プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ストーン」

<<   作成日時 : 2012/07/21 11:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

☆☆★(5点/10点満点中)
2010年アメリカ映画 監督ジョン・カラン
ネタバレあり

定年間際の仮釈放管理官ロバート・デニーロは、家に放火して兄が殺した祖父母の死体を隠滅した罪で8年間服役しているエドワード・ノートンを最後の相手としている。いかにも犯罪者らしい不遜な態度に、信心深い妻フランシス・コンロイと一緒に教会に通うといった堅苦しい人生を送って来たデニーロは不快感を覚えるが、男の妻ミラ・ジョヴォヴィッチが色仕掛けで手心を加えて貰おうと何度か迫って来た時に遂に一線を越えてしまう。
 一方のノートンは読んだ本から神の啓示に目覚め、仮釈放への関心すらなくなった頃遂に仮釈放が決定するが、罪の意識が拭えないデニーロはその直後に家が燃えたことをノートンの仕業と思い込み、町で出会ったノートンに拳銃を向ける。何もしないまま去った後彼の耳にはノートンが“神の啓示”と言っていた音が聞こえてくる。

デニーロとノートンという組合せだからもっと本格的なサスペンスになるのかと思っていたら、実際には宗教を背景にした一種の心理サスペンスにして、しかも“神の啓示”を通奏低音にして人間の罪業について考えるドラマに仕上げられている。

ノートンの仮釈放、デニーロの退官、その妻のデニーロからの解放といった具合に“解放”もキーワードとして理解できるようになっていて、通奏低音的テーマと併せてこじんまりとまとまった作品として観ることができるが、不信心の似非仏教徒たる僕にはピンと来ないところが多く余り感興が湧かない(以下、映画へのコメントにあらず)。

しかし、前世の罪業なんてことはともかく、去年の母の死より運命というのは確かにあるのではないかと思うことが多くなった。
 実は、母は83歳で死ぬと或る人から何十年か前に言われたことあると半月前に他界した父親に数年前言われた時「気を付けなければならないな」と思っていたのに母が4月に83になる昨年の段階ではそれをすっかり忘れて母は83になる五日前に亡くなった。昨年1月に息を切らしていることに気付いた僕が「83云々」を憶えていれば間違いなく気付いた次の日でも病院に連れて行ったと思うのだが、僕の忘却も母が83で死ぬ運命の中に組み込まれていたのではないかという気がするのである。
 勿論最初からそんな予言を信じない人が多数だろうが、我が家の場合占い師等に言われたことが尽く当っているので、僕も父に告げられた時には本当に真面目に心配したのだった。

他動詞としての"stone"には“ラリらせる”といった俗語的意味もあるけど、関係ないのかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ストーン
  ストーン(2010) STONE 109分 アメリカ ...続きを見る
映画と暮らす、日々に暮らす。
2012/07/21 14:02
10-259「ストーン」(アメリカ)
信じるものはあるか?   結婚43年となる妻とデトロイト郊外に暮らす刑務所の仮釈放管理官ジャック。仕事を忠実にこなし淡々と私生活を送ってきた彼は、間もなく定年を迎えようとしていた。  そんなジャックが最後に担当することとなった受刑者は、“ストーン”と呼ばれる男。彼は祖父母を放火で死なせた罪で8年間服役しており、あと3年の刑期を残した今、仮釈放を切望していた。反抗的なストーンに毅然と振る舞うジャック。そこで、なんとしても仮釈放を得たいストーンは、美しく魅惑的な彼の妻ルセッタにジャックを誘... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2012/07/21 22:25
ストーン
厳格な刑務所の仮釈放管理官と殺人を犯した受刑者という性格も立場も対照的な2人が、1人の女をきっかけに、互いの立場を逆転させてゆくサスペンス。「マチェーテ」のロバート・デ ... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2012/07/21 23:22
ストーン/Stone
とある受刑者とその妻、そして定年間近の仮釈放審査官、三者の思惑が絡み合いながら自体は思わぬ方向へ進んで行く。出演はオスカー俳優・ロバート・デ・ニーロ、『ファイトクラブ』のエドワード・ノートン、『バイオハザード』シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ。監督は『夫以外の選択肢』のジョン・カーランが務める。実力派俳優3人による競演に目を奪われる。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2012/07/21 23:24
ストーン(2010)■◇◆STONE
  悪を憎み続ける男正義をあざわらう男男たちを蝕む女──そして理性は崩壊していく。 Tジョイ京都にて鑑賞。探していた前売りチケットを金券ショップで見つけることが出来ました。通常料金1800円で観るよりは、少し安いので、購入しました。 前売りチケットが映画... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2012/07/25 16:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
どうも宗教がからむ映画というのはいまいちでありますな。
ねこのひげも、あんなものにあそこまでのめり込めるのか理解できませんけどな〜
石や滝、太陽を拝むほうが納得できますです。
ねこのひげ
2012/07/22 06:08
ねこのひげさん、こんにちは。

その宗教も、キリスト教の一派なんでしょうが、正確にはどんなものか解らないので、要領を得ない感じでした。
実際には、キリスト教的善悪観(キリスト教においては、完全者たる神の作った世界に悪は存在しないそうで、悪は善の欠如なのだそうです。詭弁ですがねえ)に基づく、善悪の逆転の面白さを狙ったようですが、逆にその辺がどうもピンと来なかったんですなあ。

極端な一神教より、自然崇拝の方が無理がないです、我々東洋人には。
オカピー
2012/07/22 21:50
映画評「ストーン」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる