プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「かぞくのくに」

<<   作成日時 : 2013/09/30 10:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2012年日本映画 監督ヤン・ヨンヒ
ネタバレあり

在日朝鮮人二世の女流映画作家ヤン・ヨンヒの劇映画デビュー作。

1997年、脳腫瘍の診察の為に三か月の期間限定で、1972年帰国事業で渡った北朝鮮から自宅に帰って来た元在日朝鮮人ソンホ(井浦新)は、父親(津嘉山正種)、母親(宮崎美子)、妹リエ(安藤サクラ)と家族の団欒を楽しみ、幼馴染と旧交を温めるが、三か月の期間限定では手術や薬物治療は無理であると医師から告げられる。
 妹は玉の輿に乗ったと言われる兄の初恋の女性スニ(京野ことみ)を頼って手術の可能性を探るが、その確定的な返事が届く前に北朝鮮から帰国命令が下る。無情な連絡で淡々と帰国の途に就く兄に妹は空しくすがりつく。

僕はヤン女史の背景について全く存じ上げないが、恐らく彼女の実経験を基に書かれた物語であろう。家族の絆に国境はないのに、片方の国の体制故にその思いは非情に断たれる。「かぞくのくに」とは兄にとっての日本であり、それ以上に妹にとっての北朝鮮を指すと思われる。ひらがなであるのは「国家」といういかめしいイメージを取り除く意図にちがいない。

やるせない。北朝鮮の不自由さを「あの国では何も考えなくていい」というポジティヴな表現に代える兄の台詞が自由に関して殆ど問題のない日本に住む僕にとって重くのしかかる。日本にいるからやっと作れる内容である。ヤン女史はもはや韓国どころか北朝鮮にも行けないのではないか? ただ、内容の重さに比べて、先日の「終の信託」のような構成や画面の面白味があるとは言いかね、そうした観点から映画を見る比重の高い僕には何となく物足りなく感じられるのも事実。昨日の「アルゴ」でも述べたように、映画は昔の作品のように少し嘘っぽいくらいでちょうど良い。

安藤サクラと井浦新の二人が好演。

近くに変な国があると本当に迷惑するデス。それらの国に対抗しようと日本がそれらと大差のない秘密主義の国になりそうな気配があるのが最大の迷惑と言うべし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
かぞくのくに
公式サイト。ヤン・ヨンヒ(梁英姫)監督、安藤サクラ、井浦新、ヤン・イクチュン、京野ことみ、諏訪太朗、宮崎美子、津嘉山正種、大森立嗣、村上淳、省吾、塩田貞治、鈴木晋介、山 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2013/09/30 13:50
選択肢のない人生〜『かぞくのくに』
 1997年、東京。在日朝鮮人二世のリエ(安藤サクラ)は、両親とともに兄ソン ホ(井浦新)の帰りを待っていた。北朝鮮に「帰国」した兄は、病気治療のため 25年ぶりに日本の土を踏むのだ・・・。 ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2013/09/30 21:53
かぞくのくに/安藤サクラ、井浦新
ラジオで紹介されていたの聴いてこの映画を知り興味を抱くことになったのですが、ヤン・ヨンヒ監督が自らの体験に基づき日本と北朝鮮の狭間に生きる人々の姿を描くヒューマンドラ ... ...続きを見る
カノンな日々
2013/09/30 22:21
『かぞくのくに』
----“かぞくのくに”って、どういうこと? 他の家族と自分は国籍が違うってワケ? 「そうだね。 この映画は、 25年も遠く離れて暮らしていた 長男ソンホ(井浦新)と家族のわずかな期間の再会の物語なんだ」 ----どうして離れていたの? 「1969年12月から1984年まで、 数度... ...続きを見る
ラムの大通り
2013/10/01 10:32
独断的映画感想文:かぞくのくに
日記:2013年4月某日 映画「かぞくのくに」を見る. 2011年.監督:ヤン・ヨンヒ. 出演:安藤サクラ(リエ),井浦新(ソンホ),ヤン・イクチュン(ヤン同志),京野ことみ(スニ),大森立嗣(ホンギ ...続きを見る
なんか飲みたい
2013/10/03 22:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先日、政治評論家のような方が説明しておりましたが、戦前の本当の日本人との付き合いを知っている老人たちが一線を退いて、日本憎しで嘘の歴史を洗脳教育された連中が政権を握りだした結果がいまの現状だそうで・・・・
迷惑というか・・・救えませんな〜
ねこのひげ
2013/10/01 02:38
ねこのひげさん、こんにちは。

それは日本の政治家も似たような感じですねえ。
戦前・戦中を知っているかつての政治家は右派・タカ派と言われる人たちでも越えてはならぬ一線を厳守していたように思いますが、最近は選挙で大勝ちした勢いにタガが緩んでいるよな気がします。
今の状況が進んだら、自衛隊をやめる人が増え、入る人が減るのではないかなと思っています。余り進んだら徴兵制度ということになりかねません。
そこまでは減りませんか、さすがに。
オカピー
2013/10/01 20:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「かぞくのくに」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる