プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「小川の辺」

<<   作成日時 : 2013/03/29 13:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

☆☆☆(6点/10点満点中)
2011年日本映画 監督・篠原哲雄
ネタバレあり

現在の映画界で、現代ものの東野圭吾、伊坂幸太郎と並んで人気のある藤沢周平の時代小説の映画化である。監督も「山桜」で既に藤沢作品を扱ったことのある篠原哲雄。「深呼吸の必要」の頃はインディ風の作家かと思ったが、昨今は随分落ち着いた風情の映画が増えている。

お話は藤沢時代劇と言えば第一に挙げないといけない「たそがれ清兵衛」と同じく上意討ちもので、勝気な妹・菊地凛子が嫁いだ同僚・片岡愛之助が農政改革を進言したことが上様(藩主)のご不興を買って、結局改革に結び付いたものの私怨は消えず、脱藩問題と絡み合って結局義兄に当たる東山紀之が下された上意討ちの役目を負う羽目になる。
 問題となるのは勝気な妹に邪魔され、最悪一騎打ちになるのではないかという懸案で、彼女を慕う奉公人・勝地涼に様子を探らせ、彼女のいない間に上意討ちを果たしてしまおうという算段と相成る。かくして思惑通りに事を運んで何とか相手を倒したのに、弔いをするなどぐずぐずしているうちに妹が帰って来て案の定の展開となる。

というのが今回のお話で、眼目は上意を果たすのに不満はないが、妹の存在がジレンマとなる侍の苦悩と彼女に寄せる真情を見せることである。
 氾濫が起きそうな川で起きた子供時代の出来事を三人の関係の象徴として上手く使って、いつも自分を困らせる妹に厳しく対応しながらも奉公人を代わりに使うという手段に主人公の妹への愛情が沈潜している。沈潜しているから表に現れることはないが、対決の後に彼の放つ言葉はそれが珍しく表に出た現象と言って良く、「たそがれ清兵衛」とは映画的巧さで大分差があるが、味わいはやはり深い。

本作でも潜在的に示されているように封建時代にはネガティヴな要素が圧倒的に多い。しかるに、良い部分がないわけでもなく、藤沢時代劇に多く登場する平凡な人々の人間関係、きちんとした佇まいは誠にすがすがしい。
 ドナルド・キーンをして「最近の日本(人)は美しくなくなった」と言わしめる、エゴイスティックになった昨今の日本人の様相は悲しいばかり、時々封建時代に戻れたらなあと思うほどである・・・勿論その良い部分だけに限って。

エゴイストが増えているのは、一つには、物が多くあり過ぎるからでしょうなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
小川の辺
静謐で情感豊かなロードムービー。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2013/03/29 13:52
『小川の辺』
□作品オフィシャルサイト 「小川の辺」□監督 篠原哲雄 □脚本 長谷川康夫、飯田健三郎□原作 藤沢周平□キャスト 東山紀之、菊地凛子、片岡愛之助、勝地 涼、尾野真千子、松原智恵子、笹野高史、西岡徳馬、藤 竜也■鑑賞日 7月10日(日)■劇場 TOHOシネマズ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2013/03/29 17:17
小川の辺/東山紀之、菊地凛子、勝地涼
藤沢周平作品の『山桜』を映画化した篠原哲雄監督が再び東山紀之さんを主演に迎えて藤沢周平さんの短編小説「闇の穴」を映画化した作品です。とはいっても『山桜』はイマイチだっ ... ...続きを見る
カノンな日々
2013/03/29 18:03
『小川の辺』('11初鑑賞89・劇場)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 7月2日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 14:05の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2013/03/31 14:35
小川の辺 : 日本の美しさを感じられる映画
 近年、春と秋が短くなったと感じるのは私だけではないでしょう。今年の長期予報では、5月には初夏の趣があるとのこと。日本の四季はどうなったのでしょうか。ちなみに、本日初会 ...続きを見る
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
2013/04/19 21:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
三橋貴明というひとの経済書?で『日本経済は、中国がなくてもまったく心配ない』というのがありますが、日本経済は内需拡大だけでやっていけるという内容で、小説でも、江戸時代に戻した生活をしている日本を描いたのがあります。
日本人は、日本内部にこもって静かに暮らすのが向いている国民性かもしれません。
わびさびという文化を見ると、本来、競争したり他を侵略しないと生きていけない闘争的な人間でないのかもしれません。
ねこのひげ
2013/03/30 02:27
ねこのひげさん、こんにちは。

>三橋貴明
最近「TVタックル」によく出てくるあんちゃんですな。
確かTPP推進派だったような気もしますが、一方で、そんなこともおっしゃっていますか?
僕は、TPPより内需拡大説の方を買いますね(笑)。
TPPは、交渉は先行国の方に打ち切りの権利があるそうですが、打ち切れなくても脱退はできるんでしょうね? TPPはアメリカだけが得ばかりで、他の国は損と得の両方がある仕組みになっていると思われます。まして後発の日本は厳しい。
どうも臭い(笑)。

それはともかく、中国人が日本人を「鬼何とか」とか書いたプラカードなどを持って行進する姿を良く見ますが、日本人は基本的に大人しい民族です。そもそも縄文人が後に弥生人となる南中国系の民族がやってきた時殆ど対立せずに彼らの稲作技術を貰う代わりに、道具を作る技術を与えるなど、仲良くやって現在の日本人があるわけですからね。

僕は、貿易に関しては鎖国をやっても良いとかなり前から思っていました。有事の時に困りませんから。鎖国をしていれば、そもそも有事にならないでしょう。
趣味が趣味(映画・音楽鑑賞、読書)だけに文化は困るんですけどね(笑)。
オカピー
2013/03/30 17:50
江戸時代でも、文化だけははいてきていたから・・・・
うまくやれば鎖国できるかも・・・・
無理かな?
困る国が相当出てきそうだもんな〜

戦時体制にはいたと宣言した国が出てきましたよ。
ねこのひげ
2013/03/31 03:23
ねこのひげさん、こんにちは。

>戦時体制
時代感覚が100年くらいずれているみたいですよん。
オカピー
2013/03/31 21:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「小川の辺」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる