プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「籠の中の乙女」

<<   作成日時 : 2013/06/11 10:58   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2009年ギリシャ映画 監督ヨルゴス・ランティモス
ネタバレあり

真面目に作っているからこそ強烈なブラック・コメディーになっているギリシャ発の異色作である。

言葉を別の言葉に置き換えるところから始まるのでスパイ映画なのかと思いきや、三人の子供を塀に囲まれた屋敷から絶対出さず、世俗から完全に遮断する夫婦(クリストス・ステンギオグル、ミシェル・ヴァレイ)のお話である。
 外に直結する言葉、例えば“遠足”は“堅い床材”と教え、犬歯が抜けるまでは外に出てはいけず、車の運転もしてはならない。思春期の息子(フリストス・パサリス)の性欲処理には目隠しして連れて来た外部のクリスティーナ(アンナ・カレジドゥ)を宛がうが、彼女が持っていたビデオを手に入れた上の娘(アゲリキ・パプーリア)は外部の世界を伺い知り、自分で犬歯を折って父親の車のトランクに潜んで外に出る。

17世紀フランスの劇作家モリエールの喜劇に温室育ちにした処女から婿候補の後見人がとんでもないしっぺ返しを食らう(つまり後見人の非常識を笑う)お話がいくつかあるが、本作はそれどころではなく、とにかく子供を守る為に行なうその行為が余りに非常識である為ブラックな笑いになってしまう。

徹底した固定撮影は観客を突き放し感情移入さえ拒否するような冷たさを持っているのに、純正培養しようとしている娘たちはやたらに人をなめたがるわ、ビデオを見せたクリスティーナを父親が追い出した後母親が息子に二人の姉妹のどちらかを代わりにさせて近親相姦にまで発展するわ、父親が家族に外にいる凶暴な“猫”に向かって犬の真似をさせるわで、苦笑する外ないのでござる。親の過保護ここに極まれりで、これでは子供たちは二人が死んだ後仮に外に出てもまともな生活はできないだろう。解放するなら早ければ早いほうが社会に適合できる可能性は高くなる。
 歴史や社会の現実が証明しているように、臭いものに蓋をすればそれを知らずに育った人間はダメになって生活力がなくなるか、他の人間の害毒になる。映画はそういう教育や育て方に対して批判をしているわけである。

それだけなら重苦しいだけでつまらない作品に終わった筈だが、大昔ならともかくこのIT時代の世に於いてここまで徹底するのは至難であろうし、だからこそこの映画が面白く可笑しくなったと言える。

最後娘の入った車のトランクをカメラが凝視したまま映画は終わる。この後は二通りの予測が可能で、この後娘は外に出て一般の生活を知るかもしれないし、或いは親に教えられた教義がしみ込んでいて結局外に出られないかもしれない。鑑賞者にとって一種の理解力(+性格判断)テストみたいな終り方になっているのが興味深い。
 この娘が見たのが「フラッシュダンス」「ジョーズ」「ロッキー」と暗示されるのも映画ファンとしては“実に面白い”、ではなくて実に嬉しい。映画は人生・社会の教科書なのだ。

監督は若手のヨルゴス・ランティモス。

北朝鮮が舞台なら、外国の情報を遮断している体制の批判になりますが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
犬歯 / 塀の中 〜 『籠の中の乙女』
 DOGTOOTH ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2013/06/13 12:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
現代では、情報過多でこんなことは怒りにくそうですが、誘拐されて10年以上も閉じ込められていたという事件があったりしますからね。
あり得ないことでないかもしれませんですが・・・・
ねこのひげ
2013/06/13 02:49
ねこのひげさん、こんにちは。

とりあえず両親は電話まで隠していますし、商品名は全てはがして名称が解らないようにしている。
ビデオが観られたということはTVがあるわけですが、恐らくアンテナは繋がっていないんでしょうね^^;

>誘拐されて10年
先日観た「ニンゲン合格」の主人公は10年ぶりに目が覚めましたが、世界が変わってビックリでしょうね。なかった携帯が存在しているなど。
オカピー
2013/06/13 19:37
プロフェッサーオカピーさん
ご無沙汰しておりました。

本作、私も観ました。まさに同感の極みです。
娘が隠れて観ていた?と示唆されていた作品が
「フラッシュダンス」「ジョーズ」「ロッキー」
という設定が私の“どツボ”でした(笑)

予告編でしきりと流れていた、
姉妹のあの“イカれた踊り”
そこを見ただけで「この映画タダ物ではないな!?」
との予感が走ったのですが…
そんな意味では期待通りの一品(or逸品)でした。

またお邪魔させていただきます。
小枝
2013/06/29 14:24
小枝さん、お久しぶりです。

あそこまで厳重に管理するならTVとビデオを置かなければ良いのに・・・とも思いますが、それはそれとして、
監督さん、アメリカ映画がお好きなようで、嬉しいですね^^

>イカれた踊り
最初は何事かと思いましたよ(笑)
久しぶりに観た新作ギリシャ映画でしたが、逸品でしたね。

またお越しください。
オカピー
2013/06/29 21:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「籠の中の乙女」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる