プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ブリューゲルの動く絵」

<<   作成日時 : 2013/11/15 10:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2011年ポーランド=スウェーデン合作映画 監督レフ・マイェフスキ
ネタバレあり

「バベルの塔」で有名な画家ピーテル・ブリューゲル(父)の「十字架を担うキリスト」をモチーフに、ポーランドの映画作家レフ・マイェフスキが、背景となった16世紀フランドルの人々の生活を再現したユニークな作品である。

ブリューゲルが「十字架を担うキリスト」を書いた背景は当時異端者に対して行なわれた激しい宗教弾圧であり、彼としては苦い思いをもって書き上げたのであろうが、映画はそうした彼の経験をなぞるように、非常にのんびりした牧歌的な一般市民の日常風景の中に突然異端者の処刑場面を織り込み、びっくりさせる。いつしか、キリストの処刑が時空を超えてフランドルの人々の前に現出し、処刑場面の静かながら異様な迫力と時空の交錯による不思議な魅力に陶酔させられること必定。

内容はおよそ1時間半に及ぶ美術解説といった趣で、イタリア映画「四つのいのち」といった作品同様に一般的な意味で面白いとは言えないものの、CGで描かれた油絵のような背景と実写の前景とを自在に合成させたVFX処理は見事で、一見に値する。大きなスクリーンで観るに越したことはないが、TVでも大丈夫でござる。

映画ファンより美術ファン向けかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ブリューゲルの動く絵』(2011)
かなり期待して見ていたんですが・・・・・・度々睡魔に襲われました。。。 ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2013/11/18 22:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
技術的には面白かったですね。
ストーリーはあって無きがごとしで・・・まあ、絵を楽しむ映画でありましょう。
ねこのひげ
2013/11/24 11:56
ねこのひげさん、こんにちは。

ストーリーは実際なかったですねえ^^
オカピー
2013/11/24 21:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ブリューゲルの動く絵」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる