プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ハンガー・ゲーム」

<<   作成日時 : 2013/05/26 10:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 2

☆☆★(5点/10点満点中)
2012年アメリカ映画 監督ゲイリー・ロス
ネタバレあり

スザンヌ・コリンズという女流作家のヤングアダルト向けSFをゲイリー・ロスが映画化した作品で、これまたシリーズ化される模様。余程面白く出来ていれば別だが、シリーズ化されると聞くたびにウンザリする初老でござる。

それはさておき、大人(政府)が子供(本作の設定は12歳から18歳まで)たちに殺し合いをさせるという着想は我が邦の「バトル・ロワイアル」に似ているが、大衆のガス抜きや特権階級の娯楽として見せるというのは、「ローラーボール」「デス・レース2000年」「バトルランナー」などアメリカで少なからず作られてきた古代ローマの剣闘士ものの未来的ヴァリエーションに過ぎず、発想が貧弱である。しかも、シーザーとセネカという古代ローマの著名人と同じ名前を持つ当局者が出て来るし、衣装もどこかローマ風で、作者は完全に意識している。

戦う場所が自然林であるのがアメリカ映画としては新味と言えば新味であるが、闘い模様を映像でどこででも観られるマスメディア仕様がありふれて来たので相殺されてしまうし、設定が余りにご都合主義的過ぎて面白味が不足気味。特に、12地区あるうち男女二人ずつ選抜して行けば本作の幕切れで起りかける“心中”は十分予想される為、本気で勝ち抜きを見させる気ならば各地区一人ずつのほうが理に適う。年齢にも幅がありすぎて無理がある。
 何より、あんな様子を見せて体制に不満を持つ大衆のガス抜きになるのか、という疑問が湧く。ガス抜きどころか、不満を煽るだけではあるまいか。
 その他細かい点について切りがないほど疑問があるので、以下省略。

映画としてはアクションの見せ方がなっていない。動いている対象を揺れるカメラで撮っているのだから当り前で、映像言語的にも理屈に合わない、こんな馬鹿げた勘違いによる流行は早く終わってくれることを切に願う。

ウィンターズ・ボーン」でも狩りが上手い少女を演じたジェニファー・ローレンスがここでも同じようなタイプの少女を演じるが、有望な若手だけに役柄の固定化が心配される。同郷の若者にジョシュ・ハッチャースン、司会者にスタンリー・トゥッチ、指導者役にウッディー・ハレルスン、首相役にドナルド・サザーランドなど。

続編は期待しないで待つことにする。

僕が初めて観たこの手の作品はイタリア映画の「華麗なる殺人」(1965年)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ハンガーゲーム
イライラするが悪くはない。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2013/05/26 10:13
「ハンガーゲーム」
悪趣味なゲームだが、現実世界と似ていないこともないあたりが気持ち悪い。 ...続きを見る
或る日の出来事
2013/05/26 10:51
ハンガー・ゲーム
「希望」を少しだけ与えることが民衆支配の要諦 公式サイト。The Hunger Games。スーザン・コリンズ原作、ゲイリー・ロス監督、ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン、 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2013/05/26 14:59
ハンガー・ゲーム/ジェニファー・ローレンス
予告編を観てこれって『バトル・ロワイアル』+『カイジ 人生逆転ゲーム』?と思ったのは私だけでしょうか?ハリウッド映画にも似た題材は過去にあったように思いますけど、アメリ ... ...続きを見る
カノンな日々
2013/05/26 23:15
映画評「メイズ・ランナー」
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ウェス・ポール ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2016/04/11 09:16
映画評「フィフス・ウェイブ」
☆☆(4点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督J・ブレイクスン ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/05/05 09:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
友達が面白いと言しアメリカでも大ベストセラーだというので、小説も読んで映画も観ましたが・・・ガッカリした口です。
ご都合主義の典型的な話で・・・ご都合主義でもいいけど、これはちょっと・・・・
でした。
小説の二作目は読みませんでしたが、映画の二作目も、たぶん観ないでしょう。
ねこのひげ
2013/05/27 02:03
ねこのひげさん、こんにちは。

アメリカで大ベストセラーと言っても、読書の経験の少ない若者が喜んで買っているんでしょう。「トワイライト」シリーズと同じで、半分棺桶組には面白くないですよね。
主催者側が不都合になると都合よくルールを変えるというご都合主義が劇中世界にあるというご都合主義でしたね^^

>二作目
第一作は143分。
退屈するのが予想されますので、110分以下にしてほしいですが、多分140分くらいになるのでしょうなあ。
オカピー
2013/05/27 19:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ハンガー・ゲーム」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる