プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「幸せへのキセキ」

<<   作成日時 : 2013/06/20 10:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 6 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2011年アメリカ映画 監督キャメロン・クロウ
ネタバレあり

本来ライプニッツが用いた哲学用語なのに、いつの間にか(1970年代か?)小説・演劇・映画で想像したようにお話が進んで結着を見る時の批評用語になってしまった“予定調和”の権化のような映画である。だからこそ、逆に、この映画におけるキャメロン・クロウの演出はある程度評価しなければならない。僕がご贔屓にしている映画ブロガーの方はほぼ全員が好印象を持たれたようで、自分が誉められたように嬉しかった。

実話物で、自伝の原作を書いたベンジャミン・ミーを演じるのがマット・デーモンである。

突撃精神をもって自認するTV局コラムニストのデーモンが、妻を失った後遺症から立ち直れずに社を辞め、些か素行に問題のある息子コリン・フォードと娘マギー・エリザベス・ジョーンズを連れて、引っ越しを敢行する。が、娘と選んだその土地には動物園があった・・・というお話で、以降、動物園オウナーとして開園の為に東奔西走し、動物と触れ合ううちに、気持ちが吹っ切れて来る。老衰のトラを一緒に見守るうちにすねた息子との仲も元通りになる。勿論動物園の開園にもうまく漕ぎつける。

自己再生・家族再生の典型的なお話は、どなたも仰るように何ということはない。しかし、小細工を弄さず、鼻白むような大袈裟な表現にも走らないクロウのスタイルには、そうでないメジャー映画が大量にあることを考えると、きちんとした評価を与えなければならない。ありふれた映画だと一顧だにしない態度は取るべからず。

主人公と動物園スタッフのリーダー的存在スカーレット・ヨハンスンとの個人的描写はなくもがなであるが、妻が原因での落ち込みだけに主人公再生の象徴的事件になっている。

ニール・ヤングの「シナモン・ガール」などクロウらしい既成曲の選曲が渋くてヨロシイ。

ご指摘されている方も多いので今更ながら「キセキ」がカタカナになっているのはダブル・ミーニング(掛け言葉)だから。それが何を指すかは言わずもがなでしょう。

苦労(クロウ)なく作ったなんて言わないで。by 監督

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
幸せへのキセキ
実は人間が調教された話 公式サイト。原題:We Bought a Zoo。キャメロン・クロウ監督、マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、マギー・エリザベ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2013/06/20 10:51
『幸せへのキセキ』('12・初鑑賞64・劇場)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 6月9日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:05の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2013/06/20 21:13
幸せへのキセキ
原題 WE BOUGHT A ZOO 製作年度 2011年 原作 ベンジャミン・ミー『幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語』(興陽館刊) 上映時間: 124分 脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ 、キャメロン・クロウ 監督 キャメロン・クロウ マット・デイモン/スカーレット・ヨ... ...続きを見る
to Heart
2013/06/20 21:27
『幸せへのキセキ』
(原題:We Bought a Zoo) ...続きを見る
ラムの大通り
2013/06/20 23:22
動物園を買ったなら〜『幸せへのキセキ』
 WE BOUGHT A ZOO  冒険ライターのベンジャミン(マット・デイモン)は、半年前に最愛の妻を亡 くし、意気消沈していた。反抗期の息子と幼い娘を抱えた彼は、環境を変え るべく引っ越しを考... ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2013/06/21 12:10
『幸せへのキセキ』
□作品オフィシャルサイト 「幸せへのキセキ」 □監督・脚本 キャメロン・クロウ □脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ□原作 ベンジャミン・ミー「幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語」(興陽館刊)□キャスト マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2013/06/24 08:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これは実話のほうがテレビで紹介されていて、感動的な話でありましたが、動物園がついた物件って、日本では考えられないですね。

そういえば湘南動物プロダクションの事務所が、自宅の隣町にありましたが、手狭になって成田の方に移動してしまい、最近白いライオンが生まれたとニュースになっていました。
ねこのひげ
2013/06/23 16:00
ねこのひげさん、こんにちは。

>実話
「アンビリバボー」といった番組でやりそうなお話でしたね。
かの番組は映画化されて実際の事件やお話を先に見せることがあって、「なんだ、このお話かあ」と半分がっかりすることもしばしばありました。
最近見ていないんですが。

>白いライオン
レオじゃないですか!(笑)
オカピー
2013/06/23 21:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「幸せへのキセキ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる