プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「スーパー・チューズデー 正義を売った日」

<<   作成日時 : 2013/01/08 10:49   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 10 / コメント 2

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2011年アメリカ映画 監督ジョージ・クルーニー
ネタバレあり

僕が日本の民主党に期待したのは長く二大政党体制が続けば多少は我が国の官僚に為されるがままの情けない政治家が少しマシになるのではないかということだったのだが、民主党の余りにだらしない政治運営のせいで国民の期待は泡と消えた。我が国に二大政党体制はどうも定着しそうにない。

その点アメリカでは二大政党体制が安定的に長く続き、日本に比べると比較的バランスが取れて政治が行なわれて来たと傍目には思われる。
 アメリカで大統領になるには、まず本戦のある年の前半に行なわれる共和党、民主党それぞれの大統領候補を決める予備選を勝ち抜く必要がある。スーパー・チューズデーとは、大統領予備選で一番重要な日と言われている三月の火曜日に行なわれる選挙のことで、国民全体が一斉に投票する代わりに彼らに託された代議員が投票して勝敗を決める。

そうした大統領制下の仕組みが議院内閣制の国に生まれ育った日本人には解りにくい為アメリカの政治映画は長らく日本に輸入されることはなかったが、昨今はアメリカ政治のマスメディアによる紹介が多くなったからか、有名監督が作るか若しくは有名出演者が出ていれば劇場公開されるようになってきた。

さて、本作では、民主党候補の一人ペンシルヴェニア州知事ジョージ・クルーニーが、長く信頼を置いてきた参謀フィリップ・シーモア・ホフマンと若い広報官ライアン・ゴスリングに支えられて奮闘中だが、ゴスリングが彼を引き抜きたいライバル陣営のポール・ジアマッティと接触を持ったこと、並行して民主党大物議員の娘でインターンのエヴァン・レイチェル・ウッドと懇ろになったこと、この二つが絡み合ったことでクルーニー陣営の体制がガタガタになる。
 ゴスリングの若さが出て候補ではなく参謀に引き抜き面会の件を漏らしたことが破綻の始まりで、彼は参謀により首になり、敵陣営も寝返りをする男は信用できないから雇えないと断る。したたかなジアマッティにしてみれば、若き才能がとにかく相手陣営からいなくなることが肝要だったのである。
 ところが、彼がエヴァンと同衾している最中に彼女が候補と関係を持ち堕胎の為の費用が必要であると知り、これを利用して候補にこの話を持って行き、逆に参謀を追い出す。結局候補も断固拒否していた議員ジェフリー・ライトの重職(最終的に副大統領)起用を承知せざるを得なくなる。その代わり予備選の勝利を大きく近づける。

悲劇的なのは弱冠二十歳のエヴァン嬢である。相談相手だったゴスリングが干された為に挽回策としてスキャンダルを持ち出すのが見えて絶望的になった彼女は死を即決してしまうのだ。候補の発作的欲望が彼の政治における清廉さを奪い、若い女性の命を奪う。彼自身は自業自得とは言え、それを媒介するのが選挙のパワー・ゲームである。最終的にはこういう交渉は必要悪なのであろうが、とは言え、国民の多数意見が反映されにくい日本の小選挙区制同様、純粋に政策等により勝敗が決まらない選挙システムに疑問を覚える次第。

狙いは風刺より政治パワー・ゲームのサスペンスで、アメリカの選挙の仕組みを知っていた方が楽しめるにちがいないが、本作を通して選挙の仕組みが見えてくるように思うので、知らなくても全く問題なく楽しめる。コンパクトに作られているので構図が解りやすいのだ。

大統領選関係者だったボー・ウィリモンの戯曲をクルーニーが自ら映像化して、なかなか快調。

本年最初の鑑賞作品。昨年前半に観なかったので、証文の出し遅れになってしまった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スーパー・チューズデー〜正義を売った日〜
スキャンダル相互確証破壊 公式サイト。原題:The Ides of March。ボー・ウィリモン原作、ジョージ・クルーニー監督・出演。ライアン・ゴズリング、ジョージ・クルーニー、フィリップ・ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2013/01/08 11:05
スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜/ライアン・ゴズリング
ハリウッドの名優ジョージ・クルーニーによる監督第4作目はアメリカ大統領予備選挙を舞台に選挙戦に渦巻くスキャンダラスな人間ドラマを描くポリティカル・サスペンス劇です。ジョ ... ...続きを見る
カノンな日々
2013/01/08 11:55
『スーパー・チューズデー 正義を売った日』
□作品オフィシャルサイト 「スーパー・チューズデー 正義を売った日」□監督・脚本 ジョージ・クルーニー □脚本 グラント・ヘスロヴ、ボー・ウィリモン□原作 ボー・ウィリモン□キャスト ライアン・ゴズリング、ジョージ・クルーニー、フィリップ・シーモア・ホフ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2013/01/08 12:07
スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜(2011)☆★THE IDES OF MARCH
好き度:=50点 MOVIX京都にて鑑賞。 監督は大統領候補役で出演のジョージ・クル―ニ―だった。そしててっきり主役だと思っていたら、メイン主役はライアン・ゴスリング君でした。 製作総指揮には何とデカプリオ君も参加していたんですね。その上キャスト陣も豪華で... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2013/01/08 18:58
スーパー・チューズデー
「コンフェッション」(2002) 「グッドナイト&グッドラック」(2005) 「かけひきは恋のはじまり」(2008) そして本作。 俳優としては、という以上にJ・クルーニーが監督した作品は 個 ... ...続きを見る
映画と暮らす、日々に暮らす。
2013/01/08 19:57
大統領予備選の内幕〜『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』
 THE IDES OF MARCH ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2013/01/08 20:28
『スーパー・チューズデー 正義を売った日』
(英題:The Ides of March) ...続きを見る
ラムの大通り
2013/01/09 00:05
『スーパー・チューズデー』
今年はオリンピックの年。ということは、アメリカでは大統領選挙の年でもある。 選挙資金を大量に使い、中傷合戦をものともせずに熾烈な選挙を勝ち抜いてオバマ氏が登場してもう4年か。歳月人を待たず・・・。 それは兎も角、実際の大統領予備選が進展しているさなかに、... ...続きを見る
千の天使がバスケットボールする
2013/01/11 20:49
『スーパー・チューズデー/正義を売った日』(2011)
アメリカ大統領予備選挙を題材にしたポリティカル・サスペンス。 ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2013/01/12 08:43
映画『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』 を観て
12-29.スーパー・チューズデー 〜正義を売った日■原題:The Ides Of March■製作国・年:アメリカ、2011年■上映時間:101分■観賞日:4月1日、新宿ピカデリー(新宿) □監督・製作・脚本:ジョージ・クルーニー◆ジョージ・クルーニー(マイク・モリス知事)◆ライ... ...続きを見る
kintyre&#039;s Diary...
2013/01/14 18:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ジョージ・クルニーは監督としても、なかなかのものでありますな〜

コーエン兄弟の『オーッ・ブラザー!』も気に入っております。

しかし、1年前に劇場で観た映画をテレビで・・・というのは複雑な心境で、ありがたいような損したような・・・・?
観れなかった作品をやってくれるときは、ありがたいと感謝。身勝手なんですけどね。
ねこのひげ
2013/01/09 04:51
ねこのひげさん、こんにちは。

>監督としても
今までの作品は皆好きです。
イーストウッド、レッドフォード、メル・ギブスンに続く才能になりそうですね。

>1年前に
すみません。僕はほぼそちらに頼っているもので・・・^^;
一応お金も払っているので、映画会社としてはお金が入ればどちらでも良いんでしょうね。
ビデオが普及し始めた時、映画会社はパニックになったのですが、映画によってはこちらのほうが儲かるということが解り、積極的に進める方向に転換したなんてことがありました。
オカピー
2013/01/09 22:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「スーパー・チューズデー 正義を売った日」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる