プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「新少林寺/SHAOLIN」

<<   作成日時 : 2012/10/19 13:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 3

☆☆★(5点/10点満点中)
2011年香港=中国合作映画 監督ベニー・チャン
ネタバレあり

リー・リン・チェイ(ジェット・リー)の出世作「少林寺」が公開されて来月で丁度30年。光陰矢の如しでありますが、本作は同作の続編にもリメイクにもあらず。

辛亥革命により清朝は滅びたものの軍閥が覇権を争う時代となり、少林寺がひもじい庶民の難民キャンプのようになっている。
 その近くを支配する将軍アンディ・ラウが更なる権力を得ようと、子供同士の婚約を祝う為に招いてくれた義兄弟の将軍を密かに殺そうと企むが、逆に腹心の部下ニコラス・ツェーに裏切られてピンチを迎え何とか屋敷を抜け出したものの、娘と共に崖から滑落、ほうほうの体で少林寺に辿り着く。娘を失って妻ファン・ビンビンに逃げられた彼は今では懸賞金をかけられて追われる身になり、一時は馬鹿にした少林寺に身を置く決意をし、厨房係ジャッキー・チェンにつき、やがて拳法を習うことを認められる。
 他方、今や将軍となったツェーが中国の秘宝と交換に外国軍から武器を手に入れようと、宝探しの人夫として使った村人を証拠隠滅の為に殺していると知ったラウ以下少林寺の有志が彼を囮に将軍の城から村人を解放する作戦を敢行、将軍の部隊が復讐の為に少林寺に乗り込んでくる。外国軍も全ての証拠を隠滅すべく少林寺に次々と砲弾を撃ち込む。

というお話で、戦争映画としてならともかく、カンフー映画として本作を観ると相当がっかりさせられることになる。少林寺は言わば中国人の愛国精神の象徴のような形で見せられているだけで、少林寺拳法は必要最小限しか見せて貰えない。カンフーと余り関係ないアクションでも、スピード感を殺ぐ為僕の嫌いなワイヤーが大量に使われていてかなり不満が残る。
 ラウとツェーが闘う最後の場面でやっと本格的なカンフーが出て来るが、それも外国軍の爆破によりジ・エンドとは何とも締まらず、結局一番それらしくて楽しめたのは、拳法が出来ないはずのジャッキー・チェンのアクロバティックなアクション。嬉しいけどがっくり(笑)。

当時中国における権益を虎視眈々と狙っていた諸外国の軍隊の実態はあんなものだったのかもしれないが、外国軍の扱いにはもう少し配慮があっても良い。

ニコラス・ツェーを儒教・仏教を排斥した中国共産党と思って観れば少しはすっきりしますかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新少林寺/SHAOLIN
原題 新少林寺/SHAOLIN 製作年度 2011年 製作国・地域 香港/中国 上映時間 131分 映倫 PG12 出演 アンディ・ラウ/ニコラス・ツェー/ファン・ビン/ビンジャッキー・チェン/ウー・ジン/ユエ・ハイ/ユィ・シャオチュン/ション・シンシン/シー・イェンレン ...続きを見る
to Heart
2012/10/19 14:59
「武」 をもって 「禅」 を修める〜『新少林寺』
 SHAOLIN ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2012/10/20 00:43
「新少林寺/SHAOLIN」
土曜日の試写会。 平日の試写会へは絶対に行けない私には、めったに開催がないと思える土日の試写会には優先して当てさせてもらいたいものだ。 ...続きを見る
或る日の出来事
2012/10/20 01:38
『新少林寺』
(英題:SHAOLIN) ...続きを見る
ラムの大通り
2012/10/20 11:47
新少林寺/SHAOLIN
 守れ。人々の希望のため――! 評価:+5点=85点 カンフー映画はほとんど馴染みがなく、というか観なかったんですが。結構皆さんの評判も良さそうなので、観て来ました。 面白かった!何も考えず楽しめました。最近薬のせいで、作品によっては睡魔に襲われる傾向が... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2012/10/28 00:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
少林寺から30年・・・それでですかね?テレビ東京でじゃっと・リー特集で映画をやっておりました。
彼も、すっかり属部溶かしているそうですけどね。

キアヌ・リーブスの映画は『SidebySide』というのですが、10月20日からの東京映画祭で公開されるそうです。
1年半ぐらいかけてインタビューをして回ったそうです。
いずれ、DVDになるでしょうね。
ねこのひげ
2012/10/20 07:05
じゃっと→ジェット
属部溶→俗物化
でありますが・・・・・自分が押し間違えたのかと思ってましたが・・・・文字化けが起きてますね。
コメントボタンも会員用ではないほうのコメントボタンを押したのに、会員用で表示されてます。

困ったもんです(~_~;)
ねこのひげ
2012/10/20 07:37
ねこのひげさん、こんにちは。

>『SidebySide』
( ..)φメモメモ
DVDでも良いけど、金を払っているので、WOWOWでやってくれないかなあ。

>コメントボタン
そんなことも起きておりますか!?
以前より繋がりは良くなりましたが、カウンターが復活するのはいつの日か。
オカピー
2012/10/20 22:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「新少林寺/SHAOLIN」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる