プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ジェネラル・ルージュの凱旋」

<<   作成日時 : 2012/01/16 11:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 4

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2009年日本映画 監督・中村義洋
ネタバレあり

医療ミステリー「チーム・バチスタの栄光」の続編で、原作は勿論同じく海堂尊、監督も引き続き中村義洋。

東城大学付属病院、前作の活躍を認められて病院内の倫理委員長になってしまった窓際医師・竹内結子が、「センター長の堺雅人が医療メーカーと癒着し、看護師の羽田美智子も共犯である」という告白文を受け取り、院長から調査を頼まれる。優秀だが冷徹なセンター長を嫌うものは多く悪い噂が絶えず、彼女が彼がメーカーの支店長から何か受け取る現場を見た直後、支店長がヘリポートから墜落死して自殺と処理されてしまう。
 そんな最中前作で活躍した厚労省の役人・阿部寛が入院、かくしてここに凸凹コンビが再結成(?)され、事件を解決していく。

前作に比べるとミステリー度は薄いが、構成は前作より鮮やかである。序盤というか前半がスローテンポという方が多いが、あれは結果的にまだるっこい展開になったのではなく、意図的に溜めを作り、審問会辺りから一気にその溜めを解除する計算と思う。それ以前に僕自身は全くスローとは感じなかったのだが。
 いずれにせよ計算は図に当って、告発の真相から事件解決、そして地下鉄サリン事件をモデルにしたと思われる救急態勢の描写のクライマックスへとなだれ込んでいき、大したスペクタクルを構築している。

医療問題告発自体は格別に新味はないが、賄賂の中味、最後に再び怪我をした阿部が運ばれてきて、感動のうちに、竹内結子の悪寒の原因も見事に解決して見せるなどニヤニヤの連続となる。どんな小さなことでも賄賂は刑事事件云々などと言うのは、こんなセミ・コメディーにおけるユーモアに対して野暮である。

竹内結子の進歩のないのんびりムードもよろしく、阿部との組合せは「トリック」の凸凹ぶりに似て来たが、個人的には彼女がおっとりしている分それ以上に楽しめる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ジェネラル・ルージュの凱旋』
□作品オフィシャルサイト 「ジェネラル・ルージュの凱旋」□監督・脚本 中村義洋□脚本 斉藤ひろし □原作 海堂尊 □キャスト 竹内結子、阿部 寛、堺 雅人、羽田美智子、山本太郎、高嶋政伸、貫地谷しほり、尾美としのり、野際陽子、平泉成、國村 隼、林 泰文、佐野史郎... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2012/01/16 12:04
ジェネラル・ルージュの凱旋
田口も働こうよ・・・。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2012/01/16 16:58
ジェネラル・ルージュの凱旋/竹内結子、阿部寛
『チーム・バチスタの栄光』の続編です。同じ病院、同じ主人公でそうそう大事件が続くわけないじゃんとは思うものの、これは医療ドラマのお約束なんですよね。この続編、私は何が ... ...続きを見る
カノンな日々
2012/01/16 18:00
ジェネラル・ルージュの凱旋
『チーム・バチスタの栄光』に続く田口センセと白鳥調査官シリーズ第2弾。主演は前作と変わらず竹内結子と阿部寛。今回はメインの登場人物、タイトルにもなっている“ジェネラル・ルージュ”を堺雅人が演じます。監督はこれまた前作と変わらず中村義洋。原作小説がベストセラーだけに、前作では作品の評価が大きく分かれましたが私はまあ許容範囲で楽しめたと記憶しています。本作は如何に!? ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2012/01/16 19:42
『ジェネラル・ルージュの凱旋』
----大ヒットした 『チーム・バチスタの栄光』 の続編。 田口公子(竹内結子) と白鳥圭輔(阿部寛)コンビの復活か。 ニャんだか、それだけで観たくなるね。 「フォーンがそう言うくらいだから、 この映画のヒットも間違いないんだろうな」 ----こんどもニャにか事件が起... ...続きを見る
ラムの大通り
2012/01/16 23:57
ジェネラル・ルージュの凱旋
シロか、クロか。 製作年度 2009年 上映時間 123分 原作 海堂尊 監督 中村義洋 出演 竹内結子/阿部寛/堺雅人/羽田美智子/山本太郎/高嶋政伸/貫地谷しほり/尾美としのり/中林大樹/林泰文/野際陽子/國村隼 ...続きを見る
to Heart
2012/01/17 12:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
海党尊さんの小説のタイトルのつけ方が俊悦ですな。
『チームバチスタ…』とか『ジェネラル・ルージュ…』とか・・・それだけで!?で読んでみようという気にさせます。
映画もよかったです。テレビでしか観てないけど(^^ゞ
阿部寛さんも竹内裕子さんも好きな役者でありますな。
竹内さんは、誰かさんにはもったいなかったね。
ねこのひげ
2012/01/17 06:02
ねこのひげさん、こんにちは。

そうですね。
映画も良いタイトルが減りましたが、たしかに魅力的です。

阿部氏はコメディのイメージが強くなりすぎて残念ですが、実際には幅広い役柄ができそうですね。
竹内嬢は、大人気。僕は案外こういうのんびりした役が良いんじゃないかなあと思います^^
オカピー
2012/01/17 21:54
このシリーズは全て鑑賞しています。テレビも映画も。
原作は読んでないのでしりませんが、主人公は男なんですかね、女なんでしょうか、原作では?
たしかに私も映画のおっとりとした竹内が好きですが、テレビの伊藤と仲村コンビもきらいじゃないです。
ただ、センター長は断然、堺のがよかったですね。本作では阿部ちゃんや竹内よりも堺が私は一番よかったです。
ミステリー度は弱いですが、私は1作目よりもこちらのが好きです。
イエローストーン
URL
2012/01/21 15:27
イエローストーンさん

>堺
皆さん、そう仰いますね。
いつも笑っているように見える堺君がこの役に合っていたんですね。

僕もこちらのほうが好きですね。
オカピー
2012/01/21 20:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ジェネラル・ルージュの凱旋」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる