プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜」

<<   作成日時 : 2013/07/04 10:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 2

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2011年アメリカ映画 監督テイト・テイラー
ネタバレあり

オバマ大統領の誕生は映画界にも多少の影響を与えたようで、その原点とも言える公民権運動が渦巻きケネディ大統領が死んだ1960年代前半に注目が集まり、白人少女と黒人女性たちの交流を描いた「リリィ、はちみつ色の秘密」などの秀作が生まれている。

本作も正に同じ時代、黒人への露骨な差別が行なわれていた南部、中でも一番激しかったと言われるミシシッピ州を舞台に、面白いアングルで差別を扱った作品である。

作家若しくはジャーナリスト志願の南部妙齢美人エマ・ストーンが地元新聞社の家庭欄コラムを担当しつつ、作家になる足掛かりとして、奥様方にひどい目に遭わされているお手伝い(言うまでもなく黒人女性)たちから話を聞き出し一冊の本にしようと考え、幼馴染家庭のお手伝いヴァイオラ・デーヴィスから始めようとするが、先般観た「侵入者」(1962年)を出すまでもなく出しゃばったことをする人物は、黒人・白人を問わず、命が脅かされることになる為容易に頷いてくれない。彼女はともかく、その他の女性を翻意させるのは至難の道である。
 しかし、エマの幼馴染の若い奥方たち特に差別の権化のようなブライス・ダラス・ハワードへの恨みを晴らしたい元使用人オクタヴィア・スペンサーが同調、やがて同様の思いを抱くお手伝いたちが堰を切ったように告白を始める。

というお話で、乳母を兼ねたお手伝いが多いだけにお話の狂言回しのように出て来るのが食事とトイレで、オクタヴィアとブライスの確執を巡って起こる一連の騒動は傑作である。これを筆頭に色々と可笑しい騒動があり、差別をテーマにした作品としてはポジティヴな後味を残す。
 勿論、トイレまで別に使用させる主人側の態度には呆れてものが言えず、白人の心の醜さに泣きたくなって来る。子供の頃親代わりに世話をして貰った乳母に対する態度とは思えない。一番の問題は差別をして差別と感じていない彼女らの状態であろう。そんな中にあって唯一乳母だった老婦人への敬意を忘れないエマが非常にすがすがしく、彼女を同士のような感じで新天地に向けて送り出すお手伝いたちの態度も気持ちが良い。

この種の映画を観て思うこと。人種・民族の差より個体差のほうが大きいことに気付けばこんな馬鹿らしいことは起こらないのだが、人間は愚かで弱い動物であるが故に自分を強く見せる為に馬鹿げた行動を止められないのだ。

ヘルプと聞いてお手伝いを思い浮かべる日本人は少ない。僕はジョン・レノンの声が頭によぎったよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜
ストーリーも変な味付け 公式サイト。原題:THE HELP(お手伝いさん)。キャスリン・ストケット原作、テイト・テイラー監督。エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、ブライス・ダラス・ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2013/07/04 11:05
ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜
月曜日「ドライヴ」 火曜日「スーパー・チューズデー」 水曜日「アーティスト」 木曜日「マリリン 七日間の恋」 今朝起きがけ時、きょうは休もうかしらなんて一瞬思いましたが ... ...続きを見る
映画と暮らす、日々に暮らす。
2013/07/04 12:12
『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』
□作品オフィシャルサイト 「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」□監督・脚本 テイト・テイラー □原作 キャスリン・ストケット □キャスト エマ・ストーン、ビオラ・デイビス、オクタビア・スペンサー、ジェシカ・チャステイン、       ブライス・ダラス・ハ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2013/07/04 14:31
『ヘルプ』
女優で作家でもある岸惠子さんの愛娘のデルフィーヌさんがまだ3歳にならない頃、長く滞在していた日本からフランスに戻った時のことだった。日本に滞在中、人形遊びで外国人イコール白人の西洋人とすっかりすりこまれてしまったために、久しぶりに対面した大好きなお手... ...続きを見る
千の天使がバスケットボールする
2013/07/05 20:38
独断的映画感想文:ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜
日記:2013年6月某日 映画「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」を見る. 2011年.監督:テイト・テイラー. 出演:エマ・ストーン(スキーター),ヴィオラ・デイヴィス(エイビリーン),オクタヴィア ...続きを見る
なんか飲みたい
2013/07/05 22:44
アメリカの母たち〜『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』
 THE HELP ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2013/07/06 23:23
「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」
良心的なヒューマン・ドラマで、笑いも盛り込まれていて、とてもいい。 ジェシカ・チャステインさんの、マリリン・モンロー風キャラも愛らしい! ...続きを見る
或る日の出来事
2013/07/07 22:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ねこのひげも、タイトルだけでビートルズの映画?と思って観てしまいましたよ。
海外の人はトイレを描くのがわりと平気なようですね。
先日も観た映画で少年たちが汚いトイレに座り込んで悪事の相談をしとりました。
ねこのひげ
2013/07/07 17:57
ねこのひげさん、こんにちは。

日本では通常ヘルパーですからね。

>トイレ
先日読んでみた14世紀の古典「デカメロン」にもそっち傾向の話が少し出ていました。大昔映画で観たように、違う方の下ネタが目立つ作品でしたが。
オカピー
2013/07/07 19:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる