プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「座頭市 THE LAST」

<<   作成日時 : 2012/03/05 09:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 4

☆☆★(5点/10点満点中)
2010年日本映画 監督・阪本順治
ネタバレあり

北野武が復活させて以来座頭市はなかなか人気のようで、女性版「ICHI」を挟んでまたまた登場でござる。アメリカも日本もネタ不足ですなあ。

一応勝新太郎版の続きという位置づけのようで、愛妻タネ(石原ひとみ)を失った市(香取慎吾)が、生前彼女と約したことを実現すべく、海辺にほど近い故郷の旧友・柳司(反町隆史)の家に身を寄せ、仕込杖を置いて、農作業の手伝いなどをしてすごす。が、搾取して村民を苦しめる天童(仲代達矢)の一家に立ち向かう為に再び仕込杖を取る。

簡単に記せばこんなお話だが、阪本順治の演出全体は堂々として悪くない。脚本に解りにくい点が幾つもあるものの、まあこれも本作では置いておく。

問題は香取慎吾君の市である。世の中にはSMAPの連中が出るだけで盲目的に作品を過小評価する人が少なからずいるが、僕はそんなことはしない。しかし、勝新太郎のシリーズを現在少しずつ再鑑賞し続けている今、気になる点が多い。
 殺陣自体は頑張っている部類と思う反面、市の特徴である本格的な居合抜きが殆ど見当たらない。とにかく勝の居合抜きは文字通り眼にも止まらぬ早業で、あんな芸当は誰もできないが、上手く誤魔化してでもやってもらいたかったものだ。目もただ瞑っているばかりで、これも魅力を減殺している。
 それから卑屈な態度から滲み出る相手への軽蔑。香取君が下手(したて)に出るとただの優男にしか見えない。たくまざるユーモア、これも出ない。寧ろユーモアが出ていたのは彼の相手をする時の原田芳雄である。結局、座頭市はイコール勝新太郎であったことが証明されたようなものでござる。 

口直しに旧シリーズ第10作でも見ようか。

本当に終わるのだろうか? また、ゾンビのように蘇るのでは?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
座頭市 THE LAST/香取慎吾、石原さとみ
『座頭市』といえば故・勝新太郎さんの出世作、代表作というのは知ってますけど実際に観たことはなくて、映画として北野武版が私にとっての『座頭市』になってしまうんですけど北 ... ...続きを見る
カノンな日々
2012/03/05 09:51
座頭市 THE LAST
白黒つけたぜ・・・   ...続きを見る
Akira's VOICE
2012/03/05 10:35
座頭市 THE LAST
公式サイト。子母沢寛原作、阪本順治監督、香取慎吾、石原さとみ、反町隆史、倍賞千恵子、仲代達矢、加藤清史郎、高岡蒼甫、ARATA、工藤夕貴、寺島進、中村勘三郎、豊原功補、ZEEBRA ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2012/03/05 10:44
座頭市 THE LAST
勝新太郎が余りにも有名な時代劇「座頭市」の完結編。主人公・市を演じるのはSMAPの香取慎吾だ。愛する妻を失い静かな余生を望む市だったが、戦いの宿命は彼を再び修羅の道へと呼び戻す。壮絶な最期を遂げる市を描くのは、『亡国のイージス』の阪本順治監督。反町隆史、倍賞千恵子、石原さとみ、仲代達矢といった豪華共演陣にも目を奪われる。香取自らが120点!と豪語する殺陣にも注目だ。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2012/03/05 11:24
史上最弱 香取版「座頭市」  弱い市はみたくない・・・・・
座頭の市は、盲目ながら居合いの達人。 それが・・・・。 ...続きを見る
取手物語〜取手より愛をこめて
2012/03/05 12:57
『ICHI』
----この『ICHI』って座頭市のこと? 勝新太郎や北野武とは あまりにイメージが違うけど…。 「それはそうだよね。 原作者の子母沢寛は、 盲目の侠客、座頭の市について書いてはいるものの、 それはほんのわずか。 イメージを作り上げたのは勝新太郎。 そのキャラクターを... ...続きを見る
ラムの大通り
2012/03/05 18:55
『座頭市 THE LAST』 ('10初鑑賞80・劇場)
☆☆★−− (10段階評価で 5) 5月29日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:10の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2012/03/05 21:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
プロフェッサー、こんにちは。

私は、本作はダメでした。

仰るとおり、まずあれは殺陣ではないですね。迫力があり、真実みがあるというよりも、ただのドタバタ。
いい画もありましたが、基本、この監督は私はあわないんです。

そして、市に求めるものが違う。
斬れない市は市ではないし、やはり、しみついた業というのかな、そのへんを描いてほしかったです。

では、また。
イエローストーン
URL
2012/03/05 12:52
イエローストーンさん、こんにちは。

座頭市として見なければ、もう少し好意的に評価しても良かったのですが、座頭市のキャラクターがあそこまでつまらないと、ちょっと無理でしたねえ。

勝新太郎が「座頭市物語」に出た時30歳、こちらの香取君は33歳。しかし、生れついたものとは言え、あそこまで貫禄が違いますか。
オカピー
2012/03/05 16:41
香取君は嫌いではないですけどね。
俳優としてのオーラというか、迫力が違いますよね。
なんで、座頭市にこだわるのかよくわかりません。
ネームバリューが欲しかっただけですかね?
ねこのひげ
2012/03/06 06:30
ねこのひげさん、こんにちは。

素早い居合抜きはないし、盲目と言ってもただ目をつむっているだけで面白味がないし。
座頭市でなければもっと素直に観ましたが、あれだけ確立しているキャラクターですから文句を言いたくなります。
おふざけが入っても北野武版のほうが多少座頭市でしたね。

山田洋次監督だって、寅さんを西田敏行にさせなかったではないですか。
オカピー
2012/03/06 20:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「座頭市 THE LAST」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる