プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」

<<   作成日時 : 2013/01/17 11:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 4

☆☆★(5点/10点満点中)
2011年日本映画 監督・土井裕泰
ネタバレあり

たまたま新年早々地上波放映があったが、僕が観たのは完全版である。

わが山の図書館の読みたい本はほぼ制覇してしまったので、最近人口が数倍ある隣の市の図書館で本を借り始めたのだが、そこの予約ベスト10というのを調べると東野圭吾が常時3〜4作含まれている。そのくらい人気のある作家ということである。僕は種々の理由で現代作家を敬遠しているのでこの大人気ミステリー作家を未だ読んだことはないものの、映画化作品から判断する限り人々殊に庶民の生活に下降する視線を持ち、それを巧みに娯楽作として昇華させて読み応えを生んでいることが伺える。
 本作は2010年にTVシリーズにもなった同氏の加賀恭一郎シリーズ第9作で、タイトルが示すようにTVシリーズのキャストを用いた劇場版。因みに、本原作も予約がいっぱいで読める状態にあらず。

某会社の製造本部長・中井貴一が日本橋の麒麟像前で倒れて出血死し、近くで怪しい行動を取っていた為警官に追われた若者・三浦貴大が車にはねられて昏睡状態の重態に陥る。警察関係者は派遣社員だった若者が被害者の会社を辞めさせられ、中井部長が労災隠しをしていたらしいことから、彼を容疑者と認定、発表をしようとする度に、探偵役の刑事・加賀(阿部寛)が一々口を挟んで邪魔をし、その間に徐々に真相に接近していく。

どちらかと言えば犯人探しミステリーに近い味わいながら、現在の社会が抱える問題を色々と盛り込んで、観客の生活感情に訴える作劇をしている。即ち、犯人探しから始まり、展開が進み被害者の殺されるに至る謎が解けるに連れ、それらが浮き彫りになっていくわけである。その点「相棒」シリーズのTV挿話と通底する香りがしてお話としてはなかなか興味深い。しかるに、謎解きとしては、探偵(官憲)側が次々と現れる謎を解決する際に最初にすべきことをしていず、大いなる不満を残す。

構成的に本格ミステリーに近く詳細を説明できない為やりにくいが、お話の基調は現在のミステリーらしく“親と子は本当に互いに相手のことを解っているか”ということである。これを加賀刑事と父親(山崎努)の関係とダブらせ、日本各街道のスタート地点である日本橋を様々な出発の起点として絡ませて綴っていく辺り見応え十分と言いたいところながら、実際は散漫である。シリーズに出ていた俳優をゲスト的に出演させるのを止めて登場人物を整理し、かつ、幾つか絡み合っている社会的背景をももう少しピンポイント的に扱ったらもっと研ぎ澄まされた社会派ミステリーになっただろう。

土井裕泰の監督ぶりは、ムード醸成が希薄、総じて展開における腰の弱さが目立つ。ミステリー映画で思い出させる、かつての野村芳太郎や市川崑のような映画的感覚や技術を求めるのは難しいようである。

容疑者になる若者とその恋人(新垣結衣)が3年前に福島ナンバーのトラックから日本橋に降り立っているのは、3・11を意識したちょっとしたメッセージであろうか?

映画とTVドラマの境目が曖昧になっているねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アントキノ麒麟
「アントキノイノチ」 「麒麟の翼」 ...続きを見る
Akira's VOICE
2013/01/17 11:44
『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』
□作品オフィシャルサイト 「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」□監督 土井裕泰 □原作 東野圭吾 □脚本 櫻井武晴 □キャスト 阿部 寛、新垣結衣、黒木メイサ、溝端淳平、田中麗奈、松坂桃李、       菅田将暉、劇団ひとり、竹富聖花、山崎賢人、三浦貴大、山崎 努... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2013/01/17 11:59
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜/阿部寛、溝端淳平
TVドラマ『新参者』は一度も観たことがなかったのですが、その後に単発スペシャルで放送された『東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画 赤い指〜「新参者」加賀恭一郎再び!』を観 ... ...続きを見る
カノンな日々
2013/01/17 17:05
麒麟の翼〜劇場版・新参者〜
日本橋だョ!全員集合 公式サイト。東野圭吾原作、土井裕泰監督、阿部寛、溝端淳平、新垣結衣、中井貴一、三浦貴大、松坂桃李、田中麗奈、劇団ひとり、山崎努、菅田将暉、竹富聖花 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2013/01/17 17:26
「麒麟の翼」 謎ときの迂回、その謎がミステリーなのか・・・・  
泣ける。 ...続きを見る
取手物語〜取手より愛をこめて
2013/02/14 20:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
アメリカのテレビドラマ『CSI』などを見ておりますが、あちらも映画とドラマの差が、無くなってきておりますね。
テレビドラマがチャチクないのはうれしいですが、映画は映画らしい味わいを出してほしいものです。
ねこのひげ
2013/01/18 07:27
ねこのひげさん、こんにちは。

テレビの質が映画に近づいているなら結構ですが、実際には映画の質がTVに近づいているのだから困りますよネエ。
確かに、刑事ドラマなど予算は昔より映画に近づいているでしょうけど。
オカピー
2013/01/18 17:11
プロフェッサー、こんばんは。

本作、「ひとりの男が日本橋の麒麟像の下で・・・」何故? ここが全てのようで、私にはどう見ても人情ものでしかなく、まったくミステリーしていません。
主人公の無能ぶりが可哀そうで・・・・。
イエローストーン
2013/02/14 20:42
イエローストーンさん、こちらにもようこそ。

仰る通り、ミステリーとしてはかなりだらしない出来ですね。
人情に関しては合格ラインを与えても良いのでしょうが、その点についても、もう少し描写に“映画的”な粘りが欲しかったなあ。
オカピー
2013/02/15 20:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる