プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「SAFE/セイフ」

<<   作成日時 : 2013/12/17 10:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 4

☆☆★(5点/10点満点中)
2012年アメリカ映画 監督ボアズ・イェーキン
ネタバレあり

ジェイスン・ステイサムの主演作品としては14日にアップした「PARKER/パーカー」より派手であるが、出来映えは五十歩百歩。

ニューヨーク、元特命刑事の格闘家ステイサムが負けるはずの八百長試合で相手を倒してしまった為に怒った賭け主のロシアン・マフィアに妻を殺されてしまう。出所した直後、全ての数字を憶えたら忘れない中国人少女キャサリン・チェンがその一味に追われているところに遭遇して救出し、さる金庫二つの暗号になっている番号を巡って、中国から彼女を連れて来たチャイニーズ・マフィアと、その両者の間で漁夫の利を狙っている悪徳刑事たちの三つ巴の争いに巻き込まれる。

犯罪に記憶が絡むと言えばヒッチコックの傑作「三十九夜」(1935年)だが、出番は極小ながらミスター・メモリーのジレンマに興奮させられたあの作品に比べれば、こちらのメモリーちゃんの扱いは文字通りそのままで面白味がない。比べる方が野暮ですな。
 また、内容は大して似通っていないものの、「レオン」(1994年)系列の作品と言うことができる。

実質的にはサスペンスより三つ巴による抗争の中に随時披露されるアクションを見せるのが眼目だから、最近のアクション映画を見ると決まって出る愚痴が洩れる。とにかく画面が揺れて観にくいのである。揺れる対象を揺れるカメラで見せるのは現在アメリカ映画人の強迫観念みたいになっているが、“揺れるカメラ”はドキュメンタリーに似ていて本物らしさを感じるからと使われるのは劇映画の映画言語上の正当性に照らせば180度逆であると言わざるを得ない。つまり、ドキュメンタリーと違って神の視点として描かれる劇映画は本来カメラの存在を意識させるべきではないのに、手持ちカメラは意識させすぎる、ということだ。機動力を生かす為に手持ちカメラだけを使うにしても、アクションだからと言って観客が不愉快になるまで動かす必要はあるまい。
 ショットは例によって細かく刻まれているが今のレベルではそれほど極端とは言えないレベル。

キャサリンちゃんに全く可愛らしさがないのも問題で、強烈な三白眼には思わずのけぞるほど。ナタリー・ポートマンくらい可愛ければ★一つ分余計に進呈できただろうに。

アメリカ人は日本人が「これは!?」と思うようなアジア人を起用、重用するよね。ジョン・ヒューストンも「黒船」で選んだ安藤永子について日本人の好みとは違うと言っていた。当時の日本人の美的感覚は今とはまた違うわけだが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
SAFE/セイフ/ジェイソン・ステイサム
私にとっては相性抜群の鉄板俳優ジェイソン・ステイサムが主演するジェイソンお得意のアクション・サスペンス・ムービーです。『タイタンズを忘れない』のボアズ・イェーキンが監 ... ...続きを見る
カノンな日々
2013/12/17 10:31
SAFE/セイフ
暗号を解くカギは信頼関係 公式サイト。原題:SAFE(金庫)。ボアズ・イェーキン監督、ジェイソン・ステイサム、キャサリン・チェン、レジー・リー、ジェームズ・ホン、クリス・サラ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2013/12/17 10:49
『SAFE セイフ』
□作品オフィシャルサイト 「SAFE セイフ」□監督・脚本 ボアズ・イェーキン□キャスト ジェイソン・ステイサム、キャサリン・チェンメイ、ジェームズ・ホンハン、       クリス・サランドン、ジョセフ・シコラ■鑑賞日 10月14日(日)■劇場 チネチッ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2013/12/17 12:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
TBされている三つの記事も読みましたが、博士のようにカメラワークを語っている方はおられませんね。
僕にはよく分かる“揺れるカメラ”の話、気にする人は意外に少ないのかも。僕は「アイ・アム・サム」が最初でしたな、気になったのは。たまにしか観ない新しいアクション作品でも結構な割合で見かける気がします。

>揺れる対象を揺れるカメラで見せるのは現在アメリカ映画人の強迫観念みたいになっているが・・・

撮影した後に必ず再生してチェックするはずなのに修正しないのはコレで良しと考えているっていう事でしょう。これって恐い事なのかも。
十瑠
URL
2013/12/18 17:20
十瑠さん、こんにちは。

映画の中身より、ストーリーを生かす為に映画はどう作られるべきか、或いは映画のあり方として正しいのか、を考える方が僕には面白いので、こういう映画論がよく出てくるわけですが、一般の方はやはりお話、そして俳優なんでしょうねえ。

Allcinemaで割合よく「画面が見づらい」と指摘するコメントを見かけます。こういうのは嬉しいですね。映画論的な展開をしている人はさすがにいらっしゃいませんけど。
「右へ倣え」は日本人だけではないということですね(笑)

いずれにしても、今のアクション映画は肝心のアクションがつまらない、とだけは言えると思います。一見格好良いのかもしれませんが、何をやっているか正確に解らないから嫌になってしまいます、全く。
オカピー
2013/12/18 21:29
先日、奈良橋洋子さんがNHKラジオで語っておられましたが、日本人とハリウッドの女性に対する感覚は明らかに違うので苦労するそうです。
日本人から見れば美しいと言い難い女性を絶賛されたりするそうであります。
日本ではゴダイゴの作詞家として有名ですが『ラストサムライ』『終戦のエンペラー』で活躍されてます。
日本語の下手な日本人としても知られているようで…

ハリウッド版『忠臣蔵』はちょいと面白そうですな。
ねこのひげ
2013/12/22 08:32
ねこのひげさん、こんにちは。

奈良橋さんは、ゴダイゴのタケカワユキヒデが大学の先輩なので名前だけはよく知っていましたが、やはりそういうことはあるんですね。
ルーシー・リューとかたまに見る何とかさん(憶えていない)なんか、どこが良いんだか。ルーシー嬢などアジア人らしからず肌もきれいでないし。

>ハリウッド版『忠臣蔵』
"47 Ronin"は結局どういう邦題に落ち着いたのかな?
群馬に戻ってから新作チェックしていないから全然わかりません。あはは。
オカピー
2013/12/22 15:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「SAFE/セイフ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる