プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「砂漠でサーモン・フィッシング」

<<   作成日時 : 2013/12/10 10:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2011年イギリス映画 監督ラッセ・ハルストレム
ネタバレあり

スウェーデン時代の傑作「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」でご贔屓監督になったラッセ・ハルストレムの作品には透明さを感じる。英国の作家ポール・トーディの小説を映画化した本作も正に透き通るような爽やかな空気感がある。彼の一番良いところはそこであると思う。

イギリスに豪邸を構えるイエメンの大富豪アムール・ワケドが祖国で鮭釣りをしたいという願望を抱き、投資コンサルタント会社の美人エミリー・ブラントから可能性の打診を受けた水産学者ユアン・マクレガーは可能性なしと一旦は断る。
 しかし、政府が中東との国交を改善しようとこの話を積極的に進め、その流れに巻き込まれた結果引き受ける羽目に陥る。その為彼は出張が多く関係が冷えた妻の許を去る形でエミリーとイエメンへ赴くことを決めるが、イギリスの釣りファンから猛反発を受け、遡上しないであろう養殖鮭しか提供できない世論が出来あがる。
 やがて、妻のDNA発言から養殖の鮭にも遡上する可能性を感じたマクレガーは逆にワケドを説得、計画が進められることになる。ところが、放流された鮭が見事に人口の川を遡上するのを一同喜ぶのも束の間、欧州文明を頑として認めない原理主義テロリストがダムの管理室に潜入、放水して全滅させてしまう。

さて関係者はこの後どうするでありましょうか・・・というお話で、スウェーデン時代のハルストレムの児童映画を思い出させるユーモアを含めてなかなか面白い。タッチ、空気感醸成は文句なし。

しかし、バランスに問題がある。その為作品が、イエメンの砂漠地帯で釣りを楽しむプロジェクトを巡るお話の面白さと、主人公二人の恋愛関係のどちらを主として見せたいのか解らなくなっている。
 別に二つの主題を平等に扱っても上手く処理できれば上等な映画になるのだが、それを成し得たのは100年を超える映画の歴史の中でも数えるほどしかない。それも後半突然恋愛ムードが濃くなるので、前半と後半とで二つの映画を見ているような印象が出来あがっているのはどなたも否定しないであろう。
 個人的には、かなり面白く観させて貰った部類に入るプロジェクト推進譚の一要素として恋愛を扱った方が完成度が上がったように思う。その逆でも良いが、それでは恐らく面白さが不足する。

恋愛部分では、エミリーがその生死を心配する軍人の恋人との交際期間を三週間と短く設定したのが気になる。三週間の恋愛であそこまで心痛を感じるだろうか。エミリーが惚れ込み易いタイプであることを示しているのかもしれないが。

大したことではなくても、思想の垣根を越えるのは難しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
砂漠でサーモン・フィッシング
ムチャブリ政治主導のサプライズ劇 公式サイト。原題:Salmon Fishing in the Yemen。イギリス映画。ポール・トーディ原作、ラッセ・ハルストレム監督、ユアン・マクレガー、クリスティン・ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2013/12/10 11:41
砂漠でサーモン・フィッシング/ユアン・マクレガー
若き新人俳優だったレオナルド・ディカプリオとジョニー・デップが共演した名作『ギルバート・グレイプ』を手がけたラッセ・ハルストレム監督が『スラムドッグ$ミリオネア』の脚 ... ...続きを見る
カノンな日々
2013/12/10 14:58
理論的に可能な奇跡〜『砂漠でサーモン・フィッシング』
 SALMON FISHING IN THE YEMEN ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2013/12/10 21:22
映画:砂漠でサーモン・フィッシング Salmon Fishing in the Yemen 予想外に...
主人公はユアン・マグレガー。 で、実は彼が主演と知り、期待度は低かった。 彼の最近の映画では「人生はビギナーズ」「パーフェクト・センス」「エージェント・マロリー」とかで、あまりいい印象が久しくなかったから。 だがこの映画の彼は、ジョークも下手な役のせい... ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2013/12/14 19:31
『砂漠でサーモン・フィッシング』
(原題:Salmon Fishing In The Yemen) ...続きを見る
ラムの大通り
2013/12/15 20:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ハルストレムの描き方は、ねこのひげも好きです。
砂漠でサーモンという発想も楽しくてよいですね。
反対派・・・・ため息がでますね。
主人公の恋愛は付け足してていどにしてほしかったですね。
ねこのひげ
2013/12/11 01:33
ねこのひげさん、こんにちは。

>付け足
僕はそう思うんですよね。
「虻蜂取らず」とまでは言わないまでも、この形では限界があります。
オカピー
2013/12/11 21:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「砂漠でサーモン・フィッシング」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる