですぞ。21世紀の現在、民主主義を無視する国は他国より衰える(クール・ジャパンのコミックやアニメも自粛によりきっと衰える)のがきっと早い。イスラム国を見よです。デモは民主主義ではないと言っていますが、デモは国民の多くの意見を反映していると思いますよ。

映画の方ですが、日本映画だから、TVの映画版だから、という理由で評価が甘くなってしまったところもあるんですが、悪くはなかったなあ。

オカピー
2013/12/03 21:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ストロベリーナイト」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる