プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ブリッツ」

<<   作成日時 : 2012/12/16 10:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

☆☆★(5点/10点満点中)
2011年イギリス映画 監督エリオット・レスター
ネタバレあり

サウスロンドン警察の刑事ジェースン・ステーサムは犯罪者に徹底した暴力でお返しをする暴力刑事で常に謹慎処分寸前。折しも彼の新たな暴力が報道された直後、その報復であるかのように女性警官が射殺されたのを発端に警察関係者が次々と殺される事件が発生する。
 その中には彼の上司も含まれていて、新たにコンビを組むことになったパディー・コンシダインと捜査を開始、密告屋の情報からエーダン・ギレンという男に行きつくが、苦労して逮捕しても有力な物証がなくて釈放する羽目になる。しかも彼は上司の葬儀にその制服を着て現われるという挑発行動に出る。

警察に対して挑発的な愉快犯と正義感の強い暴力刑事という構図は「ダーティハリー」(1971年)のロンドン版といった趣だが、勿論ドン・シーゲルの巧みなサスペンス醸成や暴力描写には大分及ばず。

犯人の挑発に対してステーサムとコンシダインが取る策略にちょっとした捻りがあるものの、刑事映画としては反則技である。

時代が違うとは言え、刑事ステーサムと犯人のギレンは、夫々クリント・イーストウッドとアンディ・ロビンスンの迫力と比較すると物足りない。

「ダーティハリー」未見のお若い方、40年前の作品などと思わず是非「ハリー」ご覧下され。題名が似ているスティーヴ・マックィーンの「ブリット」もお薦め。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブリッツ/ジェイソン・ステイサム
私の大好きなすこぶる相性のいいテッパン俳優ジェイソン・ステイサム主演のクライム・サスペンス映画です。ジェイソン・ステイサム演じる暴走豪腕刑事が警官ばかりを狙う連続殺人 ... ...続きを見る
カノンな日々
2012/12/16 11:18
ブリッツ
欲求不満の連鎖 公式サイト。原題:BLITZ。イギリス映画。エリオット・レスター監督、ジェイソン・ステイサム、パディ・コンシダイン、アイダン・ギレン、デイヴィッド・モリッシー ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2012/12/16 23:56
『ブリッツ』
□作品オフィシャルサイト 「ブリッツ」□監督 エリオット・レスター□キャスト ジェイソン・ステイサム、パディ・コンシダイン、アイダン・ギレン、デイヴィッド・モリッシー、ザウエ・アシュトン、マーク・ライランス■鑑賞日 10月22日(土)■劇場 チネチッタ■... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2012/12/17 08:42
ブリッツ(2011)**BLITZ
この刑事、凶暴。ゆえに天職。 評価:&amp;rarr;80点 Tジョイ京都にて鑑賞 面白いです!クリント・イーストウッドの『ダーティハリー』(1971)と展開がほとんど同じだそうですが、未見なので比べることは出来ません。 とにかくこんな暴力刑事は多分いないでしょう... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2012/12/26 00:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
暴力描写ということに関しては、イギリスとアメリカの差というところでしょうか?
イギリスは、陰湿で、アメリカは直接的な爆発を感じます。
どちらにしろ、結果は悲惨で・・・
『ダーティーハリー』『ブリッツ』・・・・名作でありますな〜
何度観たことか・・・・

いま『ロード・オブ・ザ・リング』の前の話、『ボビット』が公開されてますが、なんと3時間もあります。
観に行くには、体力と勇気がいりそうであります。
ねこのひげ
2012/12/17 06:09
ねこのひげさん、こんにちは。

「ダーティハリー」と似てるからこそ貧弱さが目立ちましたなあ。
あの映画は一見馬力の映画ですが、二回目の鑑賞で実に美しい映画と感じました。
「ブリッツ」は“今の若い人にはどうかな”という懸念を感じなくもないです。

>『ロード・オブ・ザ・リング』
はシリーズとして「ハリー・ポッター」より大人向けで重厚ですが、その前の話を積極的に見たいかと問われればNOですなあ。
棺桶が見えてきますと、興味は段々人間そのものになっていきます。
オカピー
2012/12/17 22:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ブリッツ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる