プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「幸せパズル」

<<   作成日時 : 2012/07/31 13:53   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2009年アルゼンチン映画 監督ナタリア・スミルコフ
ネタバレあり

アルゼンチンはブラジルと並んで南米では映画を多く作っている国だが、日本で公開される作品は限られている。本作はその限られた一本で、昨年観た「ルイーサ」と似た傾向の内容である。

ブエノスアイレスに住む50歳の専業主婦マリア・オネットは二人の息子に家を買い与えることにした年齢にふさわしく夫へ(から)の愛情も程々、生きがいを持てずにいるが、誕生日プレゼントに貰ったジグソーパズルに夢中になり別のを買おうとした時に富豪男性アルトゥーロ・ゴッツが世界大会への出場の為パートナーを求めているのを知る。富豪は専用のゲーム室で彼女の枠から作らずに中から作っていく独自の方法が気に入ってパートナーと決め、彼女も魅力的な彼に会う楽しみも兼ねて別の口実を設けて週に二回通うようになる。
 家族は妻や母が家庭をおざなりにしているのに気付くもののその原因を深く追及するわけでもなく、かくして彼女は実力を付けて国内の大会で優勝、ドイツで行なわれる世界大会への出場権を得るが、断る。自身の存在に自信を得た彼女にとってパズルはもはや遊び以外の何物でもない。

誕生日パーティーで皿の欠けた部分を発見できずにいた彼女が、それがメタファーになっている彼女の人生に欠けていたピースを遂に発見、新たな自己を完成させる、というお話は小説的な意味においてこじんまりとまとまり、なかなか良く出来ている。ピース(かけら)という要素が巧く生かされていて、中間小説的にはかなり満足できる。しかし、正にこじんまりとまとまりすぎていて映画的には満足できない。お話としての完成度が高くても良くなるとは限らないのが映像が付いている商業映画の難しさである。

機動力に加えて、恐らくコスト的にも有利なのであろう、最近とみに目立つ手持ち若しくは肩掛けカメラで撮られたドラマ作品は画面の揺れ具合に反比例して概ね映画的エモーションを欠くことが多く、行動の背景に揺曳しなければならないヒロインの心の襞が、寄りの映像が多いにも拘らず、意外なほど伝わって来ない。それは若手の女性監督らしいナタリア・スミルコフの極力映像で表現しようという意欲の顕れと言って良いが、結果を伴っていず惜しかったなという印象が残る。

マリア・オネットは好演。

500ピースなら一日でできるけど、1000ピースは1週間くらいかかるかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
幸せパズル
助監督なされていたナタリア・スミルノフさんという方の 長編もの初監督作品。アルゼンチン発の映画観て参りました。 ...続きを見る
映画と暮らす、日々に暮らす。
2012/07/31 16:26
幸せパズル/マリア・オネット、ガブリエル・ゴイティ
平凡な主婦がふとしたことでジグソーパズルの才能を開花させ自身の新たな人生を切り開いていく女性讃歌なハートフル・ムービー。監督は本作が映画デビュー作になるというアルゼン ... ...続きを見る
カノンな日々
2012/07/31 17:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ハリウッドや日本だったら、世界大会に出て、優勝争いで大騒ぎをして、より家族愛が深まるみたいな内容になるんでしょうな〜

NHKのEテレで、パズルゲームのアニメをやってました。パズルが世界的なブームなんですかね?
かなりシリアスな内容のアニメでした。
ねこのひげ
2012/08/01 05:13
ねこのひげさん、こんにちは。

日本でもインディ系の作家例えば河瀬直美なんかは、こんな感じのお話をもっとドキュメンタリー・タッチで作りそうですが、メジャー系ではもっと万人向けの家族再生物語に仕立てるでしょうねえ。
まして、9・11以降家族関係の見直し機運が盛り上がってその後7〜8年もの凄い数の家族再生劇が作られましたし、我が邦も3・11を経験して生命、家族について考える人が増えたところですしね。

>パズル
コンピューター・ゲームより精神的に良さそうですが
オカピー
2012/08/01 21:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「幸せパズル」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる