プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「書道ガールズ!!−わたしたちの甲子園−」

<<   作成日時 : 2013/11/29 10:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 4

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2010年日本映画 監督・猪俣隆一
ネタバレあり

大分前に録画したもの。題名から「スウィングガールズ」「恋は五・七・五! 全国高校生俳句甲子園大会」「ロボコン」の三番煎じくらいだろうと思って観ずにいたのだが、録画失敗が続いた為急遽観る。

愛媛県の四国中央高校書道部、部員が居つかず維持に苦労する部長・成海璃子は、代理教師にして臨時顧問の金子ノブアキに「お前の書はつまらない」と言われ外面はともかくしょげる。
 部員の高畑充希が教師のパフォーマンスに感激して、実家文房具店の閉店セールで部員たちとパフォーマンスをやってみることになる。書は精神的・求道的なものと父親に教えられてきた璃子ちゃんは渋々協力するが外面はともかく(笑)内心は楽しいと感じる。
 教師に「つまらないと思って書いているから書がつまらないのだ」と言われて感じるものがあり、街興しも兼ねて書道パフォーマンス甲子園なるものを企画、母親・宮崎美子の病気の為に学校を辞めると言っている元部員・山下リオも復帰させて、遂に本番の日を迎える。

「ロボコン」のテクニックはなく、「スウィングガールズ」の呼吸の良さもなく、非常に平凡で技術的には大したことないながら、材料を素直に処理したなかなか良い映画と思う。素材故に上記三作品と似ているところが多い一方、モチーフがかなり違う印象。学校ではなく閉塞する地域社会をベースにおいていて、そこに人間関係の機微を編み込んでいるような気がする。だから、生徒が成長する青春模様を描いている上記三作品とは趣きが違って、スタートが非常に暗いのである。

部員が抜ける部活動同様に商店街は閉店が相次ぎ、充希ちゃんの店も例外ではない。知り合いの半紙職人も商売にならず火事を起してしまう。こうした事件を目撃したヒロインは「再生」という文字をパフォーマンスに選ぶ。彼らの出場への道も色々な人間関係の変化が絡み、何でもないのに涙腺を刺激されるところが多かった。
 しかし、大会本番のシークエンスは些かやりすぎの憾みあり。確かに大衆はこういう場面作りを好む傾向にあるが、やりすぎると臭くなる。残念でした。

ところで、鑑賞中僕は無性に怒っていたのである。何に? こうした庶民とは全然関係のないところで自分の利益の為に政治をしている国会議員と実質的に彼らを動かしている高級官僚にである。この映画は3・11より前に作られている。「再生」は心に沁みるが、個人で頑張るには限界がある。大袈裟に言えば政治が重視しない田舎に住んでいる僕にはこの町の庶民の閉塞感が良く解る。だから、泣ける部分があったのだろう。

採点は大甘だよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
書と剣の道
「書道ガールズ!」 「武士道シックスティーン」  ...続きを見る
Akira's VOICE
2013/11/29 11:03
書道ガールズ!!−わたしたちの甲子園−
公式サイト。猪股隆一監督、成海璃子、山下リオ、高畑充希、小島藤子、桜庭ななみ、 金子ノブアキ、市川知宏、森崎ウィン、森岡龍、坂口涼太郎、宮崎美子、朝加真由美、おかやまは ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2013/11/29 13:01
10-126「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」(日本)
好きなもののために書く  “紙の町”愛媛県四国中央市。四国中央高校の3年生、早川里子は、書道家を父に持つ書道部部長。しかし、部員たちの心はバラバラでいまや廃部寸前、里子自身も紙と向き合いながらも満たされないものを感じていた。臨時顧問の池澤からも“つまらない字”と切り捨てられ、ますます迷いが生じてしまう。  さらに、池澤が音楽に乗せて披露した“パフォーマンス”に部員の清美までもがすっかり夢中になってしまう始末。それに対し、書道は自分の心と向き合いながら一人でするものと、反発する里子。 ... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2013/11/30 02:14
「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」
こんな書道なら楽しい! ...続きを見る
或る日の出来事
2013/12/02 23:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
書道を映画に?で観ましたが・・・なるほどこう作るのかではありました。

書道だけでなく絵画や漫画のコンクールの評価というのはよくわかりませんです。
どこが?というのが優勝したりするので・・・・・(~_~;)
ねこのひげ
2013/12/03 03:11
ねこのひげさん、こんにちは。

そう思わない人もいらっしゃるようですが、クライマックスを除いて素直な作りでした。

>コンクールの評価
スポーツでも、フィギュアとか体操とかシンクロなど解りにくいものがありますね。
一番解らないのはシンクロかな?
オカピー
2013/12/03 21:17
青春ガールズわたしたちの甲子園と同じ成海璃子さんの主演作品だったドラマ「瑠璃の島」は、次からはTBSで「日曜劇場瑠璃の島」として放送するそうで、小島藤子さんもTBSリメイク版の瑠璃の島に出るそうですが、成海璃子さんと小島藤子さんはそちらでも共演するそうです。
三崎東岡
2014/03/09 19:16
三崎東岡さん、こんにちは。

情報有難うございました。
オカピー
2014/03/09 21:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「書道ガールズ!!−わたしたちの甲子園−」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる