プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「戦火の中へ」

<<   作成日時 : 2012/04/13 09:19   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 3

☆☆★(5点/10点満点中)
2010年韓国映画 監督イ・ジェハン
ネタバレあり

朝鮮戦争初期の1950年8月に起きた実話の映画化だが、「私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハンのメガフォンとは意外な感あり。

韓国の地名に疎いので少々調べてみますと、洛東(ナクトン)江は韓国中部から南部の大都市釜山(プサン)に向って流れて行く川で、浦項(ポハン)は日本海に面する南東部の都市である。そこから南へ100km余り下れば日本にも近い釜山だから随分攻め込まれたもんですなあ。

最後の砦である釜山を守るべく浦項駐留中のキム・スンウ大尉に率いられた大隊が防衛線たる洛東江へ向い、学徒兵71名が浦項を守る羽目になる。大尉に中隊長に命じられたチェ・スンヒョンは大人しめの学生で当惑、不良のリーダー格クォン・サンウと上手く行かない。本来守備的立場であった彼らが偵察中に交戦となって16人を失った後、敵の少佐チャ・スンウに白旗を揚げるように要求された時彼は反骨心に火が付き、最終的にはクォンと力を合せて激しい攻撃を敵軍に浴びせる。

という物語で、このうちの何名かは現在でも生存し語り部となっていて、本作を作る上で協力したのだろう。なかなか評判が良いが、僕にはトーンが韓国映画の例に洩れず不安定なのが気に入らず、なかんずくリアリズムが売りらしい映画に意図的な間抜けに仕立てた学徒の描写は要らない。
 お話の構図も定石的に過ぎ、韓国的な変なお笑いもどきが完全に無くなる後半は何だかお涙頂戴の昔の邦画みたいなムードになるし、幕切れが写真撮影という形のストップ・モーションなのも2010年製作の映画としては何とも古色蒼然としている。こういう形なら日本の神山征二郎監督のほうがきっと上手く作ってくれる。

つまり、(描写が)リアリズムを標榜しているにも拘らず作劇において観照的な態度が貫けていないのが大問題なのであり、ひいては我々に韓国の国威発揚すら感じさせてしまうのである。

また、純粋にテクノロジーの問題に帰するのだろうが、デジタル・フィルムのせいか、或いはHDカメラ(30コマ/秒)→フィルム(24コマ/秒)→テレシネ(30コマ/秒)という変換のせいか、アクションがどうもスムーズに見えない。これは「ブラザーフッド」や「男たちの大和」などでも感じたマイナス点で、皆さんが大迫力だと絶賛している中、僕は全く乗れずに映画を観続ける羽目になったのである。映画館で観た人からこの手の指摘が一切ないところを見ると映画館では問題ないのかもしれないが。

日本なら「きけわだつみのこえ」といったところでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
戦火の中へ/T.O.P(チェ・スンヒョン)、クォン・サンウ
一時期、日本でもクォン・サンウ人気は物凄かったのにこの映画の宣伝ではあまり触れらていないのは何故なんでしょう?主演はBIGBANGのT.O.Pで彼の人気ももちろんあるとは思いますけど ... ...続きを見る
カノンな日々
2012/04/13 09:33
戦火の中へ
公式サイト。英題:71 Into the Fire。イ・ジェハン監督、チャ・スンウォン、チェ・スンヒョン、クォン・サンウ、キム・スンウ。1950年の朝鮮戦争時に動員されて戦死した16歳の学徒兵が母 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2012/04/13 10:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
映画館で観て違和感なかったのが、テレビで観ると違和感がある作品というのは、けっこうあるように思います。
逆もありますけどね。テレビで観たらおもしろかった・・・(笑)
実写版『宇宙戦艦ヤマト』なんか、テレビで観るとアラが目立ちましたね。
画面が小さい分、迫力が無くなるんですよね。
『男たちの大和』なんかもそうでしたね。
どちらで観ても違和感なく楽しめたのは、『スターウォーズ』かな?
さすがジョージ・ルーカス。
ねこのひげ
2012/04/14 04:13
ねこのひげさん、こんにちは。

僕のところへよく寄ってくれてコメントを残してくださるシュエットさんも、画面の大きさに合ったお話や出来栄えというものがあるように思う、と仰ることしばしば。最近は映画館で観るスケール(必ずしもスペクタクル性のことにあらず、一般のドラマでも)の作品が少ないとお嘆きの様子です。

どうもこの10年くらいの戦争映画やアクション映画を観ると、動きがぎくしゃくしているのがあり、その理由がテクノロジーの問題なのか演出なのか不明だったのですが、最近はキネコ(ビデオ→フィルムへの変換)→テレシネ(フィルム→ビデオへの変換)という二重の作業の間に何かの不都合があるのではないかと思うようになっているわけです。
昔の映画はテレシネだけで、その時代のものに一切こういう変な動き(演出上のコマ落としは別にして)はなかったですがねえ。

他方、ねこのひげさんやシュエットさんが仰る現象も確かにあって、映画館ではダメだったがTVで見ると結構面白いとか、その逆もありますね。
スペクタクルはサイズ性故にTVでダメなケースが多いのは宿命みたいなものですが。

>『スター・ウォーズ』
そう言えば、ハイビジョン録画したものの、まだ旧シリーズはTVで観ていないなあ^^;
オカピー
2012/04/14 17:10
感動しますよ
宇宙戦艦ヤマト 完全版
URL
2012/06/14 16:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「戦火の中へ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる